2022年1月27日木曜日

エアコン故障かと思ったらブレーカー不具合で分電盤ごと取替工事

最近、分電盤の取替えのご依頼が多いですね。
メーカーが推奨するブレーカーの交換時期は、13年程度です。
故障してから取替えとなると、治るまでずっと停電という状況に陥ります。
予防的に分電盤を取替えておくと、安心してお過ごしいただけますね。

さて、本日も分電盤の取替え工事にお伺いしてきました。

今回のお客さまは、エアコンを使っていたら知らない間に止まっているという事で、メーカーに修理に来てもらったそうです。
よく調べてみると、エアコンが悪いのではなく、コンセントに電圧が掛かっていないという状態でした。

電圧を測定してみると、0Vで電圧が掛かっていません。

分電盤を拝見しても、OFFになっているブレーカーはありません。

このブレーカーがエアコン専用の様です。
一度OFFにしてからONにしてみると、、、

電圧が掛かりました...(^_^;)
どうもブレーカーの寿命のようです。
暖房が使えないのは困るので、不具合のあるブレーカーを新しいものに取替えておきました。

しかしこの漏電遮断器も古いですねぇ...
35Aとか、初めて見ました。
テストボタンが付いてますけど、動作させるとトドメを刺してしまいそうなので止めておきます。

ちょっとあまりにも気持ち悪いのでお話したところ、お客様ご自身も分電盤ごと取替えてもらうつもりでしたとの事で、早速お見積り、ご依頼いただきました。

では作業に掛かります。
既存盤を撤去。

漏電遮断器の製造年は、裏側のラベルに記載がありました。
48年?恐らく昭和表記だと思いますが、それでも48年経過しています...(ㆁωㆁ*)
テンパール凄い!

新しい分電盤を取付けて、ケーブルを接続していきます。

あとは異常がない事を確認して、電源投入。

スッキリ、安全にお使いいただける様になりましたね(^^)

「ありがとうございました。お忙しいのに対応していただいて、助かりました。またお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事も、お気軽にご相談ください。

2022年1月26日水曜日

賃貸マンションの一室でリフォームに伴う電気設備改修工事

本日は、昨年末から取り掛かっていた賃貸マンションのリフォーム工事が、壁クロス貼りが終わった様なので、器具取付けにお伺いしてきました。

少し間取りが違いますが、いつものマンションです。
今回はあまり大掛かりな改修は行わず、古くなった機器の取替え程度になります。

キッチン周りの収納はこのまま流用なので、レンジフードと照明器具の取替えを行います。
このレンジフード、三菱製なんですよ。長持ちしてますね。


浴室換気扇も三菱製。

トイレの換気扇も三菱製。

トイレの換気扇は二室用になっていて、洗面所に吸込みグリルが設置されています。

安全のために、この古い分電盤も取替えます。

もちろん、配線器具もすべて取替えます。

この天井面からステップル打ちで立ち下げられた、電話線やLANケーブルもきちんと整理させていただきます。

まずは、既存器具を撤去。

浴室換気扇の内部は凄いことになっていました...

トイレの二室用換気扇は、天井を落とさないと取外しも取り付けもできません。
頭から石膏とホコリを存分に浴びながら撤去しました...

この換気扇も、これでちゃんと吸えてたんですかね?

天井を貼ってしまうと取付けできなくなるので、先に本体を取付けておきました。

キッチン周りのコンセントが、古い設計で微妙な位置にあるため、使い勝手のいい場所へ移設。
開口した壁は、大工さんが補修してくれます。

クロスが貼替えやすい様に、分電盤も少し浮かせておきました。

ここまでが昨年末の作業でした。

年が明けて一昨日、クロス貼りが終わった様なので、器具付けに入りました。

まずは分電盤の取替えから掛かります。
既存盤を撤去して、、、

さくっと取替え完了です。扉付きでオシャレになりました(*´∀`*)

キッチンレンジフードも新しいものに。ピカピカで気持ちがいいですね(^^)

ホコリとカビだらけだった浴室換気扇も、湿気に強い樹脂ボディの換気扇へ取替えました。

スイッチ類はコスモシリーズで使い勝手良く、イマドキな感じに。

コンセント類もすべてコスモシリーズで統一。
テレビユニットの出力レベルを測定して、異常がないことを確認。

見栄えが悪かった電話・LAN配線は、大工さんに棚を作ってもらって、機器類をまとめて置ける様に整理しました。

エアコンは、オーナー様支給品です。
阿部が三菱霧ヶ峰推しなので、オーナー様も三菱で統一していただいています(^^)

室外機周りもスッキリとスリムダクト仕上げで。

最後に機器すべての試運転や点灯試験を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。
あとは美装屋さんがお掃除に入って、現場が完工となります。

