ラベル ボイラー工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ボイラー工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年10月3日木曜日

20年以上?ご使用の長府製作所製ボイラー取替工事

今日は台風接近で雨の予報でしたが、朝からボイラーの取替工事にお伺いしてきました。

長府製作所製 IB-4565SG 減圧式給湯専用石油給湯器をお買い上げいただきました。


既存機も長府製でした。

漏水している様で、水道代が何万円も来てびっくりされたそうです...

製造年が消えてしまってますが、このタイプだと25年は経過していますね。


昔はこれが良かったんでしょうか?今考えると結構恐ろしい組み合わせですね(^_^;)

純正品みたいで、ボイラーの下にオイルタンクがセットされています。
現行法では燃焼機器とオイルタンクは、十分な離隔距離が必要です。

既存機とオイルタンクを分離するのに、ボルトが錆びついていて、撤去するのにかなりの時間が掛かりました。


配管を整理するため、地面を掘り下げていきます。
すると、かなり土が湿っていますよ...


茶色い土が黒くなったかと思ったら、一気に汚水が流れ出てきました...(´;ω;`)
もの凄い臭いです...


マスの蓋を開けると、大きな穴が...

これ、施工不良っぽいですね。
マスを開口する場所を間違えて、そのまま塞いでいない感じです。
よく見てみると、周りのコンクリートもボロボロになっています。
汚水は排水されず、永年ここから地中に染み込んでいた訳です...

ちょっとこのままでは先へ進めないので、簡易的に塞ぎました。

当然このままではダメなので、お客様に確認いただいて、阿部の知り合いの水道屋さんに、排水マスを取替える見積もりをしてもらう様になりました。

これ、阿部が掘らなかったら、見付ける事はできませんでしたね。

時間ロスしたので、作業を進めます。
配管を整理して、バルブを設置。


埋戻しをして、新しいボイラーを設置。
配管を接続していきます。


宅内の古いリモコンを、


新しいリモコンに取替えました。


通水試験を...え?
一瞬、ババっとエア抜きしたかと思ったら、赤水が...(・_・;)しまった

宅内配管は鉄管を使っている様です...
洗面所でテストするべきでしたね。
キッチンの混合水栓でテストしてしまったため、水栓内のフィルターが詰まってしまって、水栓バラして掃除するという時間ロス...

なんとか元通りに治して、ボイラー周りの配管の保温作業に。
日が暮れてしまいました(´;ω;`)


オイルタンクを据えて、外周りはこんな感じで完成。

ステンレスタンクで腐食することもなく、大容量なのでちょくちょく給油しなくても済みますね。

あとは電源を投入して、お湯が出る事を確認。

使い方をご説明して、お引渡しです。

雨の予報だったのに、日中は日が照りつけて蒸し暑く、10月なのに33℃超えで松山が全国で一番暑かったそうです(・_・;)
なんと、作業が終わった頃にドシャ降りになりましたけど...(^_^;)

「ありがとうございました。なんか古いんでいろいろ大変でしたね。今晩から使えるので助かりました。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2019年7月1日月曜日

TOTO製ボイラー不完全燃焼で長府製作所製ボイラーへ取替工事

エアコン工事に追われていますが、今日の午後からはボイラーの取替工事にお伺いしてきました。

長府製作所 IBF-4764D 水道直圧式 定量お知らせ機能付きタイプをお買い上げいただきました。


既存の給湯器も、灯油式ボイラーでした。

TOTO製で不完全燃焼しているそうですが、修理はできないと言われたそうです。

今回、ご親戚の方からご紹介いただいたのですが、当初「エコキュートで」とお聞きして、事前調査にお伺いしたのですが、使われているのが井戸水でした...

井戸水でも対応できるエコキュートもありますが、まず電気設備の容量が足りないので、電気設備をかなり触らないといけないのと、エコキュートのタンクユニットを据えるためには、コンクリート基礎工事も必要になります。
なんと言っても、プロパンガスをご利用中で、このガス契約は知り合いなので絶対止められないという条件から、どう考えてもエコキュートを設置するメリットは全く見受けられないため、ボイラーでの取替えとなりました。

オイルタンクはシートを掛けられていて、内部もまったくキレイなので、そのまま流用します。


既存機の撤去に掛かりますが、見付けました...

