ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年11月8日金曜日

賃貸マンションの共用部照明をLED照明器具へ一斉取替工事

今日は一日掛けて、マンション共用部の照明器具×25台の取替工事にお伺いしてきました。

こちらの賃貸マンション、松山市内にあるのですが、オーナー様は県外の方です。
普通は管理会社を通しての依頼になると思われますが、アベ冷熱技研の場合は、オーナー様直接のお問い合わせやご依頼が結構あります。
メールだけのやり取りで、顔を合わせないお取り引きになりますから、当社のお取り引き条件をご了承いただけた場合のみお引き受けさせていただいています。
金額が大きくなると結構厳しい条件ですよ(^_^;)

当初のご依頼は、「ランプ切れのため、器具を変えた方がいいのか、対応をお願いしたい」とのご依頼でした。

現地確認すると、2台が点灯していません。

ランプ切れの可能性が高いですが、実はこの蛍光ランプ...特殊なんです。


ネオスリムランプと言うもので、13W形。

すみません。阿部は電材屋に10年勤めていましたが、初めて見ました(^_^;)
で、これ、既に製造中止品です...
当然メーカーには在庫が無い訳ですが、「もしかして」と思ってAmazonで検索したら出てきました。
それも2本しか残ってない...(^_^;)
早速オーナー様にご連絡して、ランプを手配。

ランプ到着後、取替えに行くと、1台は無事点灯。
もう一台は...(´;ω;`)

安定器の不良でした...
さすがに部品はありませんから、これは器具ごと取替えですね。

ふっと他の器具に視線をやると、2台だけ既にLEDタイプのものに取替えられています。

じゃぁこれと同じ感じで1台だけ取替えますかねと一瞬思ったんですけど、どう考えても1台壊れる度にこうやって取替えにお伺いするコストを考えると、一斉交換する方が断然コストが抑えられますよね。
既にランプも生産されていない訳ですし。

という訳で、一斉交換のご提案をさせていただいたところ、即決いただきまして本日取替えにお伺いさせていただきました。

全部で25台ありますが、既に2台取替えられていますので、23台手配しました。
写真は1台足りませんが、運送屋さんに破壊されてしまいまして、午後から入荷です(^_^;)

まずは既存器具を撤去します。
これがですね、ガラスグローブでベースとの間にパッキンが入ってるんですが、これが固着していて外れません...

カッターを差し込んで、地道に外していきます。

グローブを外すと蛍光灯あるある状態に...

蛍光灯はどうしても虫が寄ってきますから、こんな感じになりますね。
LEDに取り替えると、かなり改善されます。

やっとの思いでグローブを外すと、内部はWAGOコネクタがいっぱい...

こうやって器具の中でジョイントされると、外す時大変なんですよねぇ...

一旦ジョイント全部外して、ベースを取外します。


ベースの上側にもいっぱい...(´;ω;`)
外す時に失敗すると、バサッと頭から被ります...


新しい器具を取付けていきます。

このタイプ、LEDユニットが取り外せます。
数年後、故障して点灯しなくなっても、このユニットだけ交換すればいい様になっています。

グローブを取付けて、取替え完了です。
LEDユニット以外は樹脂製なので、かなり軽量化されて安全になりました。

ちなみにベースが白色なのは、こちらの方が安いからです(^_^;)
1台当り、1,000円以上違いますから、台数掛けるとまぁまぁの価格になります。

色が違う黒いベースの既存器具は、裏の階段の踊り場の目立たないところへ移設。


この場所が一番厄介でしたね。
踊り場でハシゴは、まぁまぁ気持ち悪いです...(´;ω;`)


全器具取替完了後、点灯試験。


1台の不良もなく、無事工事完了です。
朝8時半スタートで、夕方4時半まで掛かりました。
なんとか一日で完工できて良かったです(^^)

オーナー様に完成写真を添付してメールでご報告。
「ご連絡どうもありがとうございます!こちらこそ、またよろしくお願い致します。」と、とてもお喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事やLED照明取替えもお気軽にご相談ください。

