ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年8月20日火曜日

久々に見たもの凄い施工品の手直し工事

午後から、エアコンの手直し?修理?取付け直し??にお伺いしてきました。

今回初めてご依頼いただくお客様で、写真と共にお問い合わせメールをいただきました。

いやぁ...久々に凄いの拝見させていただきました(^_^;)

室外機側もやってますねぇ...


以下、8月始めにいただいたお客様メール内容↓
-----------------------------
初めてメール差し上げます。
以前、引越時に自分でエアコンの取り付けを行ったのですが、壁の穴の位置がエアコンのと逆だったため、とりあえずこんな形で取り付けて、そのままになっております。
このままでは使えないので、そのままになっています。(無理に使うと、パイプからぽたぽた水が漏ってきます)
私にはパイプをいじる技術がないのですが、正常な状態にするにはいかほど料金がかかるでしょうか。
-----------------------------

以下、阿部返信↓
(大まかな金額提示後)
-----------------------------
ご自分で取付けされたとの事ですが、真空引きはどの様にされましたか?
真空引きされていない場合は、機器内のガスに空気が混じっている可能性があるため、手直ししても正常に動作する保証は一切できません。
室外機の外観から、この年式にこれ以上お金を掛けるメリットは薄いと思いますがいかがでしょうか。
もし当社へ工事をご依頼いただける場合、8月下旬となりますので、合わせてご検討ください。
-----------------------------

1997年製品です。


普通の方なら諦めるのですが、しばらくしてご依頼のメールをいただきまして...(^_^;)

本日お伺いさせていただき、再度デメリットをお伝えさせていただきましたが、「いいです、やってください。もし使えなくても料金はお支払いします。」との事で、作業に掛かります。

早速、これは・・・という箇所を発見。

ガス漏れした形跡ですね。
ガスが残っているのか調べてみましょう。

0です。ゼロです。全く無しと言う意味です...(´・ω・`)

ガスはR22と言う、旧式のフロンガスです。
嫌な予感がしていたので、事前に品番を教えてもらっていて正解でした。

フロンガスを規定量充填となると、追加費用が結構掛かります。
ここで作業を止めるか、進めるか、お客様にご説明...

「いいです。お願いします。」
そうですか...やりますか...(^_^;)

では全撤去に掛かります。

この配管が急激に曲がっているところが、非常に気になります。

やっぱり... かなり無理された様子ですね。

ここで儲けに走る業者さんなら配管全部取替えという流れになるんでしょうけど、阿部は使えるものは使う、できるだけ費用を抑えるという、ある意味貧乏性?な人間ですから、折れているところはカットして、既存配管流用です(u_u*)

室内機から配管を外す時、室内機が落下しそうになりました(+_+)
原因はこれ。

石膏ボードにビスだけ...

数カ所にプラグを使っていましたが、これはコンクリート用ですが...

引っ張ったらスッポリ抜けました(;・∀・)

全撤去完了。既に汗だくでクラクラします...


室内機の取付位置を少し変更して、背面板を設置。

下地がない壁なので、しっかりとボードアンカーで留めておきます。

室内機を掛けます。

室内機を穴に合わせず上に上げているのは、収納扉が当たらない様にするためです。

配管類を接続していきます。


配管がぐにゃぐにゃだったのでクセを取るのに苦労しましたが、なんとかこんな感じでテープ巻き仕上げ。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管と機器内部をしっかりと真空乾燥させます。


フロンガスを充填するため、少量ずつガスを入れながら冷房運転。


通常は名板に書いてある規定充填量を入れるところですが、配管距離が短いのと、寿命もそう長くはないので、運転ガス圧を見ながら充填します。


冷房運転に適正なガス圧になり、冷風が出始めて作業完了です。


室外機周りはこんな感じで完成です。

室外機のところは段差があって一段上がっているので、これも費用を抑えるため、プラロックを使用していません。

室内機周りはこんな感じで完成です。

室内機...とりあえず拭いてみたんですけど、キレイにはなりませんでした(^_^;)

「わぁ。動いてますね。ちゃんと冷えてるし。あまり冷房使わないんですけど、さすがに最近暑いんで...。よかった。ありがとうございました。」と、大変お喜びいただきました(^^)

