ラベル テレビアンテナ工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル テレビアンテナ工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年6月11日月曜日

東温市の住宅でCATVから地デジ・BSアンテナ受信へ切り替え工事

午後から雨になりましたが、東温市の方でアンテナ取付工事にお伺いしてきました。


今まではCATVでテレビをご覧になっていましたが、アンテナ受信にしたいとのご希望でご依頼いただきました。
既存設備はこんな感じでした。

母屋の隣に作業場があって、主にネットを作業場で使うため、CATVの引込みは作業場の方に入っていました。
こちらのエリアは東温市のため、保安器ではなく、光ケーブルで入るONTが設置されています。

ネットサービスは継続されるので、テレビサービスを切り替えます。

アンテナを取付ける場所は、作業場とはまったくの反対側。
まずは、こちら側へケーブルを通してこないといけません。


2階の点検口からケーブルを通していきます。


天井裏は比較的広々していますが、ずっと向こう側までケーブルを伸ばさないといけないため、奥の方まで入っていきました。


雨が強くなってきたので、カッパを着てハシゴ作業(TдT)


なんとかケーブルが軒先に出てきました。


アンテナ取付けに掛かります。
まずはサイドベースを使って、壁面にポールを取付けます。


お客様が用意されたUHFアンテナを取付けて、松山本局を狙います。


エラーフリーのいい値が出ました。


次に、お客様が用意されたBSアンテナを取付けて、衛星を狙います。


分厚い雨雲があるにもかかわらず、いい値が出ました。


ブースターもお客様支給品です。


今回、ブースターの電源部を設置するお部屋を変えてほしいとのご希望で、テレビユニットを電源挿入型へ取替えます。


ブースター電源部を設置。


ブースター本体まで電圧が掛かる様に、分配器のところでケーブルの繋ぎ換えをします。

CATV入力も、アンテナ入力へ繋ぎ換えました。

リビングで受信レベルを確認しながら、ブースターの出力レベルを調整します。


あとは、テレビのチャンネル設定を行い、


映りを確認いただいて、お引渡しです。


あ、じゃなくて、CATVのONTにケーブルが接続されているままなので、これを外して、母屋の方から作業場へ電波が流れる様に接続換えを行います。


あとは、ONTへ電源を送っていたCATVの電源部を撤去してすべての作業終了です。

あ、これ、CATV認定店だからできるんですよ。
勝手に外しちゃダメですから(p_-)

はぃ。こんな感じで完成です(*´ω`*)

「雨の中、ありがとうございました。また何かあったらお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2018年4月21日土曜日

東温市の新築住宅でフラット型UHF地デジアンテナ新設工事

今日は暑いくらいのいいお天気でしたね。
午後から新築のお宅で、地デジアンテナの取付工事にお伺いしてきました。


この位置に、宅内の同軸ケーブルが取り出されています。
位置的にもちょうどいいので、ここへアンテナを取付けます。


まずは位置決めをして、取付金具を設置。


アンテナを取付けて、松山本局を狙います。


東温市で、松山本局から少し離れていますが、地デジ受信には十分なレベルが出ました。


宅内で5分配されているので、ブースターは必須です。
このマスプロのアンテナ、新型に変わって、背面にブースター本体を取付ける事ができる様になりました。

すっきり収まる反面、今回の様にアンテナを斜めに向ける場合でないと、ブースターの蓋が開かなくなるので、出力レベルの調整ができなくなりますね(^_^;)

アンテナ周りが完了すると、宅内へ移ります。
浴室の点検口のところに分配器と電源があります。

このコンセント、埋め込み用ですけど...(^_^;)

ブースター電源部を接続して、ブースターへ電源供給します。


各部屋で受信レベルを確認しながら、ブースターの出力レベルを調整します。


各部屋異常なし。いいレベルが出ました(*^^*)

お引越しはまだなので、テレビでの映りの確認はできませんから、これでお引渡しです。
外構工事が完了した頃の来月中旬に、またエアコン取付工事にお伺いさせていただく事になっています。

「お忙しいところ、ありがとうございました。来月もまた、よろしくお願いします。」と、とてもお喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2018年3月23日金曜日

4K 8K BSアンテナ取付工事・2分配新設ケーブル配線工事

今日はスッキリ晴れましたね(^^)
午後からBSアンテナの取付工事にお伺いしてきました。


地デジはCATVでご覧になっています。
今回は、4K8K対応にするため、既存のCATV設備に混合せず、新たに二部屋へケーブルを新設します。

分配するのは二部屋なので、ブースターは使用せず、屋外用2分配器で分けます。

アンテナを取付ける場所は屋根上ですが、壁が立ち上がっているので、CSアンテナの隣に取付けることにします。


まずは壁面金具を強固に取付けます。


BSアンテナを取付けて、衛星を狙います。


快晴ですから、いいレベルが出ました(*^^*)v


アンテナ取付けはササッと完了。
天気が良すぎて、汗がにじんできます(^_^;)