2019年10月29日火曜日

わらぶき屋根の天井裏で碍子引きからケーブル張替工事

腰の調子ですか?
あの激痛からはマシになりましたけど、角度によってはまだビキッときます...(´;ω;`)

そんな中、今日は築100年超えのわらぶき屋根の天井裏で、鼻の穴がまっ黒になるまで作業していました。

何の作業かと言うと、電気工事です。

こちらのお宅、何度か増築やリフォームをされていて、その度に電気工事屋さんが入って増設してきたそうですが、当時から使われてきた設備はそのままでした。
今回はその1回路が、碍子引き(ガイシ引き)という工法で施工されていて、「どうしてもこれが気になって仕方ない」という事で、懇意にされている大工さん経由でご依頼いただきました。

大昔は、VVFケーブル(ビニル絶縁ビニルシースケーブル)などはありませんでしたから、電気工事はこの碍子引きのみでした。

築100年超え。屋根はわらぶき。


天井裏は碍子引きの配線がいたる所に...

何かの拍子に短絡や漏電でもしようものなら、一気に燃えそうです...(・_・;)
これらを絶縁性の高いケーブルへ張り替えていきます。

あと、照明器具の線。


袋打ちコードをステップルで留めるのはNGです。


ジョイントボックスの内部も気持ち悪いですね...
変な液体も出ているので、撤去してしまいます。


こちらのお部屋も...


これまた古い、碍子のジョイントボックスですね。


線も切れかけですよ...
撤去しますね。


新しいケーブルを天井裏へ入れていきます。


引っ掛けシーリングを取付けました。


分電盤のところからも、新しいケーブルを天井裏へ。


天井裏へ出てきたケーブルを。


梁に添わせて延長していきます。


この天井、乗っても大丈夫なところと、乗ったら踏み抜いてしまうところがあります。
天井板が薄いところは、道板を敷いて作業。

かなり施工性が悪い上に、腰の状態もまだ完治していない状態なので、テキパキとは作業が進みません...(´;ω;`)

こんな感じでケーブルを繋いでいきます。
フラッシュを焚くと、ホコリが凄いのが解りますね。

右奥の方が残ってるじゃないかと思いますよね。

この奥も張り替えしたいんですけどね、ここから先は天井材が柔らか過ぎて行けないんです...

それに屋根が下がってきているので、向こう側へ入って行けません。
向こうに屋根が下がっていますが、その向こうにもう一部屋あって、そこの照明器具回路に繋がっている様でした。

「できんとこは無理せんでええけん。また大工さんに天井剥いでもらった時にお願いするけんな。」という事で、ここから先は後ろ髪を引かれる思いで残置。
まぁ、漏電遮断器が分電盤に搭載されているので、余程の事がない限りは大丈夫です。

最後に既存線をカットして、新しいケーブルを分電盤へ接続して完了です。

(※カバーは写真撮った後に被せています。被せた写真の撮り忘れです...)

あとは点灯確認を行って、工事完了です。

「いやぁ、スッキリした。ずっと気になっとったんよ。またエアコンとかもお願いせんといかんけん、これからも頼みますよ。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事も、お気軽にご相談ください。

2019年10月13日日曜日

住宅リフォームに伴う電気設備容量増設工事が完了

8月中旬から取り掛かっていました、リフォームに伴う電気工事が、本日完了しました。


夏場のもの凄い忙しい時期に、タマ~にお声掛けいただく大工さんから連絡が。
「阿部さん。忙しいかな?ちょっとトイレを増設するんでな、電気の配線をしてもらいたいんじゃが、できまいかのぅ。」(ご高齢ですから口調も(^_^;))
エアコンシーズン中ですから、3週間待ちでもかまわないとの事で、とりあえず現場からの帰りに現地調査。

大工さん:「ここに介護用のトイレを作るんでな、コンセントとか照明とかがいるんよ。できるかな?」
あぁ、まぁそのくらいなら、合間に来てできそうですが、ウォシュレットですから専用コンセントがいりますね。

分電盤はどこですか?
大工さん:「そこにあらい。近くやけんピュッと引っ張れるやろ。」
え?...(-.-;)


すみません。主幹30Aで4回路。既に2回路増設されてますよ?

