ラベル 修理作業 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 修理作業 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年11月11日水曜日

大洲のファッションホテルでエアコン取替工事と修理作業

今日は朝イチで松山を出て、一日大洲でエアコン工事と修理にお伺いしてきました。

場所は「ホテルフォレスト」さん。
以前にもこのBlogで書きましたね。
こちらのオーナーさんは、以前からのお客様で、FB友さんでもあり、同い年で共通の悪友がいると言うことで、かなり仲良くいろいろとお声掛けいただいています。

今回のお部屋もオシャレな感じです。


かなり前から「阿部さんの空いている時でいいんで。」とご相談を受けていましたが、やっと先月調査にお伺いしていました。
この部屋、なぜか天カセタイプと壁掛けタイプが設置されています。

両方ともあまり調子が良くなく、メインは天カセなんですけど、夏の暑い日には壁掛けタイプも運転しないと効かないという状態でした。
天カセは5.0kw、壁掛けは4.5kwなので、部屋の広さからいくと、どちらか1台でも十分効く能力なのではありますが...

今回、修理とかではなく、年式も古いので取替えをご希望です。
当初は天カセを取替える予定で調査にお伺いしていました。

室外機はどこにあるんだろうかと思ったら、裏の草むらの中に...(^_^;)
いやぁ、この配管の施工も凄いなぁ...
裏の方が土地が低いので、一般住宅の3階建てくらいの高さになります。

既存機はダイキン。
取替えをご希望なのは三菱電機。
阿部がダイキン嫌いなのをよく知っていて、オーナーさんも感化されています(^_^;)

しかし、天カセの埋込寸法がダイキンと三菱では違うため、大工工事も絡んでくる大工事になります。
予算的にも難があり、いろいろと検討した結果、壁掛けの方を取替えると言うことで決定し、本日お伺いしてきました。

壁掛けタイプの室外機は、隠蔽配管で駐車場の脇に設置されています。
なぜこんなところに置いたのかは意味不明です。

懐かしい三洋電機製です。
阿部はサンヨーの大ファンでしたが、パナソニックに吸収されてこの世から消えてしまいました...

取外しに掛かります。
とりあえず運転はできるので、ポンプダウンしてフロンガスを室外機側へ回収します。


既存機を撤去しました。
隠蔽配管は流用します。


コンセントが無いから嫌な予感はしてたんですけど、コード切って直結していますねぇ。
撚り線と単線と繋ぐのは、あまりよろしくありません。
接触不良で発熱する事があります。
特に200Vなので、危険ですね。

配管穴の位置が高すぎるので、少し下げて開口を広げます。
コンセントを取付けるための開口も新たに。


ここにコンセント開口を作ることによって、壁内のドレン管への接続確認も可能になります。


位置決めをして、背面板を設置。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


室外機周りはこんな感じで完成。
冬場は室外機の底からドレン水が出るため、駐車場が水浸しにならない様に、塩ビ管を使って表の方へ導きました。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。


三菱電機 MSZ-AXV5620S-W ムーブアイ搭載霧ヶ峰をお買い上げいただきました。


さて、天カセをどうするかと言うと。


室外機と、外部配管のみ撤去します。


ポンプダウンをするためバルブキャップを外そうとしたら、バキバキ!!!
バルブを支持しているボディが腐っていて、もう少しでフロンガスが吹き出るところでした...(´;ω;`)
ダイキンは底の部分が弱いんですよねぇ...
特にここは湿気が多いので余計にです。

なんとかポンプダウンできて、配管撤去に掛かります。
ハシゴは貸してもらえるということでしたが、、、
届きません(^_^;)


「無理だったらいいですよ」のお言葉に甘えて、届くところまで撤去。
う~ん、うちのハシゴ持って来るべきだったか。

天カセの室内機はしばらく置いておくことになっています。
外してしまうと、天井を塞ぐのが大変だからです。

さて、これで終わりではありません。
他のお部屋の修理も承っております<(_ _)>
こちらのお部屋はまた雰囲気がガラッと変わりますね。

これまたダイキンの天吊自在形 ワンダ風流とか言う、特殊な室内機。
ファンモーターが唸って、もの凄い音を立てています。

ファンモーターの不具合ですね。
ダイキン、よくあります。
調査の際に確認して部品を手配していたので、修理に掛かります。
分解していきます。

ファンとファンモーターを繋いでいる軸受のナットを外しましたが、、、外れません。
油刺しても、ハンマーで叩いても、固着していてビクともしません。

仕方ないので、ファンを壊して外しました(^_^;)


