ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年3月26日木曜日

設置場所に難があり一日掛かりのエアコン新設工事

いつもお世話になっているお客様のご依頼で、エアコン新設工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-AXV2819-W ムーブアイ搭載霧ヶ峰をお買い上げいただきました。


取付けるお部屋は2階子供部屋。
長方形のお部屋に、二段ベッドが2つ。
さすがに寝ている頭の上にエアコンは付けれないので、取付けれる場所はここしかありません...


ただし、外側にはシャッターボックスがあるので、そのまま配管穴を開けることもできません。


そしてエアコン専用コンセントはこの位置。

ベッドが無ければこの位置に取付けてもいいんですけど...

では作業に掛かります。
実は、またまた阿部は腰痛がぶり返して、最悪の状況でスタートです。

位置決めをして配管穴を開けていきます。


ここから天井裏を通して、エアコン専用コンセントのケーブルを通すつもりだったんですけど・・・

コンコン...え?
コンコン...あれ?

既存のコンセント側からやって見るも...
コンコン...うそ?...(´;ω;`)


天井裏へ呼び線が通りません...
下見をしたハズの天井裏へ。

あぁ...梁のところまで壁が立ち上がってるので、通る訳がありません...
立ち上がっている壁に天井裏から穴を開けれれば通らない事もなさそうですが、屋根の傾斜があるのでその場所まで入っていく事ができません。

ここで作業を止めて、お客様にご説明。
「通らないものは仕方ないです。阿部さんにお任せします。子供部屋なんで、見た目は気にしませんから大丈夫ですよ。」ということで、作業を再開。

先にエアコンを取付けていきます。
と言うか、朝イチに開始した作業は、既にこの時にお昼です...

左配管接続なので、室内機のカバーも基板も外して作業スペースを確保。
これだけでもかなりの時間消費です。

外部配管はスリムダクトで化粧仕上げ。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


真空引きをしている間に、コンセント延長を。

プラモールを使って延長しました。
塗り壁なので、モールはすべてビス留めです。
ここもかなりの時間が...

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。

屋外のコンセントの分岐延長もご依頼いただきましたが、写真撮り忘れです。
全部終わったら、夕方5時過ぎていました...
もう腰が痛いのも麻痺して、体中が痛いです...(´;ω;`)

「ありがとうございました。めんどくさい工事お願いしてすみません。これで子供も快適に勉強ができると思います。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2020年3月23日月曜日

約20年お使いのエアコンを寿命を迎える前に取替工事

以前、リビングの天カセエアコンの取替工事をご依頼いただいたお客様のお宅へ、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2519-W・MSZ-GV2219-Wをお買い上げいただきました。

年末にカレンダーをお届けさせていただいた際に、「新築の時に取付けた古いエアコンがあるんやけど、そろそろ寿命だと思うんで、夏までに取替えをお願いしますね。」と相談いただいていました。

夏まででもいいんですけど、エアコンは年単位でモデルチェンジします。
特に安価モデルは春にモデルチェンジされるため、この時期が一番お安くなっています。
新年度モデルに切り替わると、ポンと価格が跳ね上がりますので、「夏までに」とご検討されているお客様には、この時期をお奨めさせていただいています。

では工事に掛かります。
まず1台目は、2階寝室、室外機ベランダ置き。
懐かしいナショナルのエオリアです。


撤去しました。


さて、この頃のエアコンはコンパクトさが売りでしたから、取付ける業者さんもできるだけ天井に近いところに付けていましたね。
したがって、配管穴の位置も自ずと高い所に開いています。

最近のエアコンは、高さが30cmのものがほとんどです。
※一部コンパクト型として25cmのものもありますが、高級機種の部類に入ります

基本は天井面と室内機の天面を3cm以上空けてやらないといけません。
なので、配管穴を少し下げます。


配管穴には貫通スリーブを挿入して、下げた分の隙間はパテ埋めを行って、気密性を確保します。


位置決めをして、背面板を取付けます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


ベランダ周りはこんな感じで完成。
スリムダクトは既存のものを流用です。


ドレンは垂れ流しにせず、塩ビ管を使って排水口まで導きます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認して1台目完了です。

2台目は、1階和室、室外機地上置きです。
こちらも懐かしいエオリアです。


撤去しました。

こちらは2階と違って外側に庇があるため、穴の位置が低いところに開けられています。

配管穴に貫通スリーブが入っていないので、気密性確保のため挿入しておきます。


位置決めをして、背面板を取付けます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


外周りはこんな感じで完成。

泥ハネ軽減のため、ブロックを敷いています。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。

霧ヶ峰もブラウン色があるのでお奨めさせていただきましたが、「やっぱりエアコンは白がいい」との事で、標準色タイプを設置させていただきました。

さて、これで終わりではありません。
「かなり古いエアコンがあって、ずっと使ってないので処分だけしてほしい」との事で、こちらのエアコンを撤去します。

これまた懐かしい!三洋電機のワイヤードリモコンタイプのエアコン。
30年は超えてると思います(^_^;)

撤去しました... え???

