ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月10日月曜日

汚れているエアコンを引越しついでに分解洗浄して移設工事

いつもお世話になっているお客様がお引越しされるという事で、エアコンの移設と同時に分解洗浄もご依頼いただきました。

パナソニック CS-283CF-W(2013年製) 標準タイプのエアコンです。


まずは取外しにお伺いします。

フロンガスをポンプダウンして、室外機へ回収して取外します。

今回、3年前にアベ冷熱技研でご購入いただいた三菱のエアコンも移設します。
こちらは汚れていないので、洗浄せずそのまま移設です。


パナソニックの方はこんな感じです(^_^;)

フィルターは定期的にお掃除してくださいね。

約7年ご使用ですから、内部はカビがいっぱいです...

お引越しの機会に洗浄するのは、とても有効ですね。

お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
取付ける場所は、2階ダイニングキッチン。

エアコン専用コンセントはありますが、配管穴は開いていません。
こちらの建物も賃貸なのですが、前の入居者はこの部屋にエアコンを付けていなかった様です。

理由が解りました...

敷地内にハシゴが立たないし、裏にアクセスする経路はすべて塞がれているので、地上置きにできなかった様です。

さてどうする?
お客様と悩んでいたんですけど、ナントお隣さんはお客様の仕事上のお客様だったそうで、快く「うちの敷地通ってもらっていいですよ」と話がトントンと進みまして...(^_^;)

では取付作業に掛かります。
位置決めをして、背面板を取付けます。


配管穴を慎重に開けていきます。


配管穴には気密性確保と小動物侵入防止のため、貫通スリーブを挿入。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


という訳で、お隣様の敷地から出入りさせていただいて、尚且ハシゴまで立てさせていただいての作業です。

もうこれ、お隣同士かなり良好な関係でないとできない事です(^^)

外部配管はテープ巻き仕上げ。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認して、ダイニングキッチンの方が完了。


三菱の方は、前の入居者が置いていったエアコンと取替です。


こちらはサクッと完了。


ベランダ置きなので、いわゆる標準工事ですね。

「わぁ...パナソニックのかなり汚れてたんですね... 助かりました、ありがとうございます。また店の方のエアコン洗浄もお願いするかも知れないんで、その時もお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2020年2月7日金曜日

お線香で茶色くなったエアコンを完全分解洗浄で丸洗い

初めてのお客様から、エアコン分解洗浄のご依頼をいただきました。

三菱電機 MSZ-BXV404S-W(2014年製)×2台、共にフィルター自動掃除機能付きタイプです。


まずは室内機をお預かりするため、取外しにお伺いします。
まぁ外してビックリです。

コンセントは機器の後ろに隠れてしまうので仕方ないにしても、、、

冬なのに室内機外すとドレン水が溢れてきたのでおかしいなぁと思ったら、穴の位置より室内機の位置が低いんですね...

これは再取付けの際に修正しないといけません。

室内機を外すので配管の接続も外す訳ですが、まぁ酷いフレア加工です...

室内機と銅管を繋ぐ部分は、フレアツールという工具を使ってラッパの様に銅管の末端を開くのですが、この部分がパッキンの役目も担っていて、ここに傷があるとガス漏れを引き起こします。
エアコン工事の一番大切な部分ですが、、、酷い施工ですね。
これでガス漏れしていなかったのは、余程の幸運の持ち主です。
こういうフレアを作る人に、エアコンを触ってほしくないです...

お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器(居間)


ボディ内部(居間)


ドレンパン(居間)


ファン(居間)


熱交換器(座敷)


ボディ内部(座敷)


ドレンパン(座敷)


ファン(座敷)


洗浄が完了すると、取付けにお伺いします。
室内機を掛ける前に、取付け位置を修正します。

スライド金具も取替えたいところですが、塗り壁に塗り込まれているので、外すと大変なことになるのでやめておきました(^_^;)

背面板も逆勾配になっていたので、水平に取付け直しておきました。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認して、居間の方が完了


座敷の方も異常がない事を確認して、お引渡しです。

取外す時に、タバコのニオイはしないのに、室内機が茶色くなっていたのでお聞きすると、いつもお線香を焚いているそうでした。
「あらぁ、真っ白でキレイになりましたねぇ。またしばらくはキレイに使えますね。ありがとうございました。」と、大変お喜びいただきました(^^)

電気工事のご依頼もいただいていますので、来週またお伺いさせていただく予定です。

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2020年1月23日木曜日

新築住宅へエアコン移設工事とエアコン分解洗浄作業

初めてのお客様のご依頼で、新築住宅へのエアコン移設工事にお伺いしてきました。


まずは、今までお住まいだったお家へエアコンを取外しにお伺いします。
三菱電機 MSZ-GW220-W(2011年製) フィルター自動掃除機能付きタイプです。

こちらのエアコンのみ、分解洗浄を行います。

2台とも2階なので、ハシゴ作業で配管を取外します。


取外した配管は移設先で再利用するので、傷めない様に丸めておきます。


パナソニックの方はまだ新しいので、分解洗浄はせずにそのまま移設します。


お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器


ボディ内部


ドレンパン


ファン


そして本日、午後から新しいお家へ取付けにお伺いしました。
まずは位置決めをして、背面板を取付けます。


慎重に配管穴を開けていきます。


気密性確保と小動物侵入防止のため、配管穴に貫通スリーブを挿入しておきます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


室外機は屋根置きです。
ただし縦ハゼ葺きの屋根なので、普通に屋根置台を置くことはできません。

架台を少し加工して、C形チャンネルを取付けました。

Cチャンの下には防振パットを貼り付けているので、屋根を痛めません。

もちろん溶融亜鉛メッキ仕上げなので、錆にも強いです。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


こんな感じで完成です。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認して三菱の方が完了。


パナソニックの方はベランダ置きですが、既に新しいエアコンが座っていて、二段置台が設置されています。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


日が暮れてしまいました...

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

ドレンは垂れ流しにされていたので、、、


塩ビ管を使って、排水口まで導きました。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

午後から開始で、結構手間の掛かる工事だったので時間が掛かってしまいましたね。
週末にお引越しの予定です。
これで新しいお家で快適にお過ごしいただける様になりましたね(^^)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。