ちなみに、基本的に繁忙期はこの様な修理は承っておりません。
今回のお客様は、2週間でも3週間先でもかまわないと言う事でしたので、お引き受けさせていただきました。
この猛暑を耐えれる方は、おチカラになれるかも知れません(^_^;)

2019年8月17日土曜日

ドピーカン灼熱の屋根上で半日掛かりのエアコン取替作業

お盆休み明け(ほぼ事務仕事で休んでませんが)の初日。
松山では台風の影響もなく、午後から快晴になりましたね。
そんな気温がぐんぐん上がり始める午後から、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2819-W 霧ヶ峰標準タイプです。


お客様はいつもお世話になっている、いちやなぎクリーニングさん。
今回は店舗のレジ側のエアコンの故障での取替えです。
既存機は三菱重工製。

エラー点滅で、無反応です。

室外機はすべて屋根上に設置されているため、ハシゴで上がって点検します。


点検にお伺いした際も雲ひとつ無い快晴で、5分と居られません...


一台だけぽつんと置かれているのが、故障機です。

室外機が動いていません。
恐らく室外機側の電気系統の不具合だと思われますが、この年式の部品などあるはずも無い訳で、即取替えの判断です。

しかしこれ、何考えてるんですかね?
屋根にビス打ち込んでますよ???

2年ほど前に屋根の葺き替えをした際に、屋根屋さんが連れてきた業者さんがやったんでしょうね。
新品の屋根にビス打つなんて、とんでもない業者です...

で、今回取替えに当たって、室外機の置き場所を、この位置にしようと思います。

波板屋根の方は弱いですからね。

問題はこの高さで、どうやって室外機を上げ下げするか。

とりあえずお見積りをさせていただいて、快諾いただきました。

盆明けまでは日程が詰まっているのと、応援の段取りが立たないので、盆明け初日の本日、取替えにお伺いしました。
盆休み中ずっと天気が気になって、「晴れます様に」って神様にお願いしてたんですけど・・・

最悪のドピーーーカン!になりました...(TдT)

いや、雨より全然いいです!ありがとう神様!(´;ω;`)

では作業に掛かります。
ここに新しい室外機を置きたいんですけど、スペース的に隣の室外機が邪魔です。


一度外して、横へ移動します。

もうこの時点で、作業着はビショビショ。手先がしびれてきました。
その辺を間違って素手で触ると軽く火傷する、過酷な環境です...

なんとか既存機を撤去して、新しい室内機を取付けていきます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。

ハッキリ言って、外より室内の方が暑いです...(TдT)

スリムダクトは既存流用しますが、配管は新しいものに取替えます。


配管作業が終わると、新しい室外機を持ち上げます。

そうです、持ち上げるんです。
バンザイの格好で、室外機を一気に押し上げます。

あ、屋根上には、今日仕事が休みの弟がロープで補助してくれています。
引っ張り上げるんではなくて、もしもの場合に室外機が転落しない様に。
え?阿部が転落したら?... 終~了~です(^_^;)

まぁ、上げるのは比較的楽なんです。(慣れてるので)
下ろすほうが大変です。

こちらは肩に担いで、バランスを取りながら、呼吸を合わせてゆっくりと下ろしました。
かなり腰にきますね...

この上げ下ろしが終わったら、後はいつも通りの作業です。
暑さで息が上がってる親父と弟には、先に帰ってもらいました。

じわじわと日が傾いて、西日が強くなります。

水筒はからっぽ。自販機で買ったペットボトルは、一気に無くなりました。
後は気合です(´;ω;`)

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


屋根上周りはこんな感じで完了です。

古い室外機が傾いてるのとか、おおばしくて錆びているアングル架台とか、この屋根上整理したいんですけど、まぁそこはいろいろと...

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。

「わぁ涼しくなった!いつも急ですみません。これで来週から涼しくできます。ありがとうございます。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2019年8月12日月曜日

両隣との隙間がほとんどない事務所兼住宅で新規配管エアコン取替工事

祝日でお休みの日ですが、昨日と言い、全く休んでいる時間はありません...

