ラベル オール電化工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オール電化工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年12月16日月曜日

そろそろ故障しそうな日立エコキュートを三菱エコキュートへ取替工事

いつもお世話になっているお客様のご依頼で、エコキュートの取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 SRT-S374UA フルオートダブル追いだき 370Lタイプをお買い上げいただきました。


既存機は、日立製エコキュートです。

既存機は460Lタイプでしたが、普段はお二人で週末には人数が増えるので、取替機を460Lにするか370Lにするかでかなり悩まれていましたが、最終的に370Lで決定しました。

既存機はまだ運転しているんですけど、修理履歴があるのと、微妙な水漏れがあるため、「そろそろ壊れる前に取替えておきたいんです。」との事で、ご依頼いただきました。

お客様はこの配管の取り回しと、脚部カバーが付いていない事にかなりご不満でした。
この辺りは整理しないといけませんね。

「ところで阿部さん、エコキュート買うとポイントが付くって四国電力に聞いたんですけど、知ってます?」とお客様。
すみません、全然勉強できてなくて知りません...
お客様も内容はよくご存知ないとの事で、調べてみました。

いやぁ...全然知りませんでした(^_^;)
仕入先2社もまったく理解していない状態で、急いで調べました。

この「次世代住宅ポイント」、国土交通省が行っています。
ハッキリ言って、この制度解りにくいです...

まぁ下記のURLから覗いて見てください↓
「次世代住宅ポイント」:国土交通省→ https://www.jisedai-points.jp/

じっくり読むと、エコキュートもポイントに入っています。
IHクッキングヒーターやレンジフードもそうですね。
結構なポイントが付きますよ。バラ撒きですかね?(^_^;)
今回の様な取替えも対象になるので、いいタイミングでしたね。

正式にご注文いただきましたので、まずは四国電力へ取替えの申請を行います。
申請が受理されると、工事に掛かります。

まずは既存機を撤去していきます。


撤去完了。

浴槽循環用ホースは抜き替えができないので、このまま流用します。

型紙を置いて、位置決めをします。


タンクユニットを留めるためのアンカーを打ち込みます。


タンクユニットを設置。


アンカーでしっかりと留めます。


排水管を設置。
既存の排水管の位置が微妙なため、ルートが複雑です...


ヒートポンプユニットを据え付けて、配管を接続していきます。

配管接続後、タンクを満水にするため注水していきます。

浴室へ移って、浴槽アダプタを取替えます。

見た目は同じなんですけど、純正品に取替えます。

浴槽のエプロンを外して、既存のアダプタを取外します。

この浴槽、下にドレンパンが付いているタイプなので、既存のホースが取替えできない訳です。

新しいアダプタに交換。


はぃ。見た目同じですけど、結構手間が掛かっています(^_^;)


浴室リモコンを取替えます。
周囲は防カビコーキングでシールしておきます。


タンクが満水になったら水漏れがない事を確認して、しっかりと保温材を巻き付けます。


台所リモコンも取替えて、電源投入。

初期設定を行って、沸き上げ開始。

湯張りの試運転を行います。


勢いよく給湯が始まって、異常がないことを確認して工事完了。

最後に取扱説明を行って、お引渡しです。

朝8時半スタートで、5時半まで掛かりました...

「わぁ、カバーも付いてキレイに仕上がりましたね。排水もちゃんとしてもらって。前は排水が漏れててコケが生えとったけんねぇ。いやぁ、ありがとうございます。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士・給水装置工事主任技術者が取付工事を行います。
オール電化に関することなら、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2019年9月30日月曜日

キッチンリフォームに伴うオール電化工事が完了しました

今月始めから取り掛かっていました、オール電化工事が本日完了お引渡しでした。

三菱電機 SRT-N374 給湯専用エコキュート370Lタイプをお買い上げいただきました。


今年の5月頃に一度ご相談いただきまして、お見積りをしていました。
既存の給湯器は、2004年にアベ冷熱技研で施工させていただいた、長府製の灯油ボイラーです。

特に故障もなくこれまで使われていましたが、今回キッチンをリフォームされると言うことで、ガスコンロをIHクッキングヒーターにして、給湯器もエコキュートにしたいとのご希望です。