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事も、お気軽にご相談ください。

2022年1月23日日曜日

令和3年度技能検定(冷凍空気調和機器施工)の検定補佐員としてお手伝い

今年も、松山共同高等職業訓練校にて、「令和元年度冷凍空気調和機器施工技能検定」の実技検定が開催され、そのお手伝いに参加してきました。

阿部は今年も「技能検定補佐員」を委嘱されまして、受験されるみなさんを見守ります。
技能検定は、国がその技を認める国家資格です。

昨年同様、コロナ禍という事もあり開催が危ぶまれていましたが、この一年、この日のために日々鍛錬を重ねてきた受験者のみなさんのためにも、中止はあってはならないと言うことで、徹底的に感染対策を施しての開催です。

一昨日の金曜日に会場設営の準備を経て、本日朝8時半集合です。
試験は、朝9時から用意スタートで一斉に作業開始。
今年は一級受験者が多くいました。
早い人は、開始後30分も掛からず溶接作業に掛かっていました。

作業が終わると、最後の気密試験に掛かります。
阿部はここの担当です。
気密試験を行うと、漏れていようが失敗していようが、手直しは一切できません。
作品を水槽に沈めて、窒素ガスを流して規定圧力4.0MPaまで昇圧します。
規定時間放置し、漏れがなければ「気密試験は」合格です。

泡がブクブクと出てきた方は... 来年頑張ってください...

受験者のみなさんが帰られた後、作品の審査を行います。

気密試験で漏れがなくても、ここから減点方式でチェックが始まります。
図面通りの寸法になっているか、ミリ単位で減点されていきます。
作品は1級、2級の中から、仕上がりの良さと基準適合率を見て、2名ずつの作品をチョイス。
この優秀作品の結果と、後日行われる筆記試験の成績を加味して、優秀者表彰を行います。
成績優秀者には、晴れの舞台で表彰状と盾の授与式が行われるんですよ。
阿部は過去に、愛媛県技能士会長賞をいただいた経験があります。

資格取得はその人のレベルアップだけでなく、気持ちの上での責任感と一層の向上心を持つことができます。
特にこの技能士制度は、自身の腕試しの様な感覚で受験ができます。
今年も「阿部さんのBlog見て受験しました」とか、「阿部さんのBlogいつも見てます。」と、数名声掛けいただいたのがとても嬉しかったです(*^^*)

これからもこの業界の発展と、優秀な技術者育成のお手伝いができる様、頑張ってまいります(^^)

2022年1月20日木曜日

CATVネット回線を同軸ケーブルから光ケーブル化で増速工事

いつもお世話になっているお客様のご依頼で、愛媛CATVの提供するインターネット工事にお伺いしてきました。

以前から同軸ケーブルのイーネットサービスをご利用でしたが、こちらのエリアも幹線光化が完了しましたので、高速な光サービスへのお乗り換えです。

こちらのお宅は敷地内に引込柱があるので、引込計器盤内に光キャビネットを設置してもらいました。

この引込み側から、既存配管を使って宅内へ光ケーブルを通して行く訳ですが、既存の同軸ケーブルと電話線が入っているので通るかどうか微妙です。
お客様と相談して、現在使われていない電話線を呼び線として使って、光ケーブルと入れ替える事にしました。

宅内側は、1階収納部分に弱電盤が設置されています。

かなりゴチャゴチャしていますが、ホームテレフォンの設備が場所を取っています。

引込側からこの電話線を使って、ケーブルを入れ替えていきます。

配管内部にケーブルが通りやすい様に、入線液をしっかりと吹いておきます。

いい感じでスルスルと通っていきます。

宅内側へ出てきました。
大体15m程度あります。

引込側へ戻って、光ケーブルの末端加工をしていきます。
作業始めた頃に、バラバラと雪か霰か、雨まじりで降り始めました...
しばらく止むのを待って、再開。
光ケーブルは髪の毛ほどの太さのため、手袋をしていては作業になりません。

本日は大寒...
鼻水は出るわ、指先は攣るわで大変でしたが、なんとか接続。

手の震えを押さえながら、キャビネット内へ収めます。

盤内はこんな感じで完成。

宅内へ戻って、末端に光コネクタを取付けます。
受光レベルを測定して、異常がないことを確認。

S-ONUへ接続して、ケーブルが傷つかない様に収めます。

通信が確立できたら、持参したパソコンで速度測定を行います。

100Mbpsのサービスで上下90%以上の速度が出て、異常がない事を確認。

あとは、既存のモデムを撤去してお客様のルーターへ接続。
問題なく通信ができる事を確認いただいてお引渡しです。

電話に関しては、番号ポータビリティが行われた後に、またお伺いしてEMTAを撤去させていただきます。

「従来かなり忍耐してやっていたファイルアップロードがサクっと終わるあたり、全くストレスフリーになってありがたいです。お世話になりました。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。