ラベル CATV・インターネット工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CATV・インターネット工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年1月18日月曜日

海外から帰国されるお客様のご実家にCATVの光eねっと新設工事

お付き合い的には約9年となるお客様。
3年ほど前に海外へ移住されていましたが、今回、奥様と子供さんが少しの間帰国されると言うことで、ご実家に愛媛CATVの光eねっとを導入いただきました。

ご夫婦ともに阿部のFB友さんでして、海外でも気軽にメッセンジャーでやり取りできます。

帰国の日がほぼ決まっていましたので、昨年末頃にご実家へお伺いして、光eねっとのお申し込みをいただいていました。
宅内工事日を指定していましたので、既に光ケーブルの引込みが入っていて、キャビネットが設置されています。


エアコンの配管穴から光ケーブルを入れて、本棚の上にONUを置く予定です。


では工事に掛かります。
エアコンの配管穴を覗いて見ると、貫通スリーブが入っていません。
仕方ないので、車に積んであったドレンホースの切れ端を隙間に挿入して、光ケーブルを保護します(^_^;)


引込側と宅内側の光ケーブルを、メカニカルスプライスを使って接続します。


整然とキャビネットの中へ収めて、カバーを閉じます。


配管穴は新しいパテで埋めて、雨水侵入防止のため表面をコーキングしておきます。


宅内側に掛かります。


末端に光コネクタを取付けて、受光レベルを測定し、異常がないことを確認。


S-ONUへ接続して、光ケーブルを納めます。


S-ONUの電源を入れて、サポートへ連絡。
回線が繋がったら、持参のテスト用パソコンを繋いで速度測定。

いつも通り、100Mbpsのサービスで、上り下り共に90%以上の速度が出ています。

あとはお客様持ちのWi-Fiルーターへ接続して、きちんと繋がっているかご確認いただいて作業完了です。


これで海外へ滞在中のご主人さんとのWeb通話も快適にご利用いただける様になりましたね。
奥様から、感激のメッセージいただきました(*^^*)
Jさん、こちらこそご依頼ありがとうございました!
帰国者フォローの期間中でしたので、ゆっくりお話できず残念です...

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。

2020年11月14日土曜日

愛媛CATVイーネットから光eねっとサービスへ切替工事

お客様がお住まいのエリアが光ケーブル化されたので、愛媛CATVの光eねっとサービス切替工事にお伺いしてきました。

9月にお申し込みいただいていましたが、やっと宅内工事にお伺いできました。

今までは旧来の同軸ケーブルを使ったイーネットサービスをご利用でした。

エリアが光化されたのを機に、乗り換えをご依頼いただきました。

引込みが入って、光キャビネットが設置されています。
ここから宅内側は、愛媛CATV映像通信工事認定店のアベ冷熱技研が行います。

青いケーブルは既存の同軸ケーブルです。


基本工事は、この青いケーブルは残置ですが、今回はこのケーブルを抜かないと光ケーブルが通らないので、抜き替え工法で作業に掛かります。


一度、電話線も一緒に引き抜いて、光ケーブルと電話線を一緒に入れていきます。


無事通線完了です。さすがにお家が新しいので、今日はスルスルと通りました(^_^;)


屋外側へ戻り、引込側と宅内側をメカニカルスプライスで接続します。
もうハシゴの上で接続するのも慣れました。
風があると髪の毛ほどの光ケーブルが揺れるので、結構大変ではありますが...

整然とキャビネットの中へ収めて、カバーを閉じます。


宅内側へ戻って末端に光コネクタを取付けて、受光レベルを測定し、異常がないことを確認。


S-ONUの電源を入れて、サポートへ連絡。
回線が繋がったら、持参のテスト用パソコンを繋いで速度測定。


いつも通り、100Mbpsのサービスで、上り下り共に90%以上の速度が出ています。


あとはお客様持ちのWi-Fiルーターへ接続して、きちんと繋がっているかご確認いただいてネットの作業完了。


同軸の保安器は、宅内側のケーブルを抜いて完了です。

この保安器は後日、引込班が撤去する予定です。

お使いのパソコンに繋いで速度測定ををされたお客様。
「おぉ、早いですね!いい感じです。またいろいろお願いすると思いますが、よろしくお願いします。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。

