2020年10月1日木曜日

10月のご予約がいっぱいです!しばらくの間すべての工事受付をお休みします

大変ありがとうございます。
そして大変申し訳ございません。
急なお知らせではございますが、しばらくの間すべての工事受付をお休みさせていただきます。
10月いっぱいは、新規のお客様のお見積りのご相談もお休みさせていただきます。


10月に入りましたが、繁忙期は衰えることを知らずか、既に10月中はご予約でいっぱいです。 
今のところ、11月中旬頃までたくさんのお客様にお待ちいただいている状況です。

ほぼ一人でやっているので、日中は現場へ入り浸り。
夕方遅く帰社すると、片付けと翌日の準備で夜遅くまで。
それからメールをチェックしたり、見積書を作成したりしています。
ずっと寝不足が続いているので、車を運転中の記憶は一切ありません...

その様な状況下の中、これ以上の予定を入れてしまうと、緊急な対応が一切できなくなってしまいます。
阿部は今までお世話になってきたお客様への対応を最優先と考えています。
アベ冷熱技研施工品の故障などの緊急対応は、できるだけ迅速に行わせていただきますので、ご相談ください。

今後の受付状況などは、またこのBlogでお知らせさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年9月27日日曜日

エアコン分解洗浄の受付再開に関しまして、申し訳ございませんが...

朝晩は涼しくなってきましたね。

毎年この時期、気温が下がり始めるとたくさんの方から、「エアコン分解洗浄の受付はまだ再開しないの?」とお問い合わせをいただきます(^_^;)


そうですよね、お待ちいただいている方は前回の受付終了後からずっとお待ちいただいていましたから...

そんな時期に大変申し訳ございません!

現在、大変ありがたい事に、10月の予定がほぼ埋まっております。
土曜日については11月中旬まで、ご予約でいっぱいです。

それに加え、現在マンションリノベーションの電気工事や、新築住宅のエアコン工事なども数件ご依頼いただいていまして、それらの現場の進み具合を見ながら工事に入らないといけない状況下にあるため、エアコンを洗っている時間がほとんど取れません。

・しばらくの間、当社施工品のみの受付とさせていただきます

・現在受付は可能ですが、11月作業となります

・一度に3台以上の洗浄はお引き受けできません

誠に申し訳ございませんが、10月中は、前回の受付終了時からお声掛けいただいていたお客様を最優先とさせていただいて予定を組んでいますので、11月以降のお伺いとさせていただきます。

とても忙しくさせていただいている事に、心より感謝申し上げます。
現在、阿部はほぼ一人で作業を行っています。
そんなくせして、いろいろなところに首を突っ込んでいるため、仕事以外のところでも馬車馬の様に動き回っています。
家庭の方は...
とりあえず今、目の前の事をひとつひとつ整理しながら手を抜くことなく丁寧にやっていきたいと思っています。
カラダが着いてくるかは、わかりませんが(^_^;)

という訳で、誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年9月26日土曜日

冷空会道路清掃奉仕活動


午前中、恒例の愛媛県冷凍空調設備工業会 道路清掃奉仕活動(愛ロードサポート事業)に参加してきました。
阿部は工業会の理事を拝命していますので、できるだけ参加です。できるだけ...(^_^;)

今年はコロナの影響で、ずっと延期になっていた事業のひとつです。
愛媛県ではここ一ヶ月、新規のコロナ感染者ゼロが続いているので、意を決しての開催です。
今朝は朝早くから、愛媛県各地の会員が集まりました。

護国神社を出発し、県道六軒家石手線の西側班と東側班、参道班の3班に分かれてゴミ拾いを行います。

阿部は今年、ゴミの少ない道路は止めて、毎回大変な参道の草引きと落ち葉掃除に掛かりました。


毎回雨の多いこの奉仕活動ですが、今年は天候もよく、いい汗を流しました。


落ち葉と草がほとんどですが、大量に回収できてキレイになりましたね。


帰り際に、護国神社から御神菓(コンペイトウ)をいただきました。
これはご利益がありそうですね。


さて、来月はいよいよ、阿部が工業会で担当する事業が行われます。
仕事だけでなく、個人的なことでもかなりバタバタしていまして、まったく準備が進んでいませんでしたが、今日、事業を一緒にやってもらえるメンバーが決定しましたので、これから気合を入れていきます。
大変な時期ですが、この業界の将来のためにお手伝いできる事が何より嬉しいです。
理事のみなさんにもの凄いご迷惑をお掛けしていますが、なんとか成功させたいと思っていますので、何卒<(_ _)>

2020年9月25日金曜日

ガス漏れで効かないエアコンを修理ついでに分解洗浄

初めてのお客様から、エアコン修理と分解洗浄をご依頼いただきました。


三菱電機 MSZ-AXV563S-W(2013年製) スタンダードタイプです。
以前からアベ冷熱技研のBlogをご覧いただいていた様で、春頃にエアコン分解洗浄をご依頼いただくつもりがコロナの影響でタイミングを逃してしまい、その矢先にエアコンの調子が悪くなり、今回修理をするか買い替えをするかでご相談いただきました。

先々週、現場を終えて帰り際に点検にお伺いしていました。
室外機は1階ベランダに置かれていて、


配管は新築時に隠蔽配管されています。


室内機から風は出ますが、冷えません。
ガス圧を測定してみます。


あぁ...ほとんど残っていませんねぇ...(冷房運転状態です)
どこから漏れているのか探っていきます。
室外機の方からは漏れている形跡はありませんでした。

室内機の方を探っていきます。


施工不良だろうと思っていたんですけど、残念...