コンセントが室内機の後ろに隠れていたのは想定内ですけど、配管穴が2つ???

中を覗いて見ると・・・ うわぁ...筋交いに直撃したんですね。

手前が土壁なので、奥の筋交いが確認できなかったんだと思います。
まぁ、位置的に筋交いがある場所なので、左配管で出すべきところでしたね。

こちらは今後、エアコンを取付ける予定はないので、穴は塞いでおきます。

本当は丸い配管キャップで塞ぐんですけど、穴が2つ被って空いているので、苦肉の策でカバープレートを2枚並べて(´;ω;`)

「ありがとうございました。これで今年の夏は安心してエアコンが使えます。」と、大変お喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2020年3月17日火曜日

12年目のエアコンが故障してアタフタしない様に前もって取替工事

いつもコメントでやり取りしているFB友さんのご依頼で、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2219-W 霧ヶ峰汎用タイプをお買い上げいただきました。


既存機は富士通ゼネラル製。


新築された際のお引越しで、以前住んでいたところから移設されたものです。
年式は2008年製。12年目ですね。


特に不具合がある訳ではないそうですが、12年経過している事で、夏場の蒸し暑い時にもし故障した場合、毎年夏シーズン中は2、3週間待ちの阿部がすぐ来てくれる訳がないと思い、早目に取替えをご希望です... なんかよく解っていらっしゃる(^_^;)

ちなみに今年はコロナウィルスの影響で、もしかすると夏場にエアコンが品切れという状況になるかも知れません。

各メーカー、対策に躍起になっている様ですが、そもそも今の時点で部品がすぐ手に入らない状況ですから、持ち直したとしても数ヶ月は影響が出ると思われます。

「三菱電機は日本国内で製造しているから大丈夫」...とはいきませんよ。
他のメーカーのエアコンが手に入らなくなれば、三菱に注文が集中しますよね?
マスクやトイレットペーパーの様になるのは、普通に考えれば解ることです。

なので、昨年調子が悪かったエアコンとか、今年は買い換えようとか思っている方々は、今やっておくべきですね。

では工事に掛かります。
室内機は2階、室外機は地上置きです。
既存のスリムダクト(配管化粧カバー)は流用です。


その化粧カバーですが、これよく見掛けます。
屋外で鉄製ビスを使うと、錆びます。
はぃ、誰が考えても錆びますよね?(^_^;)
よく見掛けます。

アベ冷熱技研も外壁材の状況によって、ステンレス製と鉄製を使い分けていますから、鉄製を否定はしません。
ただし、上からコーキングはして欲しいですね。
錆びると見苦しいですから。

あと、コーキングをカバーの内側にベッタリ塗る工法...
これ、外すの苦労するんですよね。

特にこのタイプのダクトは、ツバの部分が薄いので、硬化しているとすぐにパキッと割れてしまいます...
今回も割れました(´・ω・`)

既存ダクトを流用できるかどうかは、前回施工した方の技術力に掛かっていると言っても過言ではありません。

この、通常パテ埋めをするところに、コーキングをこれでもか!というくらい流し込んでいるところを見ても、この施工した方は取外し作業をした事がないのかな?と感じてしまいますね。

そもそも、コーキングが隙間だらけで、意味がありませんが...(^_^;)

室内機を取外しました。
外す前から、嫌な予感はしてたんですけど、当りですね...

この冬場に、室内機を外すと水が出てきたので、もしかしてと思った訳ですが、配管穴の位置が高いので、ドレン水も逆勾配で流れませんよね。

もちろん、新しい室内機でもこの位置ですから...


仕方ないので、きちんと状況をご説明の上、許可をいただいて配管穴を開け直します。


気密性を確保するため、貫通スリーブを挿入。

残った穴の部分には、しっかりとパテを詰めておきます。

位置決めをして、背面板を取付けます。

通常、左配管の場合は室内機を持ち上げて配管接続を行いますが、天井面ギリギリのため持ち上がらないので、先に配管を接続してから取付けています。

そもそも穴の位置をなぜもっと下に開けなかったのかが、意味不明です。

室内機と天井面とは、やっと室内機を掛ける事ができるスペースしか空いていません。


外壁側の穴も開けましたから、マンションなどで使用するツバが大きめのウォールカバーに取替えました。

雨水が侵入しない様に、ツバの周りをしっかりとコーキングしてあります。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。

「ビシッとやってもらってありがとうございます。夏寝る時に暑いのは耐えられないんで、早目に取替えてもらえて良かったです。ずっと阿部さんにやってもうらおうと思ってて、やっと叶いました。またお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。