2019年9月23日月曜日

賃貸マンションの一室でリフォームに伴う電気設備改修工事

7月から取り掛かっていました、賃貸マンションの一室をリフォームするための電気工事工事が、本日最終日でした。


以前、このマンションのオーナー様の、ご自宅のマルチエアコンの取替工事をさせていただいた際に、「阿部さんはマンションとかの電気工事もお願いできるんですか?」と、ご相談をいただいていました。

7月末頃に現地を拝見させていただきました。

設備類も古くなっているので、すべて取替えるそうです。

スイッチやコンセント類は、フルカラータイプ。
二世代前の配線器具ですね。


最近は和室は好まれない様で、すべて洋室へリフォームされます。

今回のリフォームにあたり、通常は建築屋さんの下に電気工事屋が入るのが通例ですが、オーナー様のご意向で、分離発注という形で、電気工事はオーナー様からアベ冷熱技研へ直接ご依頼という形で進めていく事になりました。

分離発注式は建築屋さんにとってはやりにくく、嫌がるところが多いですけど、今回の建築屋さんは二つ返事で受け入れてくれました。
平面図もいただいたり、工程の打ち合わせもしっかりしていただいて、かなりスムーズに進めるとこができました。

では工事の模様を...と行きたいところですが、全部こと細かく書いているともの凄い量になるので、ビフォー・アフター形式で進めていきますね。

一番気になっていたところ。

これ、他のマンションでも見た事があるんですけど、天井面に電話・光ケーブル・CATVネット用LANケーブルが出ています。
そもそもの設計が悪いんですけど、ここをどうにかしたいとの懸案を。

こんな感じに仕上げました。

建築屋さんに棚を作ってもらって、もともと無かったコンセントを増設。
LANも電話も、モールとカバープレートで立ち下げました。
この棚にルーターやモデムも置ける様になって、キレイに仕上がりました。

来客はピンポンチャイムだったものを、カメラ付きドアホンへ。


この配線工事も結構手間が掛かっていますけど、何事もなかった様に。


トイレの換気扇は、洗面所と二室用。

三菱の新しいものに取替えましたが、これが一番大変でしたね。
天井剥いで、かなり苦労して取替えています。
これも何事もなかった様に。

ユニットバスも新しくなりました。

ついでに、浴室暖房乾燥機まで設置。
このマンション、賃貸ですよ。普通はここまで付いてませんね。

配線器具はすべて取替え。


コスモシリーズのスイッチは、操作性がよくお洒落です。


水回りのコンセントは、すべてアース付きです。


一部屋だけ、エアコンが設置できる様に穴が開いているのに、専用コンセントが無かったため、今回増設。

エアコン専用コンセントが無ければ、量販店などはエアコンを取付けてくれませんから。

そして分電盤。

最終的に、エアコン専用・浴室換気扇専用・レンジ専用の3回路増設になるため、新しいものに取替えます。

既存盤を撤去。


コンパクトブレーカーでスッキリと。


蓋を閉じると、こんな感じに仕上がりました。


新しいのは気持ちがいいですね。


キッチンの流し元灯を設置して、作業完了です。

「いやぁ、キレイに仕上がりましたね。また他の部屋も出たらお願いしますよ。」と、大変お喜びいただきました(^^)

帰り際、マンションから見えた夕日です。

昨晩は台風の影響でかなりの強風でしたけど、今日の夕方にはそよ風が気持ちよかったです(*´ω`*)
明日は晴れますかね?
まだまだ今月は予定がいっぱいです。明日からも頑張ります!

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事も、お気軽にご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