2018年6月23日土曜日

新築住宅でダイキンうるさら1方向吹出天井カセット形エアコン新設工事

新築されたお客様のお宅で、1方向吹出天井カセット形エアコン新設工事にお伺いしてきました。

ダイキン製 うるるとさららフィルター自動掃除機能付き天井カセット形エアコン お客様支給品です。


最初にご相談いただいたのは1月で、既に建前が済んでいて、屋内の石膏ボード貼りが始まったところでした...


天カセのエアコンを取付けるにあたって、ご相談いただいた時期が少し遅かったため、室外機の設置場所や、配管経路をどうするか、かなり悩みました。

吹き抜けがあるお部屋があったり、室外機を置ける場所が限られていたりと、現地調査は2回お伺いしました。

先月、お家が出来上がったとの事で、一昨日取付工事にお伺いしていました。

天井開口はお客様ご自身がされたそうです(^_^;)
実はお家の図面もお客様が描かれたそうで、詳しくは書きませんがお仕事もそちら系だそうです。

今回、配管は天井裏を隠蔽配管して、外部へ直接出します。
まず配管穴の位置決めをして、外壁側から穴開けを行います。


天井裏側から見るとこの位置に開けました。
ドレン勾配を取るため、できるだけ天井キワキワに穴開けを行いました。

ここでもきちんと貫通スリーブを挿入しておきます。

吊り金具を使って、ドレン管・冷媒配管・電源・連絡線・加湿ホースを、緩やかに勾配を付けて吊り込んでいきます。

そうなんです。うるさら機なので、余計な加湿ホースが必要なんです。
いりませんよね、エアコンに加湿機能なんか。
なぜこんな機能を搭載するのか、意味が解りません。
はぃ。ダイキンキライなんです(*^^*)

平屋建てなので、天井裏は立って歩けるほどのスペースがあります。

それほどのスペースがあるなら、梁の上に配管を通せば楽なのにって思いました?
これ、天井面から梁の天面まで580mmほどあるため、勾配が取れなくなるんですよね。

そのため、室外機の位置はここ。

本当はこの反対側へ室外機地上置きをご希望でしたが、間に吹抜け天井のお部屋があるため、こちら側しか置く場所がなかったという訳です。
しかもここ、中庭の様に使うため、壁面置きでご提案させていただいた次第です。

アングルを組んで、室内機を吊り込む準備をします。


室内機を吊り込んでからフッと気付きました。
あれ?左右非対称???


やられました。やられたと言うより、阿部の施工ミスですね...(T_T)

ダイキンの天カセ、左右対称に室内機を中心に吊り込むと、20mm右側へ寄ってしまうんですね。
三菱なら室内機を中心に吊れます。
ここでも三菱の施工性の高さが...
あ、ダイキンですね。
ダイキンキライですからすみません(^_^;)

とか言いながら、初日の時間切れです。
一日で完了するつもりが、お客様にご迷惑をお掛けする事になってしまいました。

で、本日午後から、再度訪問させていただきました。
まずは、一度吊り込んだ室内機を再度降ろします。

アングルを追加して、吊りボルト位置を左側へ20mmずらせます。
もの凄い時間のロスです。
はぃ、阿部の施工ミスです。
三菱ならあり得ない施工ミスですけど。キッパリ

吊り込み完了。


配管接続は天井裏から行います。

少し離れたところに点検口があるので、天井裏からの方が施工が早いです。
三菱なら下からの方が断然早いです。
やっぱり施工性の三菱...
あ、ダイキンでしたね。

今回、室外機を壁面置きにしましたが、この室外機もかなりの重量です。
仕方ありませんね、うるさら機能が付いてて、加湿ユニットが搭載されてますから。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

ドレン管の立ち下げは、未来工業製のブラック色の塩ビ管で仕上げました。


外周りはこんな感じで完成です。

なぜこの位置に室外機を置いたかと言うと、玄関側から室外機が見えないという事と、重要な振動の問題です。
左側は子供部屋なので、できるだけ室外機の振動が伝わらない様に、こちら側の壁面へ設置させていただきました。
地上置きにすれば振動の悩みもなくなりますが、せっかくの中庭に室外機がどぉーんと見えるのはもったいないですから。

室内側へ戻って、パネルを取付けます。

実はこのパネル取付けるまでにも、3回やり直してます。
パネル取付けで一時間ロスしました。
そのクオリティ...残念です、ダイキン。
あ、そうですね、三菱かぶれの阿部がすべて悪いんです(T_T)

工事が完了すると試運転です。
あれ?動かない???
ブレーカーの電圧が100Vでした...

ここはサクッと200Vに切り替えて完了。
この電気工事屋さん、天井裏でも結構凄いことやってましたけど(^_^;)

改めて試運転開始。あれ?動かない...
あ!... またミスやらかしてますよ、阿部が...(p_-)

リモコン受光部のコネクタが刺さっていません。
ダイキンキライとか、施工性が悪いとか、散々書いた挙げ句がこれです。

これでどれだけこのエアコンが施工性が悪くて、どれだけ大変な作業だったかを物語っていますね。まだ強気か(^_^;)
仕方ありません、ダイキンキライですから。

改めて試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。

「大変な工事でしたけど、きれいに施工していただいてありがとうございます。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