ここから漏れていますね...
なんか今年は三菱霧ヶ峰の不具合が多くて、ちょっと残念です。
でもまぁ、それ以上に他社の不具合の方が多いんですけどね。
品質が落ちたのか、近年猛暑が続いて負荷が増えたためか...

買い替えか、修理か悩まれていましたが、まだ7年です。
他のメーカー品なら7年経過していると買い替えをお奨めしますが、霧ヶ峰ですから。
まだ部品もありますし、絶対修理の方がお得ですね。

お見積りをさせていただき、修理のついでにエアコン分解洗浄もご依頼いただきました。
どうせ分解して部品取り替えするので、ついでに洗浄する方が気持ちよくお使いいただけます。

まずは室内機をお預かりするため、取外しに掛かります。


いやぁ、この施工された業者さん、隠蔽配管の経験薄いんですね。

ドレンホースが右側に接続されているため、ホースの中にたっぷりヘドロが溜まっていて、外す時にエライ目に会いました...

配管接続のところは断熱が甘く、常に湿っていた様で、白化してしまっています。
3分側のナットは、力いっぱい締められている上に腐食しているので、まったく回りません...

仕方ないので、熱交換器側でカットしました。

永年露垂れしていた様で、背面板も錆びてしまっています。


なんとか取外し完了。


持ち帰った室内機を分解していきます。
しかし凄い汚れですね(^_^;)
ご自分で手の届くところを掃除されてみた様ですが、それでもこんな感じです。
分解しないと掃除ができないのが、よくお解りいただけた様です。

今回、ガス漏れしている熱交換器はそっくり取替えるので、洗浄はしません。


お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が終わると、しっかりと乾燥させて組み立てていきます。
新しい熱交換器に変わりました。

そして本日、取付けにお伺いです。
室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


右に接続されていたドレンホースは左の方へ接続して、スムーズに排水ができるようにしました。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


真空引きが終わると、フロンガスを規定量充填していきます。


この機種は1.15kgです。
これだけのフロンガスが大気中に漏れ出したのかと思うと、残念です...

取付けが完了すると、試運転開始。


ガス圧正常。


吹出温度良好。


霧ヶ峰復活です!

「ありがとうございます。新品みたいにキレイになりましたね。また何かあったらお願いします。」と、とてもお喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が点検修理や分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。

2020年9月23日水曜日

14年お使いのエアコンを洗浄せず処分して保管しているエアコンへ取替工事

FB友さんからのご依頼で、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

今回取替えるエアコンは、数年前のお引越しの際に取外して保管してあった富士通ゼネラル製のものです。


引越業者が取外した様ですが、案の定こんな感じです...
フレア接続口をビニールテープで巻くと粘着物が付着するので、丁寧な業者さんは絶対こんな事はやりません。

室外機側もこの状態で、数年間雨風にさらされていました。
外した業者さんはすぐに取付けるつもりだったのかも知れませんが、保管するとわかった時点できちんとキャップをしておくべきですね。
最悪の場合、何万円も出して購入したエアコンが使い物にならなくなります。

既存機はダイキン製。
当初は他のお部屋のものを取替えようかというお話だったんですが、いろいろとありまして(話が長くなります)リビングのものを取替える事になりました。
洗浄も検討されていましたが、14年経過しているのでまったくメリットはありませんね。
ダイキン製ですし(u_u*)

室外機はこの位置に置かれていました。


ベランダを少しでも広く使いたいという事で、この際に通路側へ置く様にします。


まずは既存機を撤去。


穴の位置が高いですねぇ... しかも左配管...
設置できるギリギリの高さですが、室内機後方での配管接続はできませんね。
ちょっと取付け方を考えないといけません。

気密性確保と小動物侵入防止のため、貫通スリーブを挿入しておきます。


上下微妙な位置決めをして、背面板を取付けます。


なんとか室内機を設置。
あれ?配管はどうやって繋いだの?って思いますよね。
企業秘密です(*´艸`*)
まぁまぁ時間が掛かっています。

配管化粧カバーは既存のものを流用。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行います。


ガスが不足していないか、冷房運転でガス圧を測定します。
大丈夫ですね。異常がない事を確認してお引渡しです。

ベランダも広く使える様になりましたね。


アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。