2020年8月6日木曜日

動いたり動かなかったりのダイキンを撤去して三菱霧ヶ峰へエアコン取替工事

先月初めにエアコン新設のご依頼をいただいたお客様から、「阿部さん、2階のエアコンが動かなくなったので取替えをお願いしたいです。この前に一緒にやってもらったらよかったです...」とご連絡いただき、午後から取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2220-W 霧ヶ峰標準タイプをお買い上げいただきました。


既存機はダイキン製。
2003年製造で、17年目です。
実は先月、運転ランプが点滅して動かなくなっていました。
阿部がお伺いして、コンセントを抜き差し後に電源を投入すると、、、動きました(^_^;)
またダイキンあるあるで、正常に冷えていました。

「ちょっとこれでしばらく様子を見てみます。」との事で、その時は帰ったのですが。
しばらく日が経って、「やっぱりダメです。今度は何しても動きません。お忙しいと思いますから、阿部さんの都合のいいときに取替えをお願いします。」とご連絡いただき、本日お伺いしてきました。

室外機は屋根置きです。
今日は午前中も屋根置きでしたが、救いは北側で直射日光を浴びないですむ事。
暑いのには変わりないんですけどね(;´Д`)


こちらのお宅、外壁をサイディングリフォームされていて、配管がこんな感じに埋められています。
これ外すの苦労するんですよねぇ... 外壁塗装とかサイディング貼る時は、エアコンを一度外すのをお奨めします。

かなり苦労して室内機を撤去。
背面板はモルタル壁に直接ビスで留められていましたが、一本も効いていませんでした...

配管穴はサイディングにびっちりコーキングが塗り込まれている上に、奥にある古い外壁のところには古い硬化したパテが残っています。外しにくい訳だ...


庇の下に穴を貫通させるために、かなりの角度を付けて下向きに穴を開けているので、貫通スリーブが入りません。
そのため、内側からパテ埋めをしていたみたいですが、パテから滲み出たオイル分が壁に浸透してしまいっていますね。

室内機を外すと、ポロポロと黒いものが出てきました。
ネズミのかな?と思いましたが、ネズミ特有の臭いがなかったのでお聞きすると、以前コウモリが居たとの事で、これはその残骸の様です。
コウモリはネズミの様にエアコンを痛めたりなどの悪さはしませんが、悪い菌を持っている事があるので、出入りされるのはよくないですね。

新しいエアコンを取付けていきます。
位置決めをして、背面板を取付けます。
スライド金具でしっかりと取付けています。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


スリーブが入れれないのでキャップを取付けて、その上からしっかりとパテ埋めを行い、小動物の侵入を防止します。


外部配管はテープ巻き仕上げ。
配管穴もしっかりパテ埋めを行い、上からコーキングをしています。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


屋根置台は既存のものを流用です。
室外機を留めるビスが錆びていたので、錆を落として軽く塗装を乗せておきました。
こうする事で、次回取替時に取外しやすくなります。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。
「お忙しい中、ありがとうございます。しっかり取付けていただいて、安心して使えます。また何かありましたら、阿部さんにお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

19年使ったエアコンがリモコンに反応しなくなったので取替工事

いつもお世話になっているお客様から、「阿部さん忙しいんやろぉ~。一番忙しい時に申し訳ないんやけど、息子の部屋のエアコンが使えんなってなぁ~」...と、ご連絡いただき、今朝取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2820-W 霧ヶ峰標準タイプをお買い上げいただきました。


既存機も霧ヶ峰です。
2001年製。19年目です。
リモコンで操作しようとすると動きません。
本体の試運転スイッチなら動作します。
他のお部屋の同じ三菱製のリモコンでも動作しないので、本体側の受光部の不具合の様です。

既に19年経過していますので、修理ではなく取替えをご希望です。
既存機は移設してきたもので、4.0kwとお部屋の広さには少し大きめでした。
今回設置するのは10畳用でご提案させていただき、「フィルター自動掃除機能とセンサー機能とかははいらない」との事でしたので、シンプルなGVタイプでご依頼いただきました。

室外機は屋根置きです。
お客様は「阿部さんに移設してもらった」と言われましたが、どうも当社の施工じゃない感じです(^_^;)
この隣のお部屋に取付けたのは憶えていますけど...

