2021年9月15日水曜日

借家リフォーム後アンテナチェックしたら映らない?アンテナ新設工事

台風が接近して、雨が降ったり止んだりですね。
午後からは、アンテナ新設工事にお伺いしてきました。

こちらの建物、9月始めにこのBlogに書きましたが、リフォームを終えた借家で、エアコンを取付けさせていただいた現場です。
エアコン工事の際に、「阿部さん、ついででかまんので、テレビが映るかどうかだけチェックしとってくださいや。」と、オーナーさんからご依頼がありまして、チェックしていました。
あら?レベルが全く出ませんよ???

確か、屋根の上にアンテナが見えたので、確認してみましょう。
う~ん、なんか古そう...

あれ?宅内にブースターの電源部なんか無いのに、UHFブースターが付いてます。
それも、20年以上前の広島局対応のブースターですよ。
いやぁ、懐かしい。久々に見ました(^_^;)

UHFアンテナからブースターへ接続されているケーブルは、フィーダー線です...
いやぁ、、、30年くらい前のものですか?(^_^;)
さすがにこの設備をどうにかするとかは考えられないので、オーナーさんに現状をご説明して、新しくアンテナを取付ける事になりました。

今回は2階の外壁面へUHFアンテナを新設します。
位置決めをして、金具を設置。

アンテナを取付けて、松山本局を狙います。

この地区、松山市内でもかなり北の端になります。
受信レベルは結構低めです。

NHKや南海放送はなんとか映るレベルですが、テレビ愛媛はムリっぽいですね。

レベルを適正値まで増幅させるため、UHFブースターも取付けておきます。

ケーブルも新しく、1階のリビングまで引かなければなりません。
ベージュ色の塩ビ管で、ケーブルを保護してはわせていきます。

宅内へは、床下通気口を使って床下へ。

キッチンにある床下収納を点検口代わりに、ケーブルを通します。

リビングのユニットのところまで、S5C-FBケーブルが通りました。

ブースター電源部を取付けて、受信レベルを確認。

エラーフリーのいいレベルが出ました。

借家なので、入居者さんが退去される際に持って行かれない様に、電源部を壁面へ固定しておきました。
来週、新しい入居者さんがお引越しされてくるそうです。
間に合ってよかった...(^_^;)

あと、屋根上に残っているアンテナは、オーナーさんのご意向で残置となりました。

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

エアコンから酸っぱい臭いが出るので取替えか?分解洗浄か?

「ここ数日、エアコンから酸っぱい臭い強くなってしまい、できる範囲での掃除をしてみたのですが、家族からどうにかならないかという希望が強く出ていて、困っています。貴社のページを見ると分解洗浄の受付を止められているようですので、時間がかかるようであれば取り替えも検討します。」と、ご相談をいただきました。

三菱重工 SRK56TT2-W(2016年製) スタンダードタイプです。
まだ5年しか使われていません。
さすがに取替えは早すぎますね...(^_^;)

吹出口から内部を覗いて見ると、お客様がお掃除されているのでボディはきれいですが、ファンにはびっしりとカビが付いていますね。
一昨日のBlogに書きましたが、分解洗浄の受付を再開しましたので、お預かりして洗浄する事にします。

室内機を取外してお預かりする訳ですが、室内機の下に大きな本棚があるため、かなり苦労しての取外しです。

お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。

エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。

熱交換器↓

ボディ内部↓

ドレンパン↓

ファン↓

洗浄が完了すると、再取付けにお伺いします。
取付けもかなり苦労しました。。。
ここしか取付けるところがないのが、なんとも残念なところですね。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。
よくお聞きすると、市販の洗浄スプレーを使われたそうで、それ以降、耐えられないほどの臭いが出る様になってご依頼いただいたそうです。
市販スプレー、よくあります(^_^;)

「きれいにしていただいて、ありがとうございます。また何かあったらお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。

2021年9月14日火曜日

賃貸マンションで移設・分解洗浄したエアコンの取付工事

いつもお世話になっている賃貸マンションのオーナー様のご依頼で、エアコン取付工事にお伺いしてきました。

三菱重工 SRK-22TV-W(2017年製) スタンダードタイプです。

このエアコン、8月にリフォーム工事を行った別のマンションに設置されていたものです。

リフォームでお部屋がキレイになるので、そちらには新しいエアコンを取付けて、このエアコンは保管しておこうと言う事になりました。
ただし、内部が汚れているので、分解洗浄もご依頼いただきました。

8月、繁忙期真っ只中でしたが、ぽっかり空いた日に洗っておきました。
お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。

エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。

熱交換器↓

ボディ内部↓

ドレンパン↓

ファン↓

洗浄したエアコンは、室外機と共にこちらのマンションの保管部屋へ置いていました。

今回、既にリフォーム完了したお部屋の入居が決まったそうで、本日取付工事にお伺いしました。

位置決めをして、背面板とMDダクトを取付けます。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。

外部のスリムダクトも、新しいものに取替えました。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

ベランダ周りはこんな感じで完成。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。
これで新しい入居者さんも、気持ちよくお過ごしいただけますね(^^)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。

2021年9月13日月曜日

【お知らせ】エアコン分解洗浄の受付を再開いたします

朝晩涼しくなってきましたね。

「エアコン分解洗浄の受付はまだ再開しないの?」と、お声掛けをいただく様になりました。
エアコン工事の方も少し落ち着いてきましたので、この辺でエアコン分解洗浄の受付を再開させていただこうと思います。