ファン壊したら後で使えんじゃないかと思いました?
実はファンも一緒に取り寄せていたんですよね(*´艸`*)
ダイキンですから。
こんなことは想定内です。

新しいモーターに取替える前に、内部のホコリを掃除機で取っておきます。
熱交換器にはホコリが固着していて取れませんでした。
洗浄したらいいんですけど、今回はそこまで行いません。

ファンモーターを取付けて。


新しいファンも取付けて。


元通り組み上げて、試運転。

異常がない事を確認して、お引渡しです。
今日中に完工できるかヒヤヒヤで、昼休憩もまともに取らずに頑張ったので、4時過ぎには終われました(*´ω`*)

これで今晩から二部屋とも快適にご利用いただける様になりましたね(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2020年9月25日金曜日

ガス漏れで効かないエアコンを修理ついでに分解洗浄

初めてのお客様から、エアコン修理と分解洗浄をご依頼いただきました。


三菱電機 MSZ-AXV563S-W(2013年製) スタンダードタイプです。
以前からアベ冷熱技研のBlogをご覧いただいていた様で、春頃にエアコン分解洗浄をご依頼いただくつもりがコロナの影響でタイミングを逃してしまい、その矢先にエアコンの調子が悪くなり、今回修理をするか買い替えをするかでご相談いただきました。

先々週、現場を終えて帰り際に点検にお伺いしていました。
室外機は1階ベランダに置かれていて、


配管は新築時に隠蔽配管されています。


室内機から風は出ますが、冷えません。
ガス圧を測定してみます。


あぁ...ほとんど残っていませんねぇ...(冷房運転状態です)
どこから漏れているのか探っていきます。
室外機の方からは漏れている形跡はありませんでした。

室内機の方を探っていきます。


施工不良だろうと思っていたんですけど、残念...

ここから漏れていますね...
なんか今年は三菱霧ヶ峰の不具合が多くて、ちょっと残念です。
でもまぁ、それ以上に他社の不具合の方が多いんですけどね。
品質が落ちたのか、近年猛暑が続いて負荷が増えたためか...

買い替えか、修理か悩まれていましたが、まだ7年です。
他のメーカー品なら7年経過していると買い替えをお奨めしますが、霧ヶ峰ですから。
まだ部品もありますし、絶対修理の方がお得ですね。

お見積りをさせていただき、修理のついでにエアコン分解洗浄もご依頼いただきました。
どうせ分解して部品取り替えするので、ついでに洗浄する方が気持ちよくお使いいただけます。

まずは室内機をお預かりするため、取外しに掛かります。


いやぁ、この施工された業者さん、隠蔽配管の経験薄いんですね。

ドレンホースが右側に接続されているため、ホースの中にたっぷりヘドロが溜まっていて、外す時にエライ目に会いました...

配管接続のところは断熱が甘く、常に湿っていた様で、白化してしまっています。
3分側のナットは、力いっぱい締められている上に腐食しているので、まったく回りません...

仕方ないので、熱交換器側でカットしました。

永年露垂れしていた様で、背面板も錆びてしまっています。


なんとか取外し完了。


持ち帰った室内機を分解していきます。
しかし凄い汚れですね(^_^;)
ご自分で手の届くところを掃除されてみた様ですが、それでもこんな感じです。
分解しないと掃除ができないのが、よくお解りいただけた様です。

今回、ガス漏れしている熱交換器はそっくり取替えるので、洗浄はしません。


お預かりした室内機を丸洗いするため、電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧洗浄機でスミズミまで丁寧に洗います。


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が終わると、しっかりと乾燥させて組み立てていきます。
新しい熱交換器に変わりました。

そして本日、取付けにお伺いです。
室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


右に接続されていたドレンホースは左の方へ接続して、スムーズに排水ができるようにしました。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


真空引きが終わると、フロンガスを規定量充填していきます。


この機種は1.15kgです。
これだけのフロンガスが大気中に漏れ出したのかと思うと、残念です...

取付けが完了すると、試運転開始。


ガス圧正常。


吹出温度良好。


霧ヶ峰復活です!

「ありがとうございます。新品みたいにキレイになりましたね。また何かあったらお願いします。」と、とてもお喜びいただきました(^^)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が点検修理や分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。