この屋根置台も当社が扱っているメーカーのものではありません。
海が近いので、どうしても錆の進行は早いですね。
今回、この架台も取替えます。

では作業に掛かります。
既存の室外機と架台を撤去。


足場の悪い屋根上で36kgの室外機を一人で入れるのは、全身から汗が吹き出ます(;´Д`)


室内機も撤去しました。
取付けるより、撤去の方が大変な作業です。

新しい室内機の背面板を設置


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


新しい屋根置台は溶融亜鉛メッキ仕上げなので、塗装品より腐食しにくくなっています。


これまた新しい室内機を窓から搬出。
こちらは撤去品より10kg以上軽いです(^^)

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


室外機周りはこんな感じで完成。


能力ダウンしたので、コンセントを200Vから100Vへ切り替え。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引渡しです。
「暑い中、大変な工事お願いしてごめんなさいよ。やっぱり阿部さんや、きれいにしてもろてありがとう。次は早め早めにお願いしよわぃね。」と、大変お喜びいただき、たくさんのお土産をいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2020年8月5日水曜日

音溶 oto-dokeさんの店舗移転に伴うエアコン取付けと電気工事が完了

2年前に旧店舗のエアコン取替工事をご依頼いただいた「音溶 oto-doke」さんが、店舗移転をされるという事で、今年4月から取り掛かっていた工事が完了しました。


ご相談いただいたのは3月。まだ涼しい春でした。
「移転を考えてるので、現地を見てもらっって相談に乗って欲しい」との事。
 
テナントビルの1階。と言うか、半分地下という感じの、いかにも音溶さんにピッタリの物件(^_^;)

電気設備は古いですが、電灯回路のメインが50A。使おうと思えば動力回路もあります。
 
今回は動力契約は行わず、電灯契約のみで進めていきます。

天井裏は十分なスペースがあるので配線はやりやすそうですが、この吹付けがアスベストっぽくて嫌な感じがします。。。
 
ブレーカーに記載の製造年から見ると、アスベストかそうでないか微妙な年代でした(´・ω・`)
気を付けて作業に当たらないといけませんね。

電気工事はさほど難しい感じではありませんが、問題はエアコン。
室外機を置く場所で悩みました。
 
飲み屋街ですから、テナントビルが密集していて、隣との境界間隔がほとんどありません。

不動産屋さんは「屋上に置いてください」と軽く言いましたけど、屋上まで6階ですよ。
足場組まないと配管立ち上げできませんし、配管距離長すぎてエアコンの負荷が大き過ぎます。

前にこのテナントを借りていた方は、この共用スペースに室外機を二段置きにして使われていたみたいです。
 
ここに置かせてください。
「ここは共用スペースなので無理です。前の方は無許可で置いていました。」
じゃぁエアコン取付けできませんから、うちは撤退させていただきます。
「え?いや、それは,,, じゃぁどんな感じに設置されるのか、図面描いていただけますか?それで交渉してみます。」
という訳で、しっかりとしたプランを作ってお渡ししたところ、即OKいただきまして(^_^;)

正式にテナント契約されて、4月に入ってから内部工事に掛かりました。
「阿部さん、ある程度できたのでお願いできますか。」とご連絡いただいてお伺い。
 
え?一旦ボード全部剥いでやり変えてるんですね?(^_^;)
そうなんです、オーナーさんが内装はすべてDIYで行います。

天井開口があるうちに電気工事を行っていきます。
200V専用回路を2つ増設するので、ケーブルを通していきます。
 

天井裏を気にしながら、完全防備で作業を行います。


所々、既存のコンセント回路などが残っているので、すべての回路をチェックし直して、流用できるものは流用していきます。


エアコンや換気扇、スイッチ、コンセントに至るまで、すべてオーナーさんの支給品です。
換気扇が到着していたので、締め切った現場環境を良くするため、先に換気扇を取付けます。


