2020年7月13日月曜日

エアコン処分の際の家電リサイクル法とフロン排出抑制法の適用関係について

今朝は、先週取外したマルチエアコンを処分するため、家電リサイクル法に則って廃棄機器にリサイクル券を貼り付けて、指定引取場所へ持ち込んできました。
今回の様な、室外機1台・室内機2台のマルチエアコンも家電リサイクル法の対象製品で、室内機2台はひとまとめにして1セットとして引き取ってもらえます。

家電リサイクル法で言うエアコンは、ルームエアコンです。
家庭用に向けて製造されたエアコンを対象としていて、業務用として製造されたパッケージエアコンは対象外となります。

じゃぁ、家庭用として作られた天井カセット形や、


壁埋込形のエアコンも対象でしょ?と思うかも知れませんが、、、


違うんですね、これが(^_^;)

家庭用なんですけど、ビルトイン(建物に埋込んで使う)のものは対象外で、業務用エアコンとして処理しなければなりません。
おかしな仕組みですよね。
おかしな国のおかしな法律です。
家庭用も業務用も同じフロンガスを使ってる製品だし、大きいか小さいかの違いくらいで内部構造はそんなに変わりありません。
ずっと「おかしいよ」って言い続けてるんですけど、変わりませんね。
いろんな圧力がありますから仕方ありませんか。

あとこれちょっと小さく書いていて、家電屋さんでも間違うところですが、マルチエアコンの場合はちょっとややこしいです。

マルチエアコンは、いろんなタイプの室内機を接続することができます。
なので、対象である壁掛形や床置形が1台でも組み合わせの中に含まれていれば、家電リサイクル法の適用となります。

もし組み合わせの中に対象品が1台も含まれていない場合はどうなるか...

フロン排出抑制法の扱いになります!

はぃ。対象外のエアコンは家庭用であろうが、業務用扱いとして処理が必要となります。
業務用として扱われるエアコンは、フロンガスを回収しないと産廃業者さんも引き取ってくれません。


フロンガスを回収しましたよと言う証明書が必要になります。
フロンの回収は、お住いの県のフロン類充填回収業者認定登録店でなければ回収作業を行うことはできません。



同業者さんでもこの辺り細かく理解している人が少ない様です。
だって、ここまで書いても解りにくいですもんね...
実は阿部も、ついこの前まで薄っすらとしか理解していなくて、いろんなところに問い合わせしてやっと理解できたところですから(^_^;)

そもそも、2つの法律が入り乱れてるのがおかしいんです。
どうにかなりませんかね、頭のいい議員さん方々。

という訳で、アベ冷熱技研は、愛媛県の第一種フロン類充填回収業者です。
エアコンの適正な処理も、お任せくださいませ<(_ _)>

2020年7月11日土曜日

隠蔽配管のマルチエアコンが故障でダイキンrisoraマルチエアコン取替工事

初めてのお客様のご依頼で、マルチエアコンの取替工事にお伺いしてきました。

ダイキン risoraタイプ お客様支給品です。


既存機は松下電器産業製。


こちらのお宅はすべて隠蔽配管になっています。
タイトな配管取り回しと、隣にもう一台室外機があるので、かなりやり辛い感じですね...

室内機は、2階リビングと。


1階和・洋室の2台です。

エラーでランプ点滅していて、まったく動作しません。
電気系統の故障ですね。

取付ける機器は、お客様支給品のダイキン製。
阿部的にはダイキンはお奨めしませんが、お客様のお好みですからそこは仕方ありません(^_^;)

では作業に掛かります。
天気予報は一日中雨。エアコン工事に水分は大敵。
作業開始前は少し青空が見えたりしていましたが、どんどん曇ってきたのでシートを張っておきます。
既存機を撤去します。

短くて無理に曲げていた配管を途中でカットして、溶接して延長。

溶接が終わると、室外機周辺の作業は一緒にお伺いした親父(会長)に任せて、阿部は室内側へ。

まずは2階リビングから。
既存機を撤去。


配管穴に合わせて、背面板を取付け。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


ドレンもしっかりと接続。

1階和・洋室の掛かります。
こちらは新築時に配管取り出し口を間違えたのか、変なところから配管が出ていますね...


取外しました。
異常に冷媒配管が短いので、これは加工が必要です。

お客様に同意いただいて、もともと付いていた位置より右側へ寄せて、配管穴に合わせて取付けます。
短い配管は、ユニオン継手を使って延長。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


こちらもドレンホースをしっかりと接続。
右に寄せた分ビス穴が残りますが、これはコーキングをすると目立たなくなります。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


室外機周りはこんな感じで完成。
泥ハネ軽減のため、プラロックの下にブロックを敷いておきました。

作業が完了すると試運転を行い、


異常がない事を確認してお引渡しです。
蒸し暑い頃、大変お待たせいたしました。
今晩から快適にお過ごしいただける様になりましたね(^^)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2020年7月8日水曜日

高額なドコモ光から安心価格の愛媛CATV光eねっとへ乗換工事

いつもお世話になっているお客様のご依頼で、光インターネットの乗換工事にお伺いしてきました。


5月にご相談のメールをいただいていました。
「インターネットの環境を見直ししたいと考えております。最近、Wi-Fiルーターの調子も悪くなってWi-Fiが切断していることもありました。現在の状況はドコモ光で、通信費をもう少し安くしたい!というのもあります。」


お伺いしてお話をお聞きしていると、携帯電話代も結構掛かっている状況で、愛媛CATVのケーブルモバイルも気になっているという事で、それならと愛媛CATVの光eねっとサービスをご提案させていただきました。
通信速度100Mbpsで、月額利用料が2,400円(税別)です。
光eでんわ(1,300円)と合わせても、3,700円(税別)で利用できるので、毎月かなりの削減になりますね。