IHについては、システムキッチンに組み込みという事で、リフォーム業者さんから購入されます。
今回はエコキュートの設置がメインですが、電気工事も結構なボリュームになります。

まずは図面を描いて、四国電力へ申請を行います。


工事に着工する訳ですが、既存のボイラーの位置へタンクユニットを設置するため、一度ボイラーを移動しての作業になります。
基礎も広げないといけないし、この辺の配管類も整理しなければなりません。


配管周りを削って、埋設されている配管を調べます。


既存配管を整理して、基礎を広げるために型枠を組み上げます。


コンクリートを流し込んで、一週間ほど寝かせます。

その間もボイラーが使える様に、奥の方へ移動しました。

エコキュート設置までに、電源工事を行わなければなりません。
今回、宅内にある分電盤は触らない事にしました。

こちらの建物は、鉄骨プレバブ構造のため、天井裏、床下、壁内すべて、隠蔽できません。
主幹容量が40Aですから、ここまでのケーブルも入れ替えが必要になります。
諸々考えていくと、ここだけでかなりの費用が掛かるため、ここはこのままで。

では幹線作業に掛かります。
メーターの引込み側のケーブルを、容量の大きなものに張替えなければなりません。


既存のケーブルはCV8sq-3c。
新しく引き直すケーブルはCV-T14sqで、許容電流は80Aを超えます。


ハシゴを入れるのに苦労しましたが、なんとか作業開始。


ケーブルを張り替えるので、停電作業です。
この日も暑い一日だったので、急いで作業を進めます。


既存メーターがあった位置にボックスを取付けて、ブレーカーを組みます。
この中へ、主幹60Aのブレーカーを組んで、既存宅内ケーブルと、エコキュート、IHを接続する様にしています。

既存メーターは右側へ移動。
雨線外なので、メーターボックスを付けました。

エコキュートは建物の反対側にあるので、外壁をぐるっと...


延々と横引きして、設置場所まで延長しました。

簡単な様ですが、まぁまぁ大変です(^_^;)

いよいよエコキュートを設置します。
既存ボイラーを撤去して、配管を整理しておきます。


仕入先に手伝ってもらって、ブロック塀越しに搬入。


足元は引抜き強度抜群のウエッジ式アンカーで、しっかりと固定。


ヒートポンプユニットもセットして、配管類を接続していきます。


追い焚き配管が無い分、施工はやりやすいです。
熱効率を良くするため、根元までしっかりと保温材を巻き付けます。


外周りはこんな感じで完成です。
ごちゃごちゃしていた配管もスッキリと収まりました。


あとはリモコンを取替えて、電源投入。
初期設定を行い、エコキュート取付作業は完了です。


翌日からキッチン周りのリフォームが始まりました。


大工さんと打ち合わせして、IHクッキングヒーターの位置を確認。
専用コンセントを取付けるために、配管をしておきました。


取り急ぎ、四国電力へ竣工連絡を行い、スマートメーターを送ってもらいます。
メーターが到着すると、アナログメーターとの取替えを行います。


アベ冷熱技研は四国電力計器工事認定店ですから、メーターの取替も自社で可能です。


メーター周りはこんな感じで完成です。

ここはごちゃごちゃしてしまいましたが、隠蔽できないので仕方ありません。
ケーブルは露出させない様に、すべて管内へ収めて保護しています。

そして本日、システムキッチンが座ったので、IH専用コンセントを取付けにお伺い。


IH下の収納部の奥にコンセントをを取付けます。


こんな感じで完成。

これで今日からIHも使えますが、まだクロス貼りが終わっていないので、まだもう少しお預けの様です。

今日確認すると、電柱からの引込み線も張替えられていました。

これですべての作業が完了し、お引渡しさせていただきました。
リフォーム完了が楽しみですね。

クロス貼り変えついでに、エアコンの分解洗浄もご依頼いただきました。
それはまた後日、クロス貼りが終わってから再取付けにお伺いさせていただきます。

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士・給水装置工事主任技術者が取付工事を行います。
オール電化に関することなら、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>