換気用のダクトを使って屋外へ導きます。


排気は、もともと油まみれだった既存の換気扇を撤去して、屋外フードを取付けました。
 
換気扇は2台設置しました。
屋内は密閉されているので、排気だけでなく給気も必要ですが、これもオーナーさんがDIYで給気口を作るそうです(^_^;)

トイレには局所換気として換気扇が付いているのですが、天井裏で作業をしていて見つけてしまいました...


この換気扇、ダクトが繋がっていません...
 
そうです、トイレの臭いはすべて天井裏へ充満していた訳です。

これはテナント側の問題でしょう?とお話しましたが、聞き入れてもらえなかった様で、、、
 
これも接続しておきました。

これで、ウ◯コの臭いも屋外へ(^_^;)


ではエアコン工事に掛かります。
まずは配管穴を開けていきます。


冷媒配管とドレン管を勾配を付けて吊り込みます。


屋外は延々とテープ巻き仕上げ。
 
ここは表から見えないのと、直射日光が当たらないのでテープ巻きで十分です。

表側は美観上スリムダクトを使いますが、取り回しが複雑なので、曲がり部分はフリーダクトを使用しています。


こんな感じでくるっと。(簡単に書いてますけど、かなり苦労して通していますよ)


室内機側に戻ります。
開口はオーナーさんが位置決めをして開けてくれているので、それに合わせて吊りボルトを設置。


室内機を吊り込んで、配管類を接続していきます。
 
至るところに点検口があるので、かなりやりやすいです。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


室外機周りはこんな感じで完成。
タイル部分が水洗いしやすい様に、架台を使って室外機を上げています。


上から見るとこんな感じです。
階段を通るお客様に、風が当たらないような方向に吹出口を向けました。


パネルを取付けて。


壁が仕上がっていないので、仮にリモコンを接続して試運転。
 
異常がない事を確認して、エアコン工事が完了です。

東芝製の単相200V3馬力タイプです。安かったそうですよ(^_^;)


それから電気工事も2、3日掛けて行っていました。

ここまでが4月中の作業内容です。

実はですね、このテナント、雨が降ると水が侵入してくる事が発覚しまして、すべての作業が中断。
半地下というのがアダとなってしまった様で、防水専門業者さんが入る事になりまして、それからナント梅雨の間ずっと防水処理...

遅れに遅れて8月になりました(・o・)
という訳で本日、最後の器具付けにお伺いしてきました。
 
天井と壁は仕上がっています。床はまだですけど(^_^;)

あれからずっとFBのメッセンジャーでやり取りさせていただいていて、配線器具の開口寸法もお伝えしていたら、すべて開口してくれていました。


こんな感じで、カウンター内部のスイッチ群。


ステージ周りのスポットライトやミラーボール用のスイッチ類。


音響専用のコンセント類。
 
プレートが無いのは間に合わなかったそうで、後日ご自分で取付けるそうです。

すべての器具を取付け終えて、スイッチをON。
ON。。
オン。。。
あれ?点かない?

完全に忘れていました。
次に来た時に繋ごうと、天井裏にまとめていたケーブル達...(^_^;)
 
情けないですね。
まぁ4ヶ月前ですから、完全に頭から消えてました(´;ω;`)

はぃ。ちゃんと接続して、点灯試験完了です。
照明器具が付いていないところは、引掛けシーリングになっていて、後日オーナーさんが取付けます。
もう少し派手やかになりますよぉ(*´艸`*)

音溶 oto-dokeさん、今月末移転OPENの予定で頑張っていますが、まだ床がこの状態なので、予定は未定です(^_^;)
詳細は音溶 oto-dokeさんのWebサイトをチェックされてください!

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気設備工事や空調設備工事も、お気軽にご相談ください。