これ、ずっと漏れていたんですね。
カルシウム分が付着して、白い固形物になっていますね。
この部分はすべて取替えます。

既存機を撤去して、新しいブロックを据えます。


新しいボイラーを設置して、配管類を接続していきます。


通水試験を行い、水漏れがない事を確認して、断熱材をしっかり巻き付けます。


新しいリモコンに取替えて試運転。


温かいお湯が出る事を確認して、お引渡しです。

「また今晩から家のお風呂に入れるわ。ありがとうございます。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2019年1月16日水曜日

20年目のノーリツ製ボイラーが故障で急遽長府製作所製ボイラーへ取替工事

本日は急遽、灯油ボイラーの取替工事にお伺いしてきました。

長府製作所 KIBF-4764DSA 水道直圧式オートタイプ(給湯+強制追いだき)石油給湯器です。


既存機はノーリツ製。


1999年製造。20年目の直圧式ボイラーでした。


連休前の金曜日に、「お湯が出なくなったんですけど、阿部さんとこで見てもらえますか?」と、以前エアコン工事をご依頼いただいたお客様から緊急コール。
その日の夕方、現場を終えて点検にお伺いしていました。

点火トライはしていますが、3秒ほど燃えて消える。またトライして3秒ほど燃えて消えるの繰り返しでした。
不完全燃焼の臭いが出ていたので、バーナー掃除すれば復活するかも...

暗いのと、それなりの工具を持ち合わせていなかったため、翌日の日中に、親父に点検に行ってもらいました。(阿部は一人で他の予定をこなしていました)
診断結果は基板の不良...

さすがに部品はないので、早急に取替えという事で即日お見積り。
機種もご検討いただいて決定しましたが、連休中でメーカーはお休み。
申し訳ないのですが、連休明けまでお待ちいただいて、昨日朝イチに発注。
今朝、運送会社のターミナル止めにしていたボイラーを引き取って、本日お伺いしました。

既存機を撤去していきます。
この年式で、給水側立ち上がりに鉄管を使っているのは久々に見ました。

掘り返して見ると、地中は塩ビ管だったので、ここからステンレス管へ取替える事にします。

撤去しました。


鉄管の何がダメかと言うと、内部がこうなります...

錆コブができて水量が減る上、水質も悪くなりますね。

新しいボイラーを据え付けて、配管類を接続していきます。


「この際に、タンクも換えてください。」との事で。


ステンレス製のオイルタンクへ取替えました。


今回はオートタイプのボイラーなので、循環アダプタが浴槽に付いています。

今回これも取替えるのですが...

浴槽の点検口から奥に入ったところに取付けられていて、手も入らず作業ができません...(´・ω・`)


仕方ない。入るか。


午後からフル装備で床下へ潜り込みます。


かなり狭いスペースを、体をくねらせながら浴室の下へ。


アダプタの新旧交代です。

パイプも換えようかと思ってたんですけど、建物の構造と床下の配管の取り回しの点であきらめました。
ステンレスのワンダーチューブなので、耐久性には問題ありません。
ホントは断熱材巻きたかったんですけど、見ての通り排水管が邪魔して、これ以上体が奥に入らないのです...

なんとか、循環アダプタ交換完了です。


通水試験を行い、水漏れがない事を確認して、断熱材をしっかり巻き付けます。


転倒防止対策をして、ボイラー周りは完成です。


新しいリモコンに取替えて試運転。


温かいお湯が出る事を確認して、お引渡しです。
今日からまた、温かいお風呂に入れる様になりましたね(*^^*)

「阿部さん、今回はテキパキと迅速に対応していただいて、ホントありがとうございました。エアコンも古いのがあるんで、またその節はお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2018年11月30日金曜日

燃焼不良で故障した家庭用灯油ボイラーの取替工事

予定が詰まっていますが、急遽ボイラーの取替工事にお伺いしてきました。

長府製作所 IB-4565SG 給湯専用減圧式石油給湯器です。


既存機はフジタカ製でした。
燃焼不良を起こしていて、修理不能で取替えです。

しかしこの配管、固定されてないからかなり負荷が掛かってるし、オイルタンクもかなり接近してて危ないですね...
本職の施工とは思えませんが(^_^;)

既存機を撤去しました。


既存のリモコンケーブルは、壁面に露出配線されていたので、新たに塩ビ管を設置してケーブルを保護します。


新しいボイラーとオイルタンクの配置は、こんな感じにしました。
ボイラーとオイルタンクは、離隔距離が定められています。

もう少し離したいところですが、これが限界です。
ホントはエアコンの室外機からも離したいのですが...

ここまでが午前中の作業でした。
午後からは別のお客様宅へ、洗浄したエアコンの再取付けにお伺いしなければならないため、午後からは親父に任せてエアコン工事へ向いました。

エアコン工事を済ませて夕方現場へ戻ると、配管接続が完了して、通水試験を行っていました。


通水試験後、配管に断熱材をしっかりと巻いて外周り完成です。
日が暮れてしまいました...(T_T)


リモコンも新しいものに取り替えて、電源ON。


温かいお湯が出るのを確認して、お引渡しです。
今晩のお風呂に間に合って良かったです(*´∀`*)

「わぁ、良かった。ありがとうございます。娘が調べてくれて、築山町にボイラー見てくれるとこがあるよって、阿部さんにお願いしたんですよ。近くの業者さんがいいですからねぇ。これからもお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>