ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年3月10日火曜日

昨年取替えたと言う分電盤を安全な分電盤に取替工事

今日は一日、生憎の雨模様でしたね。
午後からは、雨でもできる屋内の工事にお伺いしてきました。


先週末、エアコンの移設工事をご依頼いただいて、お引越し先の借家へ取付けにお伺いしていました。
取付ける場所には、100Vのエアコン専用コンセントが付いています。

運んできたエアコンは、少し能力が大きく、冷房能力5.6kwの18畳用。
200Vのエアコンなので、電圧の切り替え工事が必要です。

ちょっと分電盤を確認・・・ え???

ちょっと待ってください?あれ?

主幹ブレーカーがありませんよ?


この分電盤、増設用の分電盤ですよ?

他に漏電遮断器搭載の分電盤があるのかと、お客様と一緒に探してみましたが、、、ありません。

まず、何が問題かと言うと。

・主幹ブレーカーが無いので、一次側に許容電流以上の電流が流れると、電柱側が切れてしまいます。(そうなると四国電力に復旧してもらえるまで、停電のまま...)

・もし何らかの原因で中性線が欠相すると、100V回路に異常電圧が掛かり、家電機器が焼損してしまうことがあります。

・漏電遮断器が搭載されていないため漏電を検知できず、漏電している機器を人が触ってしまうと、最悪感電死してしまいます。

漏電遮断器については、電気工事の基本バイブルである「内線規程」に必ず設置する様に記載がされていて、信頼の置ける電気工事士であれば当然のごとく漏電遮断器搭載の分電盤を設置します。

この辺りをお客様にご説明すると、すぐに不動産屋さんへ電話。

帰ってきた返事は、「電気は流れてるし、今まで何の問題もなく使ってたんですけど。」...(^_^;)
まぁ知らないのは仕方ありません。
「大家さんに相談してみる」という事で一旦電話を切りました。

いや、「入居者様が安全に使える様に、すぐにでも改修してください」というお言葉が欲しかったのですが...

お客様は、「お金が掛かっても、安心して使える様にしないといけないんで、やってもらえますか?」と。
まぁ、不動産屋さんの返事を待ちましょう、という事で、とりあえず先週末は天気が良かったのでエアコンを取付けて帰りました。

その翌日、お客様からメールをいただいて「大家さんに電話して、説明をしてほしい」と...

まぁなんですか?不動産屋さんは面倒臭くなって放棄した模様。
大家さんに、また最初から現状と今後のことをご説明。
すると、「あの分電盤、昨年ブレーカーの故障で5万円出して交換してもらったんですよ。その業者さんが信用できないのか、あなたが言ってることが正しいのか間違ってるのか、私にはさっぱり解らないです。」...
それはごもっとも。
しかしこの分電盤、数千円しかしないのに5万円も払ったんですか...
とりあえずご納得いただいて、入居者さんと大家さんの折半という形で折り合いが付きました。

不動産屋さんは何してたんですかね?( ゚д゚)

そして本日、分電盤が入荷したので、午後から取替工事にお伺いしてきました。


しかしこの天井からヒョコッと顔を出してるWAGOコネクタはどうしたんですか?

専用ケーブル引っ張ったけど、長さが足りなかったのでWAGOで繋ぎましたって感じです。
この業者さん、ホントに電気工事士の資格持ってるんですかね?

既存の分電盤を撤去。


新しい分電盤を取付けて、ケーブルを接続していきます。


主幹ブレーカーの容量は、一次側ケーブルがVVF2.6mmx3cなので30A。

中性線欠相保護付き漏電遮断器搭載です。

ホントは主幹容量も50Aくらいに上げたいところですが、そこはお客様の予算の都合で叶わずです。


お客様の第一声。「わぁ!キレイ!」(*^^*)

そのお言葉が阿部の励みになります(*´ω`*)

移設したエアコンのコンセントも200Vに切り替えて試運転。
異常がないことを確認して、お引渡しです。

「急な依頼だったのに、丁寧に対応してもらってありがとうございました。これで安心して使えます。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事も、お気軽にご相談ください。

2020年3月5日木曜日

築38年?賃貸マンション共用部の照明をすべてLED化取替工事

いつもお世話になっているマンションオーナー様のご依頼で、マンション共用部の照明器具をすべてLED器具に取替える工事が完了しました。

以前、別のマンションでLED化をご依頼いただいたオーナー様が、こちらのマンションも引き継ぐ事になり、今回のご依頼となりました。

結構古いです。
部屋に設置されている分電盤の製造年は、81年の表示。

約38年経過していますね。
外壁塗装は数回されている様で、年式の割に外観はキレイです。

今回も通路や階段などの共用部の照明器具一斉交換です。


エレベーターホールの非常灯は、引きヒモを引っ張っても点灯しません...


