ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年11月10日土曜日

この3日間高圧電気設備の点検作業のお手伝いに行ってました

「阿部ちゃん、11月手伝ってもらいたい現場があるけん、ちょっと空けとってや。」と、いつもお世話になっているMさんに声掛けていただいてまして、この3日間はM電気さんのヘルメット被って現場へ入っていました。


現場は国の設備で、入場するためには入門教育を受ける必要があります。


今回どんな仕事かと言うと、2年に一度行われる敷地内の電気設備の一斉点検です。


電気設備の点検で停電しての作業となるため、止めることの出来ない回路は、発電機を数台置いて仮設電気供給を行います。

モザイクばかりで見にくいですけど、とりあえず国の設備ですから(^_^;)

電気室内にある機器類はメーカーが出向いて点検を行います。
メーカーが行っている機器類の点検は、100人規模で行っています。
まぁそこいらに作業員がいっぱいで、電気室内はお祭り状態です(^_^;)

阿部が携わるのは、その機器や負荷設備から電気を供給するためのケーブルをすべて取外して、開放状態にしていく作業です。

普段は高圧電流が流れている場所です。
こういう機会でも無い限り、触れる場所ではありません。

すべてのケーブルを開放していくのですが、体が入りにくい狭い場所や、特注物の機器が近くにあるので、ボルト一本も落とせない状況など、作業にはかなり神経を使います。


開放作業が終わると、、、やることが無くなります(^_^;)
ここから始まるのは、取外したケーブルの耐圧試験。


ケーブルに高電圧を掛けて、ケーブルの状態が良いかを判定します。


ケーブルの末端側にも監視員を配置して、他の作業員が立ち入れない様に安全対策を徹底しています。

これが結構長い時間掛かるんです。この待機時間が長いんですよねぇ...

この判定作業が終わると、またケーブルを元通りに組み直します。
阿部がボルトで接続した部分を、作業責任者が増し締め確認して、最後に現場責任者がチェックを行う徹底ぶりなので、一切の間違いがありません。

と書いて行くと、かなり緊迫した現場の様に思いますが、みんなで冗談を言いながらの楽しい作業です(*´艸`*)

ただし、停電作業のため、時間が限られています。
徹底してスケジュール通りに行われる訳ですが、最終日の10日は朝4時スタートで、夜10時終了予定...(´;ω;`)

朝2時過ぎに起きて、朝3時に松山を出ました。
もう待機時間は睡魔が襲ってきて、休憩時間は爆睡してました(^_^;)

今回、阿部が呼ばれた理由は、第一種電気工事士の資格をを持っていることと、同じ建物内で来月、照明器具の改修工事が行われるついでに、空調機の不具合箇所を修理してほしいとのことからでした。

空調機器自体はメーカーがメンテナンスに入っているので、効きが悪いとかの不具合ではありません。
ご依頼いただいているのは、これ...


天井のいたる所に水漏れの様なシミが...

少し時間があったので簡易的に調査しましたが、ドレンの漏れとかそんな簡単なものじゃ無さそうです。
このシステム、水冷式なのと、結構年数が経過しているので、もしかするともしかします。
大掛かりな改修になりそうな予感がしています。
きちんとした調査は、来月12月に行います。工期は今年中...

という訳で、12月は大変な事になりそうな予感です。
カレンダーのお届けもありますし、年賀状も作らないと、既にご予約いただいているエコキュートやエアコン工事も控えています。
どうしましょう...(T_T)

などなど、頭を抱えて眠気を吹き飛ばしながら、夜10時終了予定の作業を黙々と行っていましたが、夕方4時過ぎに「阿部ちゃんは、もう帰ってええよ。あと、うちらでやるけん。」と解放されました( ゚д゚)ポカーン

一気に気が抜けたので、現場事務所で眠気をはらうコーヒーをいたただいて帰りました。
帰り道にキレイな夕日が見れたので、良かったかな(*´ω`*)

来週からはまた、エアコン洗浄や電気工事など、アベ冷熱技研のお客様のために走り回らせていただきます(*´∀`*)

2018年10月24日水曜日

電気自動車用EVコンセント増設工事からお掃除できる浴室換気扇取替工事

アベ冷熱技研のBlogをご覧いただいた初めてのお客様のご依頼で、電気自動車充電用のEVコンセント増設工事にお伺いしてきました。


これから電気自動車を購入されるそうで、こちらの駐車場にコンセントが欲しいとのご希望です。


「このコンセントは使えないんですか?」って良く聞かれますが...

これは電圧が100Vで、他のコンセントと同じ回路になっているため、電気自動車の充電用には使えません。

電気自動車の充電時には、最大15A~20Aの電流が流れることがあります。
充電時間短縮にためにも専用回路で200Vの電圧が必要です。

という事で、宅内の分電盤から専用回路を増設していきます。
屋外へケーブルを通すため、外壁に穴を開けます。


ケーブルを保護するため、塩ビ管を設置。

エアコンのダクトが、もの凄い気になりますね...(^_^;)