本日はネット検索でアベ冷熱技研を見付けていただいた、初めてのご依頼の会計事務所様にて、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-JXV7119S-W 霧ヶ峰ハイスペックモデルをお買い上げいただきました。


当初ご相談いただいたのは、こちらの入替えでした。

あまり見掛ける事ない、富士電機総設製の天井カセット形2方向吹出しパッケージエアコンです。

冷房の効きが悪く、タマにリモコンが点滅して止まってしまうそうです。


室外機は階段踊り場の下へ設置されていました。

かなり運転音が高いですから、コンプレッサーの不具合の様です...

お客様のご希望は、事務所が奥に向かって長方形なのに左右にしか吹出しがないので、今回の取替えで、4方向吹出しタイプにして欲しいと言うお話でした。

パネルを外して天井裏を調査してみると、スペース的には4方向吹出しでも取付け可能ですが、天井開口部が長方形で、長手方向が4方向のパネルで隠れないため現実的ではありません。

それより既存配管やケーブルサイズが気になったので、室外機のところをチェック。
やっぱり... 前にも他の現場であったんですけど、配管サイズが2分5分...

一般の方には解らないと思いますが、このペアでは流用できません。

配管を入れ替えるしかありませんが、2階の事務所から立ち下がっている配管はこの位置...

隣との隙間は30cmもありません...
もちろん、ハシゴなんかは立ちません。
ここで安全に作業するためには、足場が必要です。
これも現実的ではありませんね...

その配管、どこを通ってるんだろうと追っていくと...


ダメダコリャ...ですね...
完全に挟まれていて、撤去すらできません。

もう既存配管は使えませんね。

さてどうする???

ひとつ提案があります。
もぅ、業務用エアコンを一旦頭から外してください。
家庭用ルームエアコンでも、冷房能力の高いものもあります。
事務所が長方形なんですから、壁掛タイプで長手方向へ吹出す方が効率がいいですよね?

と言う訳で、ルームエアコン新設という方向でお話を進めていく訳ですが、さてどこへ取付ける?
しばらく悩んでいると、お客様が「ここはどうです?」。

おぉ、ここなら分電盤も近いし、配管を一度給湯室側に通せば、見た目もキレイに納まりますね。
早速その方法でお見積りを提出させていただき、快諾いただきました。

問題は工事日程...
かなり予定が詰まっていますが、「事務所が暑くて仕事にならないので、できるだけ早めにお願いします。」との事で、祝日休み返上でお伺いしました。
なんと言ってもエアコンが間に合って良かったです。

早速作業に掛かります。
まずは給湯室から外壁側へ向けて、配管穴を開けます。
外壁がALC壁なので、壁内に鉄骨やブレスがないか探査器で入念にチェックします。


位置が決まったら、配管穴を開けていきます。


室内機側も配管穴を開けておきます。


配管穴に合わせて、背面板を取付けます。


給湯室側にスリムダクトを取付けます。


外壁側にもスリムダクトを取付けていきますが、作業はこんな感じです...(^_^;)

電動ドライバーも真っ直ぐには使えません...

スリムダクトの取付けが完了すると、配管を通していきます。
配管サイズが2分4分なので、かなり入れ辛いです...

簡単そうに書いてあるでしょ?
ダクトと配管入れるのに、4時間ほど掛かってますからね(´;ω;`)

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


ダクトにカバーをして。


立ち下げはこんな感じ。

かなり狭いスペースで、配管を曲げながら通して接続するのは、なかなかキツイ作業です。

電源はモールを使って、分電盤裏側から。


既存機のケーブルを外して、新しいケーブルに接続しなおします。


室内機のところにコンセントを取付けて、電源工事完了。


外部もカバーを取付けて。


ドレンは柱に沿って立ち下げました。


配管は延々と...


延々と...


延々と...


延々と...

配管長14m引っ張りました... もぅ腕が棒の様です...(´;ω;`)

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。


新旧交代。既存の室内機はオブジェとして残ります(^_^;)


「簡単にできるのかと思ったら、結構大変な工事でしたね。急いでもらってありがとうございました。これで盆明けからまた涼しく仕事ができます。また何かあったらお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

持ち帰った室外機は、フロン排出抑制法に基づいて、機器内のフロンガスを回収します。

回収ボンベに回収したフロンガスは、破壊処理業者へ持ち込み適正に破壊処理されます。
この様に、業務用エアコンは家庭用エアコンの家電リサイクル法とは違い、フロン排出抑制法の扱いになります。

アベ冷熱技研は「第一種フロン類回収業者(愛媛県)」で、「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。