ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年11月15日木曜日

ついでに施工不良の手直しもできるエアコン取外し分解洗浄

いつもお世話になっているFB友さんからご紹介いただきまして、初めてのお客様からエアコン分解洗浄のご依頼をいただきました。

三菱電機 MSZ-J407S-W(2007年製) 標準タイプです。


日立アプライアンス RAS-L28ZE7(2011年製) 標準タイプです。


三菱の方は2007年製で11年経過しているので、基本的には洗浄はお奨めしていません。
「一切の保証なしでかまわない。」という場合のみ、お引き受けさせていただいています。

三菱の方はリビングでお使いで、ご両親がタバコを吸われていたため、ヤニも結構付いています。
これはやり甲斐がありますね(;・∀・)


日立の方はそんなに汚れていませんが、臭いが気になるとの事です。

まずは室外機を取外しますが、これよく見掛けますよね。
キャップが浮いて、パテ埋めしている意味がありません。

ここから雨水が侵入して建物を痛めるし、小動物の侵入経路にもなります。

あと、このテープ巻き仕上げ。
素人っぽいですね。
上から下へ向けて巻かれています。

なぜ上から下へ向けて巻いてはいけないのか?
ここでは詳しく書きません。ググってください(^_^;)

室内機を取外しました。
もう見慣れましたか?安定の貫通スリーブ無し...


こちらも入ってませんね。


貫通スリーブが入ってないと、気密性確保ができないだけでなく、小動物の侵入経路となります。

リビングの室内機内部は、この黒い斑点がビッシリ付いていました...
何の糞かはご想像にお任せいたします(;´∀`)

取外してお預かりした室内機は、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


三菱 熱交換器↓


三菱 ボディ内部↓


三菱 ドレンパン↓


三菱 ファン↓


日立 熱交換器↓


日立 ボディ内部↓


日立 ドレンパン↓


日立 ファン↓


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
室内機を取付ける前に、しっかりと貫通スリーブを挿入します。


こちらもしっかりと。糞の主の侵入を食い止めます(^^)


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管テープ巻きは下から上へ向いて巻き上げます。

キャップは新しいものに取替えて、浮かない様にビスで固定。
パテ埋めした上から、コーキングを塗って雨水の侵入も防止します。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「わぁ、これカビですか?これが臭いの原因だったんですね。きれいにしていただいて、ありがとうございます。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2018年11月6日火曜日

カビだらけの日立ステンレスクリーンシステムエアコンの分解丸洗い洗浄

「取外して分解して、ちゃんと洗ってくれる業者さんを探してました」と、ネット検索でアベ冷熱技研を見付けていただいたお客様から、エアコン分解洗浄のご依頼をいただきました。

日立アプライアンス RAS-E71D2(W)(2014年製) フィルター自動掃除機能付きタイプです。


このタイプ、日立自慢のステンレスクリーンシステムという、ステンレスの特性を活かして、内部を汚れにくくするという仕組みのものです。


覗いて見ますか? どうです?(>ω<)

ステンレスクリーンシステム。
何するシステムでしたっけ?(p_-)

日立に限らず、各メーカー、エアコンにいろんな特殊機能を搭載していますが、どれもその役割を果たしていません。
本当に必要なんですか?その機能。

あ、止めておきます。
この件について書き出すと止まらなくなりますから(*´艸`*)

取外してお預かりした室内機は、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

洗浄報告書をお渡しすると、「わぁ、結構汚れてましたね。取付けたまま洗うんじゃなくて、外して洗って欲しくてお願いしました。キレイになって嬉しい。ありがとうございます。」と、とてもお喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2018年11月5日月曜日

プラズマクラスター搭載なのにカビだらけのエアコン完全分解丸洗い洗浄

ネット検索で見付けていただいたお客様から、エアコン分解洗浄をご依頼いただきました。

シャープ AY-C40SX-W(2013年製) フィルター自動掃除機能付きタイプです。


まずは室内機をお預かりするため、取外しにお伺いします。
あらぁ... また発見しました...(p_-)


200V 4.0kwのエアコンに、1.6mmのケーブルを使用...


貫通スリーブも入っていません。

通気性が良くていいですか?(^_^;)
もぅ、どんな業者さんの施工か、聞かなくても解りますね...

プラズマクラスター搭載のシャープ自慢の機種じゃありませんでしたか?
まぁまぁのカビですけど、いつもシャープはこんなクオリティですね。


取外してお預かりした室内機は、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
先に気密性確保と小動物侵入防止のため、貫通スリーブを挿入しておきます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


1.6mmだったケーブルは、2.0mmへ取替えます。
安全にご使用いただくために、見て見ぬ振りはできません。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

洗浄報告書の写真をお渡しすると、「うわぁ...こんなに汚れてたんですね... お願いしてよかったです。ありがとうございます。」と、とてもお喜びいただきました。
小さなお子様もいらっしゃったので、安心して暖房シーズンを迎えられますね(*^^*)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研