問題点は通信速度が1Gbpsから100Mbpsに落ちる事ですが、高速通信が必要なネットゲームのヘビーユーザーでない限りは、Youtubeやプライムビデオなどストレスなくご覧いただけるので、今回のお客様には何の問題もありません。

ドコモ側に契約縛り期間があるので、少し様子を見てからにしませんか?とお伝えしましたが、「解約手数料払っても、毎月の利用料が下がるなら早い方がいいです。」という事で、お申込みいただきました。

という訳で、引込みが建物に入ったので、宅内工事にお伺いしてきました。
昨晩は避難勧告が出るほどの天候でしたが、今日の午後からは一気に晴れ間が...
暑い上にマスクで作業のため、空調服を着用してスタート。

引込班がV-ONUを設置してくれています。
ここから宅内へ向けて、光ケーブルを通していきます。

宅内側から既存配管を使って呼び線を入れていきます。


1階ダイニングからまったく建物反対側の2階までですから、軽く20m超えていて、まぁまぁ大変です。

呼び線に光ケーブルを繋いで、かなりキツイ状態でなんとか通線完了。

メカニカルスプライスを使って、電柱側と宅内側の光ケーブルを接続。


V-ONU内へ収めて、引込み側完了。


宅内のケーブル末端に光コネクタを取付けて、レベル測定。


異常がないことを確認して、S-ONUへコネクタを接続します。
S-ONUの電源を投入してセンターへ開通の連絡をするのですが、ここで阿部は大きなミスに気が付きます・・・

「阿部さん?もしかして、違うONU付けてません?」
え?...

あっ!!そうか、ここ東温市エリアだった!
実はこのONU、二種類ありまして、いつもの様にやってしまいました...
もちろん車に積んでませんから、事務所まで取りに帰るという時間ロス...(´;ω;`)

東温市用のS-ONUへ繋ぎ変えます。


作業が完了すると、電話用のTAも接続して電源投入。


持参パソコンで速度測定を行います。


気持ちがいいですね。100Mbpsのサービスで、上り下り共に90%以上の速度が出ています。


新規加入者プレゼントのWi-Fiルーターを接続。


お客様のパソコンの接続設定を行い、Wi-Fiでの速度測定。


Wi-Fi接続でも速度が落ちず、快適にお使いいただける様になりました(^^)
光eでんわの方は後日、番号ポータビリティーの手続きが完了するとお使いいただける様になります。

「ありがとうございました。これで携帯電話の方も乗り換えます。いろいろ相談に乗ってもらってありがとうございました。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。

2020年7月6日月曜日

効きの悪くなったダイキンエアコンを三菱電機天カセパッケージエアコンへ取替工事

いつもお世話になっているマンションオーナー様のご依頼で、天カセパッケージエアコンの取替工事にお伺いしてきました。

エアコン機器はオーナー様支給品です。


マンション1階のテナント部分に設置されているエアコンの取替えです。
既存機はダイキン製。


1998年製で、22年目です。
まだ動いていますが、効きが悪いのと、電気代が気になるとの事で取替えです。
インバーター機でなく一定速タイプなので、取替えるメリットは大きいですね。

では撤去に掛かります。
動くので、ポンプダウンして、フロンガスを一旦室外機内へ回収して取外します。


本日の予報は雨。
朝イチは結構どしゃ降りでしたが、作業を始めると小雨に。
今のうちにシートを張って、雨に掛からないようにしておきます。


室内機側も外していきます。


天井ボードが湿っていたので覗いて見ると...
経年で断熱材が縮んで、冷媒配管が裸に。
結露して露たれを起こしていました。

室内機は28kgあるので、電動リフトで降ろします。


天井裏を見ると、周辺に残材がいっぱい・・・
反対側にも断熱材の切れ端などが散乱していました。
このエアコンを取付けた業者さんは、かなり残念な人だった様ですねぇ...
阿部が触りましたから、阿部のせいにされるのは嫌なので、手の届く範囲の残材は撤去させていただきました。

配管類は流用します。
ダイキンと三菱では、配管接続口が逆なので、この周辺は配管整理を行います。

既存配管は3分6分。

新しいエアコンの配管サイズは3分5分なので、延長するついでに溶接でサイズダウンします。


こんな感じで、ドレンと冷媒配管の位置を入れ替えました。


27kgある新しい室内機を、また電動リフトで持ち上げます。


配管類を接続して、結露しない様に隙間なくしっかりと断熱材を巻き付けます。


パネルを取付けていきます。


室外機側も配管を溶接延長。
配管接続が完了すると、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


さて、電源ケーブルも流用する訳ですが、VVF2.6mmのケーブルなのに40Aのブレーカーが付いているので、ここは見て見ぬふりはできません。


ケーブルの許容電流を考慮して、30Aの漏電遮断器へ取替えました。


真空引きが完了、パネルも取付けて。


既存リモコンを撤去して。


新しいリモコンを取付けて、試運転開始。


異常がない事を確認して、お引渡しです。


人感ムーブアイ搭載スリムZR4馬力タイプに取替え完了です。
「わぁ、よく冷えますね!これで今年の夏は安心して営業できます。」と、大変お喜びいただきました(^^)

持ち帰った室外機は、フロンガスを回収しておきます。


業務用は家庭用と違い、「フロン排出抑制法」に則ってフロンガスの回収・破壊処理を行わなければなりません。
第一種フロン類回収業者登録店ですので、この辺もお任せください(^^)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。