ここから宅内の天井裏へ、ケーブルを通していきます。


分電盤は洗面所にあるので、浴室の点検口を使って天井裏を通します。


分電盤までケーブルが通りました。


屋外のボックスへ、EVコンセントを取付けます。


感度電流15mAの漏電ブレーカーを増設して、ケーブルを接続。
電源投入します。


電圧を測定して、異常がない事を確認して工事完了です。


工事している間、ずっと浴室の換気扇が回っていたんですが、結構大きな音がしていました。


換気扇、唸ってますね。
「え?あれが普通じゃないんですか?」
多分、ベアリングがヘタっているか、異物が入ったんじゃないかと思います。
まぁ音が出ているだけで、まだしばらくは使えますから、動かなくなったらまたお声掛けください。
「あ、阿部さんとこでできるんですか?じゃぁお願いします。」
え?もう取り替えるんですか?(^_^;)
「はぃ。13年くらい経ってるんで、この際にお願いします。」


という訳で、天井開口寸法が同じ、パナソニックのDCモーター換気扇をお奨めさせていただきました。


この換気扇、オリフィスが取外しできて、


ファンまで外せます。

お掃除が簡単にできるので、耐久性もアップしますね。

こんな感じで完成です。

「え?あれ???これ動いてるんですよね?音が静か...これが普通なんですね(^_^;)」
「あ、羽根まで外してお掃除できるんですか。主人が喜びます(*´艸`*)」
と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事もお気軽にご相談ください。

2018年10月12日金曜日

ガレージの古くなった40W1灯用の照明器具を40W2灯用相当のLED照明器具2台へ取替工事

いつもお世話になっているお客様のご依頼で、自宅ガレージに設置されている照明器具の取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MY-WL440430/NAHTN FLR40形x2灯相当 防雨・防湿形LED照明器具×2台です。


既存機は40W×1灯用でした。
点灯しなくなったそうで、取替えをご希望です。

これって室内用ですね...(^_^;)
屋外で使用する場合は、軒下でも防雨・防湿形を使用される方がいいですね。
このガレージ、大雨の時には少し雨漏りするそうなので、取替えは防雨形をご提案させていただきました。

バイクのメンテナンスをされたり、バーベキューをされる事もあるので、40W×1灯では役不足です。
40W×2灯相当のLED照明器具を2台でお奨めさせていただき、ご採用されました。

まずは既存機を撤去します。


位置決めをしてベースユニットを取付け、ケーブルを配線していきます。


LEDライトユニットを取付けて、作業完了。


点灯試験を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。

既存の40W×1灯用器具の消費電力が37Wに対して、このLED照明器具1台当り25Wしかありません。
40W×2灯相当の明るさで、40W×1灯の器具より30%以上も消費電力を抑える事ができます。
LEDは長寿命でもありますから、長い目で見ると蛍光灯器具よりお安くなりますね。

「きれいに付けていただいて、ありがとうございます。これで夜も気兼ねなく作業出来ます。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事もお気軽にご相談ください。

2018年9月23日日曜日

農業用ハウスで循環ファンを運転するための電源引込新設工事

いつもお世話になっている、農業技術サポートのサンテックさんからのご依頼で、農業用ハウスへ電源を入れる工事にお伺いしてきました。

以前、電気を使っていた名残りがありますが、現在は引込線もカットされていて電気が使えません。


以前は電灯・動力を使われていた様ですが、今回は電灯の100Vだけ取れればいいとの事です。


今回から、品種を変えて栽培を初めたので、ハウス内の空気を循環させる循環ファンを動かしたいというご希望です。


タイムスイッチを使って、設定した時間に運転する仕組みです。

ハウス内の配線工事やタイムスイッチなどは、サンテックさんが施工されました。

阿部は、四国電力への申請と、引込柱周りの電気工事を行います。
まずは、図面を描いて四国電力へ電力申請を行います。


申請が受理されると、工事に掛かります。
今日は日曜日なんですけど、ずっと天気予報とにらめっこしてたんですが、晴れマークは日曜日だけだったので、本日決行です。

お客様のご希望で、この年代物の木柱を流用です。
腐ってて折れたら最悪なので、押してみたり蹴り入れたりして確認(^_^;)

大丈夫そうなので、ハシゴを掛けて倒れない様にロープで固定。

5mほどなんですけど、足場も悪くて気持ちのいいもんじゃありません(T_T)
とりあえず、自撮りする余裕はありますが...


既存の一次側ケーブルは被覆が劣化しているのと、嫌な感じに変色しているので、当然取替えです。

これステップルで木柱に留められていたので、撤去する方に時間が掛かりました。
別に撤去しなくてもいいんですけど、新しいケーブル立ち下げるのに邪魔なもので(^_^;)

新しいケーブルは、塩ビ管で保護して立ち下げます。


四国電力から送られて来たスマートメーターを取付けます。

アベ冷熱技研は四国電力計器認定店なので、メーターの取付けもやりますよ(^^)

前もって作っておいたブレーカーボックスを取付けます。

屋外でもコンセントを使いたいとのご希望で、コンセント回路も取っています。

ハウス内からのケーブルを、ボックス内で接続。
しっかりと防水処置をしておきます。


アース棒もしっかりと打ち込んで接地。


ケーブル接続が完了すると、絶縁抵抗計を使って漏電箇所がないかチェックします。


こんな感じで完成です。


後は、引込業者さんが電力柱から引込みを入れてくれると、電気が使える様になります。

連休明けの27日までに引込みを入れていただける様、四国電力から連絡がありました。
そうか、連休だったんですね...(T_T)

アベ冷熱技研は「四国電力(株)請負計器工事認定店」です。
 登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行いますので、この様な電気工事や修理・点検もお気軽にご相談ください。