これって、今までにブレーカー落ちたことありませんか?
お施主様:「ブレーカー?よぉ落ちよったよ。」

あのぉ...このままじゃ無理っぽいですけど、僕、時間がないんでお断りしていいですか?(^_^;)
大工さん:「そりゃ困る。阿部さんしかおらんのやけん、なんとかならまいか。ちぃとくらいなら待ってもええけん。そないに忙しいんかや?」
えぇ。夏ですから。。。
3週間待っていただいているお客様がいらっしゃるんで、それを放ってここをやる訳にはいきません。
大工さん:「3週間かや...わかった。ワシらもゆっくりやるけん、なんとか頼まい。」

あれ?いや。なんで?...
と言う訳で、やることにありまして...(´;ω;`)

で、それから、四国電力へ申請するために宅内調査。
大工さん:「ここいな、システムキッチン置くんよ。」
はぁ。。。

大工さん:「食洗機とかレンジフードとかあるけん、コンセントがいるんかのぉ?」
そりゃいるでしょ...追加ですか(T_T)

お施主様:「台所でレンジとか使ったら、よくブレーカーが落ちよったんよ。」
それ、専用コンセントにしたら大丈夫になります...追加ですか(T_T)


大工さん:「そうよ。こんな古い器具も取替えんといかんわぃなぁ。」
追加ですか...(T_T)


それから、それから、、、エアコンも専用コンセントじゃないといけませんねぇ。
お施主様:「エアコン4台は付けたいねぇ」
追加ですね...(T_T)


結局、専用回路8回路増設。。。
当然、主幹容量30Aでは足りませんから、一次側のケーブルも張替えです。
トイレの電源だけの話が、まるごと一軒、、、大変なボリュームになってしまいました(´;ω;`)

はぃ。工事受付をお休みさせていただいた一つの原因(いや、これが発端)がこの現場です。

眠い目をこすりながら休日返上で図面を描いて、四国電力へ増設申請を提出。


翌日、四国電力から電話が。
電力:「あのぉ、昨日お申し込みいただいたお客様。当社に契約がございませんが。」
は?どうゆうこと?
電力:「おそらく、別の事業者さん契約されているものかと...」
別の事業者? もしかしてアレですか?安くなるやつ。
電力:「みたいですね(笑)」
いや、そこ笑うとこじゃないし。。。

一生懸命、眠い目をこすりながら休日返上で申し込みしたデータは、「却下」というメール表題で送り返されてきました。
「却下」という文字に、どこまで殿様なんや!ってブチ切れたのは言うまでもありません(u_u*)

で、お施主様がどちらでご契約されていたかと言うと、

携帯電話会社ですか。
最初に言ってくれれば、嫌な思いをしなくて済んだんですけどね(u_u*)

で、ここからが大変でした。
四国電力以外の申込みを行うためには、四国電力のシステムに登録が必要です。
まぁ以前から登録してれば何の事はなかったんですけど、他の事業者の肩を持つ気なんてサラサラなかったもんですから、この日まで登録していませんでした。

はぃ、電力さんとすったもんだ仕上げて、登録に一週間。。。
やっと申請が通って、着工します。

とは言っても、エアコン工事が詰まっています。
それがですね、今年、雨が多かったでしょ。
雨の日はエアコン工事ができないんです。
延期になった日には、こちらの現場へ入って作業を進めるスタイルでいきます。
工程が決まってない緩い現場だからこそできるんですね。
おかげで大工さんには、「アンタが来たらいっつも雨やなぁ」。
いや、別に放って帰ってもいいんですけどねぇ(´ε` )


専用回路8回路増設ですから、ちまちまやっていては時間が掛かります。
大胆に開口して、ガッツリ入線していきます。


あっちを通って、こっちを通って、、、 土壁なので、鼻の穴はまっ茶色です(´;ω;`)


できるだけ開口部は少なくなる様に、空いているスペースを使ってケーブルを通していきます。


どうしても通らないところは、バリバリっと...


