ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年1月23日木曜日

新築住宅へエアコン移設工事とエアコン分解洗浄作業

初めてのお客様のご依頼で、新築住宅へのエアコン移設工事にお伺いしてきました。


まずは、今までお住まいだったお家へエアコンを取外しにお伺いします。
三菱電機 MSZ-GW220-W(2011年製) フィルター自動掃除機能付きタイプです。

こちらのエアコンのみ、分解洗浄を行います。

2台とも2階なので、ハシゴ作業で配管を取外します。


取外した配管は移設先で再利用するので、傷めない様に丸めておきます。


パナソニックの方はまだ新しいので、分解洗浄はせずにそのまま移設します。


お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器


ボディ内部


ドレンパン


ファン


そして本日、午後から新しいお家へ取付けにお伺いしました。
まずは位置決めをして、背面板を取付けます。


慎重に配管穴を開けていきます。


気密性確保と小動物侵入防止のため、配管穴に貫通スリーブを挿入しておきます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


室外機は屋根置きです。
ただし縦ハゼ葺きの屋根なので、普通に屋根置台を置くことはできません。

架台を少し加工して、C形チャンネルを取付けました。

Cチャンの下には防振パットを貼り付けているので、屋根を痛めません。

もちろん溶融亜鉛メッキ仕上げなので、錆にも強いです。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


こんな感じで完成です。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認して三菱の方が完了。


パナソニックの方はベランダ置きですが、既に新しいエアコンが座っていて、二段置台が設置されています。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


日が暮れてしまいました...

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

ドレンは垂れ流しにされていたので、、、


塩ビ管を使って、排水口まで導きました。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

午後から開始で、結構手間の掛かる工事だったので時間が掛かってしまいましたね。
週末にお引越しの予定です。
これで新しいお家で快適にお過ごしいただける様になりましたね(^^)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2020年1月16日木曜日

暖房使っているけどカビが気になって仕方ないのでエアコン分解洗浄

初めてのお客様のご依頼で、エアコン分解洗浄をご依頼いただきました。
以前、他の現場で一緒に作業させていただいた建築屋さんのご紹介だそうです<(_ _)>

パナソニック CS-252CF-W(2012年製)、パナソニック CS-224CJ-W(2014年製)、どちらもフィルター自動掃除機能なしの標準タイプです。


現在、暖房で使用されているので、「もうちょっと先でもいいかな」と思われたそうですが、吹出口の中を覗いて、「毎日この風を吸い込むのは・・・」(^_^;)

各部屋のエアコンを確認させていただきましたが、今回は汚れの激しいこの2台を洗浄します。

こちらのお宅、建築屋さんのこだわりで、すべて隠蔽配管になっています。


隠蔽配管は別にいいんですけど、この配管の断熱はきちっと巻いておかないと、露タレの原因になりますね。


断熱材に隙間があると湿気を呼ぶため、配管がこんな感じになります。

フレアナット付近がアンモニア雰囲気になると、最悪はナットが割れてガス漏れを起こしてしまいます。
最悪の場合ですよ。その前に露タレが激しくなって気づきますけど。

2台とも取外しました。

配管の開口部はツッコミ所満載ですけど、知り合いの電気工事屋さんの施工なのでほどほどに(^_^;)
ちなみにこの建物は、外断熱の魔法瓶構造のため、開口部から外気が侵入することはありません。

お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


CS-252CF-W 熱交換器


CS-252CF-W ボディ内部


CS-252CF-W ドレンパン


CS-252CF-W ファン


CS-224CJ-W 熱交換器


CS-224CJ-W ボディ内部


CS-224CJ-W ドレンパン


CS-224CJ-W ファン


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
配管のフレアは必ず再加工します。フレアはパッキンの役目も兼ねていますから。

取外す前にアース線が付けられていなかったので、今回取付けておきます。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続後、断熱材を隙間なくビニールテープで巻き付けます。


ビニールテープだけだと表面が結露するため、しっかりとフエルトテープを巻き付けます。

フエルトテープを巻いても湿気は寄ってきますが、露タレする前にじわじわと乾燥してくれる仕組みです。
銅管の断熱材がエンボス加工になっているのも、そういう理屈です。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「急いでやっていただいて、ありがとうございました。また他のエアコンも洗浄すると思いますんで、またお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2019年12月12日木曜日

5年間寝室でお使いのエアコンを取外し完全分解洗浄

今年の春に、リビングのエアコンの洗浄をご依頼いただいたお客様から、「寝室もお願いしたいんですけど、まだ受付やってますか?」とご連絡いただき、今週ならなんとか時間が取れるのでお伺いしてきました。

ダイキン F22RTFXS-W(2014年製) フィルター自動掃除機能付きタイプです。


今回のお部屋は寝室で、結構洗濯物を室内干ししてエアコンを運転されるとの事で、内部の汚れを気にされていました。

まぁ5年ですから、それなりに汚れてると言う感じですね(^_^;)
カビ臭はしっかり出ていました。

アベ冷熱技研のエアコン洗浄は、室内機を取外してお預かりします。
なので、配管のジョイントも外す訳ですが、、、

この部分はフレアと言って、配管を接続するためにラッパ状に加工した部分です。

これはフレアツールと言う工具を使って現地加工する訳ですが、ここがエアコン工事の一番のキモであり、職人の腕が見て取れる箇所でもあります。

いわゆる、ダメな例です。残念ですけど。
周りのフチはバリだらけで、表面は傷だらけです。
技能試験では大きな減点対象となりますね。
こういうところからガス漏れは起こるのです。

アベ冷熱技研では一度外したフレアは再利用せず、配管先端を切り飛ばして、再加工して接続しますので、ご安心下さい。

室内機を外しました。


貫通スリーブが入っていませんね。

こういうところから外気が侵入したり、小動物が出入りしたりします。

貫通スリーブを挿入しておきますね。


お預かりした室内機を持ち帰り、分解していきます。
カバーを外すと、ポロッと何か出てきました...(・_・;)

カナブンですね... かわそうに...
配管穴から侵入してきたんでしょうか?

室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


電源コードの処理がなんともやりっ放し感が凄かったので、こんな感じに。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。


お客様からGoogleクチコミにコメントいただきました(^^)


アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研