2020年11月13日金曜日

簡単に終えれる予定が想定外に大変になった光ケーブル工事

初めてのお客様のご依頼で、CATV光化とネットADSLからCATV光eねっとへ乗換工事にお伺いしてきました。


テレビはCATVをご利用いただいていますが、ネットと電話はヤフーのADSLをご利用でした。
今回、愛媛CATVのこちらのエリアが光化されると言うことで、9月に現地調査とお申し込みをいただいていました。

既存設備はCATV初期の頃のもので、かなり古いものです。
CATVの引込みは建物東側から、隣の駐車場上空を通って引き込まれていました。

対して電話は、建物西側の狭いところに引き込まれていました。
今回、ネットと電話もお申し込みいただきましたので、駐車場上空を通るよりは、こちらの方へ引込みを入れてもらう様にしました。

そして本日、引込みが入ったので宅内工事にお伺いです。
電話の保安器の近くにV-ONUが設置されています。

既存の電話配管を利用して、宅内の電話モジュラのところへ光ケーブルを通していきます。
距離にして、約5~6m。

引込み側の配管を触ると、ぽろっと取れました...(´・ω・`)え?
ものすごく嫌な予感がします。。。

奥に配管が見えるので、とりあえず呼び線を入れてみます。
延々と入っていきます???
5~6mしかないハズなのに、15mくらい入れてもモジュラ側に呼び線が出てきません。
入れる度に「天井裏で音がしよるよ」とお客様...

露出配線に切り替えようかと思いお客様にお伝えすると、「見た目が悪いよねぇ...」と。
悩んだあげく、天井を一部開けさせていただく事に。

天井材がこのタイプで良かったですね。
とは言え、かなり時間オーバー...


ほら、やっぱり。
配管が折れてますね。
これでは、いくら押し込んでも通る訳がありませんね。
ちなみにこの配管が折れてるのは初めて見ました。

で、補修して接続しようと触ったらポキ...
触るたびに折れてしまいます...(´;ω;`)

どうにもならないので、ここはこんな感じで通させていただきます。

天井ボードは釘で打っていましたが、ビス止めにさせていただき、今後も点検口として利用できるようにしておきます。

いやぁ、もの凄い時間ロスです。。。
光ケーブルの接続に掛かります。
引込側と宅内側のケーブルをメカニカルスプライスを使って接続。


ケーブルを折らない様に慎重にキャビネットへ収めます。


宅内側の光ケーブル末端に光コネクタを取付けて、異常がないか受光レベルを測定。


S-ONUへ接続し、TAを繋いで電源投入。
設置完了報告をして、しばらく待ちます。

待っている時間がもったいないので、西側のV-ONUから東側の分配器まで、テレビ用の同軸ケーブルを延ばしていきます。

増築された部分は天井裏に通せないため、屋根上経由で。
屋根上ですが、見えない様に施工しています。どこを通しているか見えないでしょ?
日が暮れてきました。急がないと...

V-ONUへ同軸ケーブルを接続。


この古い分配器は撤去して。


4K8K対応の2分配器に取替えて、屋外ボックス内へ収めました。
隣の保安器は、後日引込班が撤去してくれます。

宅内へ戻り、V-ONU電源部を設置。
受信レベルを測定して、異常がないことを確認。
テレビへ接続して、映り具合をご確認いただいて、テレビの作業完了。
後ろの配線がごちゃごちゃしていますが、ADSLを外すので、この後お客様ご自身が整理されるそうです。

ネットの方も繋がった様なので、持参のテスト用パソコンを繋いで速度測定。


いい値が出ました。100Mbpsのサービスで、上り下り共に90%以上の速度が出ています。

あとはお客様持ちのWi-Fiルーターへ接続して、きちんと繋がっているかご確認いただいてネットの作業完了。
電話は後日、番号ポータビリティー作業が行われてからお使いいただける様になります。

「配管のところで時間が掛かったみたいで、申し訳なかったです。また何かあったらお願いしますね。」と、労いのお言葉をいただきました。

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。