ただし、まだ日中は蒸し暑い日が続きます。
まだ冷房を使われている方は、もう少し様子を見られてからをお奨めします。
それから現在、阿部一人で作業を行っているため、一度に2台以上の洗浄はお引き受けできませんので、ご了承ください。

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。


・工事にお伺いする際の新型コロナ感染対策について
阿部は、9月2日にワクチン接種2回目を完了しました。
お伺いする際は、体調万全で、マスクをしてお伺いさせていただきます。
対面でお話する際や室内作業の際はマスクを付けさせていただきますが、屋外での作業はマスクを外して作業を行わさせていただきます。
作業中は窓を全開にしていただいて、できるだけ阿部から離れてください。
阿部は日々、たくさんのお客様と接していますので、お互いの感染を防ぐためにも何卒ご了承ください。

2021年9月10日金曜日

ネット速度を改善したいのでCATV回線の光化と地デジアンテナ新設工事

仕事上でもお世話になっているFB友さんのご依頼で、愛媛CATVの契約見直しと光eねっと切替工事にお伺いしてきました。

お家の新築当初から、愛媛CATVのテレビ・ネット・電話のトリプルサービスをご利用でした。
今回、ネット動画の視聴や、Zoomなどでネット会議の際に、画面がコマ落ちするのをどうにかしたいとの事でご相談いただきました。
ご利用中のネットサービスは同軸回線のため、下り15Mbpsです。
Youtubeくらいなら十分ご覧いただけますが、Zoomなどで高画質双方向のネット会議に使うと少し容量不足です。

光化すれば上下最大100Mbpsの通信速度が出るので、安定してご利用いただける様になります。
ただしですね、こちらのご契約内容から光へ変えた場合、月額利用料が結構上がります。

いろいろとお話をさせていただき、重点項目は「ネットの安定性」というところで、電話サービスの方は、固定電話をほとんど使っていないと言うことで解約。
テレビも地デジとBSが見れたらいいと言うことで、こちらも解約。
テレビは解約してしまうと見れなくなるため、地デジのアンテナを新設し、ネットの光化を行う事でご依頼いただきました。

と、ここまでが7月のお話です。
現在、愛媛CATVの光化工事は、お申込みいただいてから引込工事が完了するまでに、2ヶ月程度を要しています。
ご検討中の方は、お早めにご相談ください。

という訳で本日、引込みが入ったと言うことで、宅内工事にお伺いしてきました。

新しいキャビネットの上に、古い保安器が縛られています。
この保安器は今後不要になるので、本日の工事が完了後に撤去されます。
青いケーブルが既存のネット用同軸ケーブルです。
基本的に、この青いケーブルは残置するのですが、配管サイズが14φと細いので、青いケーブルに光ケーブルを繋いで、抜き替えをします。

これがですね........配管が細すぎて青いケーブルがビクともしません...
ハシゴの上で体重掛けて引っ張るのは、まぁまぁ気持ち悪いです(^_^;)

配管の中に、これでもか!というくらい入線液を噴射して、宅内側から目一杯引きます。
何とか通りました...
電気工事屋さん、申し訳ないんですけど配管は16φでお願いしますね(u_u*)

またハシゴへ登って、宅内側と引込側の光ケーブルを、メカニカルスプライスを使って接続します。
ハシゴ上で髪の毛ほどのケーブルを扱うのは、なかなか神経を使います。

キャビネット内へ整然と収めます。

引込側はこれで完成。

宅内へ戻って、末端に光コネクタを取付けます。
受光レベルを測定して、異常がない事を確認し、S-ONUへ接続します。

S-ONUの電源を入れて、持参パソコンで速度測定を行います。

100Mbpsのサービスで、上下90%以上の速度が出ました。
いつも安定してて、惚れ惚れしますね(*´艸`*)

あとは既存のWi-Fiルーターへ接続して、通信ができる事を確認いただいて、ネット工事は完了です。

さて、アンテナの方に掛かります。
BSアンテナは元々設置されていますので、これを流用します。

CATVとBSはどうやって混合してるのかと思ったら、2分配器を逆接続していました。
まぁ間違いではありませんけど、、、

BSの電源はどうしてるんだろうかと宅内設備を見てみると、CATVのブースター手前で2分配で分けて電源部を入れていました。
これも間違いではないですけど、まぁまぁなレベル損失ですよね(^_^;)
今までよくBSが映っていたなぁと、逆に感心します。
この辺はすべて撤去しますね。

地デジ用のUHFアンテナを設置して、松山本局を狙います。

本局の送信塔が目視できるので、受信レベルは十分です。

エラーもなく、キレイに受信できています。

地デジとBSの混合ブースターを、アンテナ付近に設置。
メンテナンスしやすい様に、ベランダ側へ取付けました。

ごちゃごちゃしていた機器を撤去して、ブースター電源部を設置。

各部屋のテレビユニットで、受信レベルを測定しながら、

ブースターの出力レベルを調整します。

あとはテレビのチャンネルを再設定して、きちんと映ることを確認していただいてお引渡しです。
「ありがとうございます。これでネットも快適に使えます。またいろいろとお世話になりますね。」と、お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。