階段の非常灯も点灯しません...

今までこのマンション、どんな管理をされてきたんですかね?(^_^;)

ヒモを引っ張ると、非常時点灯になります。いわゆるテストができる訳です。
非常灯は停電になると、内蔵されているバッテリーで、一定時間ランプを点灯させます。
その明かりを頼りに入居者のみなさんは避難をする訳ですが、ヒモを引っ張っても点灯しないと言う事は、バッテリーが賞味期限切れということなんです。
内蔵バッテリーは、定期的に交換するのが通例です。
調べてみると、すべての非常灯がバッテリー切れでした...

さて、今回も各種いろんな器具がありますが、機種選定は阿部にお任せいただいて、すべてパナソニック製、すべて防水・防湿形のLED器具を選定させていただき、お客様支給で施工させていただきます。(機種選定費・諸経費などは別途いただいております)

まずは一番台数の多い、通路灯から。39台あります

昔ながらのガラスグローブ製。

重いし外しにくいし蜘蛛の巣だらけだし...で、外す方が手間取ります...
しかもベースは塗料が乗ってるので、叩かないと外れません...


こんな感じで、脚立に上がったり降りたりでボチボチと取替えていきます。


エレベーターホールにある非常灯。11台あります。

デカイし重いし、中は蜘蛛とか虫だらけ...

非防水タイプなので、湿気で安定器が劣化してしまっています。


防水・防湿タイプのものに取替えました。

外側にリニューアルプレートを取付けましたが、元々の器具が大きすぎて、塗装跡が見えてしまいます...
これは後日、ペンキ屋さんが補修してくれるそうです。
ん~、、、補修するならリニューアルプレートいらなかったかなぁ...(^_^;)

次に階段の非常灯。11台あります。


これの場合、外す器具は簡単に外れるんですけど、新しく取付ける器具が重装備で、まぁまぁ苦労する器具でした...

パナソニックらしくない、施工性の悪さですね。
まぁ防水形の非常灯なので、仕方ないところではありますが。

こんな感じで。


自転車置場の器具も。4台あります。


既存は笠付きタイプでしたが、防水のトラフ形にして明るくしました。


普段使わない屋上のウォールライトも。


LEDタイプのウォールライトへ。

これ、サクッと付いてますが、この裏にあった埋込みBOXに雨水が侵入してて、ボロボロに腐っていました。
そこへこれ以上雨水が侵入しない様に、コーキングを駆使して防水処理しているので、ここが一番時間が掛かっています。

あとは点灯試験を行ってお引渡しです。

すっきり明るい通路になりましたね(^^)

他にも機械室などの照明を含めて、全部で65台の取替えでした。
ひとりで作業して、3日と半日掛かりました...
「急がないので、阿部さんの空いた時に来て取替えてもらったのでいいですよ。」といただいていたので、気持ち的には追われる感がなく作業できましたね。

今回、イニシャルコストとしては結構な投資になりますが、LED化によって消費電力が下がりますから、共用部の電気代削減になりますし、なんと言ってもLEDは寿命が長いので、ランプ交換のサイクルが長いので、ランニングコストは大幅に削減ができます。

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事やLED照明取替えもお気軽にご相談ください。

2020年2月21日金曜日

二日間掛けてエアコン取替工事と専用コンセント増設電気工事

年明け1月にバスカラットをお買い上げいただいたお客様から、エアコン取替工事をご依頼いただき、昨日と本日の二日間掛けて工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2219-W 霧ヶ峰汎用タイプを2台お買い上げいただきました。


既存機の1つは三菱霧ヶ峰でした。
タイマーランプが点滅して、風も出ません。

室外機がまったく反応しないので、恐らく電気系統の故障です。
さすがに部品がない年式ですから、買い替えしか選択肢がありません...

