ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年5月24日日曜日

築38年の賃貸マンション一室のリノベーションでエアコンと電気工事を

いつもお世話になっているマンションオーナー様のご依頼で、賃貸マンションの一室のリノベーション工事に参加していました。


マンションは築38年。

和室がメインで、昭和を感じさせる間取りでした。

窓開口が広いので、この状態でもかなり明るいです。

古いエアコンが付いていますが、この壁はなくなる予定なので、取外して新しいものに取替えます。

キッチンもかなり年季が入っています。
キッチンにはレンジ専用回路を増設します。

分電盤は単相3線式。主幹30Aで4回路分岐です。

分電盤も30年超えていますので、安全面からこの際に取替えます。

今回の工事は、オーナー様から直接の分離発注式です。
建築屋さんが一括請負ではなく、建築・水道・ガス・電気と、オーナー様のお気に入りの業者さんを集めての作業となります。

3月末頃から解体が始まっていた様で、「阿部さんそろそろ入ってもらえますか。」と、やんわり建築屋さんに連絡いただいて、まずはエアコン撤去から。
既に壁が半分なくなっています(^_^;)

キッチン周りも撤去されていたので、一気に配線工事にも取り掛かります。


「ここに専用コンセントを」「あそこのコンセントをこの辺に」「その照明のスイッチはこの辺りに」「水周りだからアースも必要ですね」・・・と、かなりのボリュームのあるお仕事です(´;ω;`)

天井は通りません。所々、大工さんが床を剥いでくれているので、アース線などは床下から壁内へ立ち上げ。
壁内の厚みもほとんどないので、一本ケーブル通すのに、ものすごい時間が掛かります...
一旦、全部ボード剥いでいただく方がやりやすいんですけど、まぁそうも行きません。

キッチン周りはタイル貼りなので、余計に大変でした...

リビングは壁がなくなったので、テレビユニットやネットの配管の位置も変えなければなりません。
こちらも床が開けれる様になっていますが、ケーブルを通すには一筋縄ではいきません。

壁内に立ち上げるために、根太に横穴を開けたり...


電話や光ケーブル用に、PF管を使って空配管も敷設。


玄関の照明の位置を通路側へ少し移動して、通路も明るくなる様に。


この照明のスイッチ回路がややこしくて、こんな感じで梁を避けながらケーブルを通していきます。


専用回路増設も大変な作業です。
もうどれもこれも大変すぎて、ヘトヘトです...

ケーブルの仕込みが終わると、クロス屋さんがクロスを貼り終えるまで時間が空きます。


工程より一日遅れでクロスが完了。


まずはエアコンを取付けていきます。
配線器具の取付けから行うのが普通ですが、ちょっと工程が押しているので、先にエアコンを。

いつもの様に室内機を掛けて、配管類を接続。


しっかりと真空引きを行って、配管内部を真空乾燥させます。


取付けが終わると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。


トイレはOFFにすると換気扇が遅れて切れる、消し遅れスイッチに。


浴室は換気扇をタイマーで一定時間換気できるように、タイムスイッチを。


廊下の照明は、パナソニック製の優しく爽快なLEDダウンライトに。


このダウンライト、LEDユニットが取替え可能なので、メンテナンス性も向上。


キッチン周りの照明も、パナソニック製のLED照明をチョイス。


各部屋の配線器具はすべて取替えます。


水周りのコンセントにはアース端子付きタイプで。


位置を変えたテレビユニットは、レベルが適正かチェックしておきます。


打ち合わせ当初、換気扇は流用という話でしたが、途中でトイレと浴室の換気扇も取替えてしまおうという事になり、パナソニック製のダクト扇へ取替え。


あとは分電盤を取替えて、異常がない事を確認して電気工事完了。


元々はチャイムのみだったものを、オーナー様支給のカメラ付きドアホンへ取替えました。
大工さんが壁にニッチを作ってくれて、通路でも引っ掛けることなく利用できます。

最初の写真に比べて、見違えましたね(*´∀`*)


築38年とは思えないくらいの、広くて快適なお部屋の完成です!
あとは、美装屋さんがキレイにしてくれて、現場は完成となります。

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事も、お気軽にご相談ください。

2020年5月19日火曜日

子供部屋増築に伴う電気工事とエアコン新設工事

以前、他の案件でお世話になったお客様のご依頼で、ご自宅に子供部屋を増築されているという事で、電気工事とエアコン工事をご依頼いただきました。


少し前にご依頼いただいていたんですけど、阿部がもうバタバタで下見にお伺いする時間もなく、痺れを切らしてお電話いただいて、他の現場を終えてお伺いした状態がこちらです...(^_^;)

既に壁はボードが貼られていて、天井は大工さんの心意気でお待ちいただいている状態です。
すみません。申し訳ないです...(´;ω;`)

この増築部分に、照明回路とコンセント×3箇所、エアコン専用コンセント、あとテレビユニットをご希望です。

分電盤は、隣の浴室を挟んだ洗面所にあります。


主幹は30Aです。


主幹容量が少ないなぁと思いましたが、電力メーター周りがにぎやかです。
 
太陽光発電システムが入っていて、隣の事務所棟の分も含めて、主幹容量75Aあります。
今まで主幹ブレーカーが落ちたことはないと言う事でしたので、とりあえずこのまま使ってみていただいて、ブレーカーが落ちる様なら容量を増やす感じで進めることになりました。

では配線工事に掛かります。
天井裏がないので、床下からアクセス。


土台の隙間から壁内へケーブルを通していきます。


この床下は開放空間として農具などを入れるそうなので、ケーブルを引っ掛けない様に、しっかりと留めておきます。


一部ボードを剥いで、ケーブルを通します。


開口内へケーブルを巻いておいておきます。


クロスが貼り終えたら、配線器具を取付けます。


ケーブルは一度外部へ取出し、ボックス内でジョイントします。


浴室の天井裏へ、塩ビ管で保護して延長します。


分電盤のところへ通していきます。


増設用分電盤を使って、各回路を接続。


分電盤周りはこんな感じで完成。

この増設分電盤。以前このBlogで書きましたが、今回ご依頼いただいたお客様がオーナーをされている、借家に取付けられていたものを流用しました。

クロス屋さんがクロスを貼ってくれると、コンセントを取付けます。


スイッチも。

電気工事に関しては、キッチンにレンジ専用コンセント増設も追加でご依頼いただいて完了です。

ではエアコン取付けに掛かります。
あ、変なところに穴が明いているのに気が付きました?


これ、クロス貼る前にボードを剥いで確認したところです。

配管穴は、右側の柱とサッシを支えている桟を切断しないように避けています。

穴の位置が微妙なので、配管接続が結構やり辛いです。


今回、隣の寝室にもエアコンを。
 
こちらも表に配管があるため、穴の位置が微妙です...

外壁にスリムダクトを取付けていきます。


土間はコンクリートなので、ドレンは垂れ流しにできません。


ずっと延長して...


屋外の側溝まで導きました。


室外機が2台あるので、二段置きにします。
 
塗装品でもいいんですけど、お客様のご希望で溶融亜鉛めっき仕上げ。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


外周りはこんな感じで完成。


あとは試運転を行って。


異常がない事を確認してお引渡しです。


お客様とは共通のFB友さんが何人かいらっしゃって、今回繋がっていただきました。
早速、メッセージをいただきました(^^)

Mさん、お褒めいただいて、ありがとうございます(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。