ここから同軸ケーブルを引き回していきます。
使用するのはもちろん、S-5C-FB。


できるだけ直射日光に当たらない様、軒下を這わせていきます。


2階ベランダへ分配器を取付けます。
分配器も4K8K対応品で、全端子電流通過形を使用。


まず2階の部屋へケーブルを引込み、レベル測定。
アンテナ直下に比べると、9dBほど落ちてますが、CN比がいいので問題ありません。


テレビに接続して確認。バッチリです(^^)v


2階から1階へケーブルを下ろして、既存の地デジケーブルと同じルートで宅内へ引込みます。


1階リビングは、造付けの棚の中にテレビが置かれていました。
宅内はできるだけケーブルが目立たない様に、気を付けて配線していきます。


コネクターを取付けて、レベル測定。
2階よりは落ちてるだろうと思ってたら、まったく同じレベルでした(^_^;)

2階は少し横引きがあったため、ケーブルの長さ的には同じくらいの長さだったので、こういう結果が出たんだろうと思います。

テレビに接続して確認。バッチリです(^^)v


あとは映りをご確認いただいて、お引渡しです。

「あぁ、これでBSが見れます。工事、めんどかったんでしょう?お世話になりました。ありがとうございました。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2017年4月19日水曜日

CATV止めたら地デジが映らなくなった...引込ポールへUHFアンテナ新設工事

暖かくなってきましたね。天気がいいと工事がサクサク進みます(*´ω`*)
午前中はアンテナ取付工事にお伺いしてきました。


ご主人さんのご希望で、この引込ポールへフラット形のアンテナをご希望です。
高さ的にちょっと低いですけど、なんとかなりますかね。


もともとはCATVをご利用でした。
事務所+二世帯っぽい造りですが、保安器が2つあるのは何でだろう?(^_^;)

右側の保安器は、ネットか電話の青いケーブルが繋がっています。
左側の保安器は、テレビのケーブルが繋がっていたのですが、契約解除したので宅内側のケーブルが外されています。
今回、この宅内側ケーブルと新設するアンテナを接続します。

アンテナを取付けて、このBOXまでの立ち下げをどうしようか。
保安器が2個で既に2回線が入っているので、配管内を通す事ができません。

テレビ契約側は解除されているために使っていないですから、このケーブルを利用することにします。
ご注意:CATV設備は施工認定店以外は触ってはいけません。

まずはアンテナをポールに抱かせるため、ポール用金具を取付けます。

目一杯上に上げたいんですけど、電力の引込線が邪魔して、この高さが限界です。

アンテナを取付けて、松山本局を狙います。


方向的に高い建物もなく見通しはいいんですが、高さが足りない事と、電力線の影響が出ているのか、全体的にレベルが低くて少しエラーが出ます。

位置は変えれないので、微妙に方向をずらしながら、一番エラーの低いところを探って決めました。

受信レベルが低いので、これ以上損失を出さない様に、アンテナ直下にブースター本体を取付けます。

引込ケーブルを途中カットして、BOX内にあった保安器をここにセットしました。
カットしたケーブルはブースター出力へ接続。

BOX内で宅内ケーブルとジョイントします。
これで宅内まで繋がりました。


宅内の分配器の所へ移ります。

分配器は8分配。テレビ2台しかないんですけど...(^_^;)
ここにCATVブースターが設置されているので、撤去します。

テレビの後ろに転がっているブースター電源部を、CATV用から地デジ用へ取替えます。


各部屋のテレビユニット端子でレベルを確認しながら、ブースターの出力レベルを調整します。


調整しますというか、受信レベルが低い上に、8分配でかなりレベル損失があるため、目一杯レベルを上げました。


とりあえずいい感じでレベルが上がり、エラーフリーになりました。


テレビに接続して、チャンネル設定を行います。


テレビ内蔵チューナーでの受信状態は完璧です(*^^*)


あとは映りを確認していただいて、作業完了です。


テレビの下に目をやると、「光テレビ」のチューナーがありました...
もしかしてこのお客様も?(^_^;)
光テレビご契約されて、工事後に地デジが映らないことに気が付くという事例が多い気がしますね。

工事が混んでいて一週間ほどお待たせいたしましたが、無事地元の放送がご覧いただける様になりました。
「ありがとうございました。こういう工事ができる人って尊敬するわぁ。」と、お褒めいただきました(*´ω`*)仕事ですから

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>