2階で、1階の方には室外機を置くスペースがないため、屋根置きになっていました。

この工法、結構見掛けるんですけど、危ないですよね...
屋根の流れ方向が違うので、この架台の正規の使用方法ではありません。
地震が起こると激しく左右に振られて、屋根の角に掛かっているステンレスワイヤーが切断して落下しますね... 恐ろしい。

電源は、足元のコンセントから延長コードを使っていました。

エアコンは専用回路が基本です。

「とりあえず見積もりしますね。」と帰ろうとすると、「阿部さん、実はこちらの部屋にも古いのがありまして...」

おぉ!これわ懐かしい(*´艸`*)
ナショナル製ですが、軽く40年はいってる感がします。

さすがに動かないみたいで、ずっと放置されているそうです。
室外機の架台の腐食具合が、年月を物語っていますね。

「とりあえずこちらも見積もりしてもらえますか?予算の都合で1台だけになるかも知れませんが(^_^;)」

かしこまりました。
こちらの電源も足元から取ってるんで、専用コンセントが必要ですね。

「いつでもいいですから。阿部さんが空いてる時で。」というお言葉に甘えて、数日バタバタでまったく手付かずでしたが、なんとか御見積書をお渡し。

「ぜひお願いします!」とご連絡いただき、昨日から工事に掛からせていただきました。

まずは既存機を撤去しないと始まりません。

屋根の勾配がキツイ上に、滑りやすい瓦...
雨が降ると絶対上がれませんが、幸い昨日から暖かくいいお天気でのスタートです(^^)

室外機を外すためにバルブのところを見ると、少しオイルが滲んでいます。

バルブキャップがゆるゆるだったので、数年掛けてじわじわ漏れていた様ですね。
いわゆる施工不良です。

架台から室外機を外すためには、この腐ったボルトを外さないといけません。

ここまで錆びるとまったく回りません...
もう上下にボックスレンチを当てて、力いっぱい回してボルトを折ります。
簡単に書きましたけど、急勾配の足場と狭いところに腕を回して、チカラ任せの作業なので、頭の血管は数本切れたと思います(´;ω;`)

そしてこの滑りやすい急勾配を、30kg超えの室外機を抱いて隣の部屋の窓まで...

実は阿部、月曜日からずっと腰痛に苦しんでいます。
痛止薬飲んでおくべきだったと、この時激しく後悔...(´・ω・`)

この後、ずっと腰が痛いのを我慢しながら作業を進めていきます。
室内機も撤去しました。


次にこちら。

こちらの撤去は、一緒に現場に出た親父に担当してもらいました。
こちらも勾配はキツイですが、もし滑っても隣の擁壁があるので下まで落ちることはありません(^_^;)

さすがに架台のナットは回せないので、ディスクグラインダーで切断。

なんとか取外しました。
室外機の底は、ボロボロで底が抜けてました...

室内機も撤去完了。


エアコンの取付け前に、配管穴を利用して専用コンセント増設工事に掛かります。


足元のコンセントも開口部として使って、ケーブルを通していきます。


2階の点検口から、、、


隣の部屋のエアコンのところにもケーブルを。


1階の点検口から、、、


2階から降ろしたケーブルを分電盤の方へ。


洋室に100Vアース付きコンセントを設置。


和室の方にも100Vアース付きコンセントを設置。


分電盤のところで、ブレーカーに接続します。


前回、バスカラット施工時に増設していた分岐ブレーカーボックスに、専用ブレーカーを増設して、コンセント増設工事は完了。

既存のエアコン撤去に時間が掛かったので、ここまでで一日目が終了。

二日目の本日、エアコン取付けに掛かります。
配管穴には貫通スリーブを挿入。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


配管はテープ巻き仕上げ。
架台は、錆びにくい溶融亜鉛メッキ仕上げの屋根置台でしっかりと固定。

屋根置台は、この方向で取付けるのが正規の施工方法です。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認して洋室の方が完了です。


和室の方に掛かります。
こちらの壁は土壁ではありませんが、薄い石膏ボードにモルタルを塗った壁材なので、土壁同様にビスが効きません。

スライド金具を使って、しっかりと背面板を取付けます。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


複雑な屋根構造なので、ハシゴを使って配管を取り回していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


こちらは屋根勾配の向きが違うため、壁面置台を使ってしっかりと固定しました。

壁内の柱にコーチスクリューでガッチリ留めてあるので、地震でも大丈夫です。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。


お客様に出来栄えを確認していただいて、喜んでいただくのがいつものシメなんですけど、実はお客様はこの二日間お留守でした。

わざわざスペアキーを作っていただいて、「阿部さんの空いてる平日で、いつでもいいですから。信頼をしてますので、すべてお任せという事でお願いします。さすがに仕事休む訳にいかないので、立ち会いができずスミマセン。」と、絶大の信頼をいただきまして、気の引き締まる二日間でした。

今晩帰宅されて、暖かいお部屋でお過ごしいただける様になりましたね(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。