内壁を剥いでいるところを利用して、ケーブルを立ち下げたり。


一部だけ土壁を落として、ケーブルが露出しない様に。
ここは土壁の上にベニヤ板を貼るそうです。

どんな感じに仕上がるのか、作業を進めながら大工さんと都度打ち合わせをして作業を進めていきます。

大工さん:「ほうよ、阿部さん。阿部さんは換気扇は付けんのかや?レンジフードの排気を付けんといかんのやが」
ふぅ...また追加ですか(´ε` ) まぁまぁ大変なんですけどこれ。


システムキッチンですから、食洗機のコンセントもいりますよね。


そう言えば、テレビの線が一本も見当たらないですけど、テレビはどうするんですか?
お施主様:「テレビは隣の母屋に見に行きよったんよ。こっちで見れたらええねぇ。」
あ・・・追加ですね(´;ω;`) 余計な事を言いました?いや、ご提案さしあげたんです...ね。

これが先月のBlog記事に載せた、アンテナです。
2019年9月5日記事:「リフォーム中の住宅で地デジアンテナ新設工事

ある程度宅内の配線工事ができたので、外部の一次側ケーブルの張替えを行います。
この作業は長い時間停電作業になるため、大工さんらの作業をしない日曜日に行いました。
ほら、晴れてるじゃないですか。雨は阿部のせいじゃない(´ε` )


道路にハシゴを掛けないと作業できない場所です。
パイロンを置いて、ハシゴにぶつけられない様に。

たくさんのケーブルが走っているので、かなり作業性は悪いです。

既存ケーブルをすべて撤去。


一次側ケーブルは、既存の2.6mmから14sqへサイズアップ。


メーター周りはこんな感じだったものを。


こんな感じに仕上げました。

ごちゃごちゃして見えますけど、安全性優先で、ケーブルはすべて樹脂管で保護、メーターは雨線外なのでボックスに収めました。
こちらは勝手口なので、そんなに美観は気にしません。
元のケーブルの跡は、ペンキ屋さんが塗ってくれるそうです。

分電盤を新しいものに取替えます。

増設分のケーブルは、コンセントを取付けてから接続します。

ここからしばらくは現場を離れます。
大工さんが壁を貼り終えたら、クロス屋さんがクロスを貼ります。
それ以降でないと、器具付けはできません。

まぁ、ちょくちょく現場の帰りに様子は見に行くんですけどね。

クロス屋さんの作業が終わったので、器具付けに。
トイレにLED照明と、換気扇を。


ボロボロだった階段灯も、LEDのブラケットへ。


新しくできた玄関には、センサ付きの門灯を。


キッチンなどの水回りのコンセントは、アース端子付きで。


「当初、使えるコンセントはそのままで」という話だったのに、クロスがあまりにもキレイで・・・(^_^;)


新しいコンセントの方が気持ちいいですよね。


古いコンセントは、焼けているものもありました。
取替えて正解ですね。


スイッチもコスモシリーズへ。
主要なスイッチはホタルスイッチ(OFF時に点灯)にしています。


器具付けが終わると、漏電箇所が無いか、絶縁抵抗計を使って最終チェック。


主幹容量60A。分岐回路14回路の分電盤になりました。


で、本日日曜日ですが、昨日キッチンの設置が終わったとの連絡を受け、残っていた流し元灯を取付けて、すべての工事が完了です。

土壁だった暗いキッチンが、見違える様に明るくなりましたね。

もの凄い急な階段だったんですけど、これも緩やかな階段に掛け替えられました。


一番最初に話していた介護トイレも座り、トイレが完成。


照明はLEDの直付けダウンタイプ。
窓がないので、パイプファン換気扇を設置しました。
スイッチを切ると照明だけ消えて、換気扇はしばらく運転して自動停止する、消し遅れスイッチで、快適なトイレになりました。

あとは大工さんが養生を剥いで、掃除してお引渡しです。

結構な日数掛かって、大変な現場でした。
阿部的には、あまりこういうお仕事はやりたくないです(^_^;)
基本、エアコン触ってるのがおもしろいと思ってる人間ですので。
でもまぁ、イライラしながらもいろいろ勉強になった事は間違いありません。
また少し成長したんですかね?(^^)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事は、あまりやりたくありません(*´艸`*)