ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年1月13日土曜日

ボロボロになったエアコンをピカピカの三菱霧ヶ峰へ取替工事

昨年年末に、グループホームの2階キッチンに設置されているエアコンの取替えをご依頼いただいたのを記事にしましたが、同じ2階のホールへ設置されているエアコンの、取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-FLV7118S-W ムーブアイ搭載霧ヶ峰です。


既存機はダイキン製の業務用パッケージエアコン6.3kwです。


まだ動いてはいるのですが、お掃除のしすぎ?でカバーがボロボロになっています。


お聞きすると、殺菌作用のある薬品でよく拭かれていた様です...
ダメですね。すぐボディが劣化してしまいます(^_^;)

「洗浄をお願いしたいけど、この状態ではダメですよね。年数も経ってるし、取替えします。」とのことで、この2階と一緒に1階のホールのものをご依頼いただきました<(_ _)>
1階部分は、また来週の土曜日に取替え予定です。

室外機周りはこんな感じ。


今日は一段と冷え込んでるので、室外機の排水が凍っています。

大体ですね、垂れ流しにするからこう言う事になるんです。
滑って転んだら大変なことになりますよ。
ここは後で手直しします。

はぃ、昨晩はこの松山市内でも雪が舞ってました。
かなり凍えながら作業に掛かります。


既存機は動作するので、冷房運転で配管内のフロンガスをポンプダウン。

冷房運転を行うことで、配管内部の残留オイルも回収できるので、隠蔽配管流用時はエアコンが故障する前に取替える方が、施工費用を抑える事もできますね。

外した室外機は、軽トラに乗せてフロンガスを回収します。

業務用は家庭用と違い、「フロン排出抑制法」に則ってフロンガスの回収・破壊処理を行わなければなりません。
アベ冷熱技研は第一種フロン類回収業者登録店ですので、この辺もお任せください(^^)

室内機も撤去。
隠蔽配管なので、既存配管流用です。


配管の位置が高すぎるので、下へ壁を開口します。


4分の配管で、かなり急激に曲げられていたので気になって断熱材を剥いで見ると...

いやぁ~、これ素人さんが施工したんですか?
配管潰れる寸前ですよ、まったく。

このままではフルで能力を発揮できないので、時間掛かりましたがなんとか修正。

どうやって修正したかは企業秘密です(*´艸`*)教えません。

配管接続する前に、室内機まで電源を引っ張らないといけません。
業務用は室外機電源ですが、家庭用は室内機電源ですので。

分電盤から...

点検口を使って、室内機のところまでケーブルを延長していきます。


この壁、天井裏までずっと立ち上がっているので、少し小細工をして壁内に通しています。

室内機と室外機を繋いでいる連絡ケーブルは1.6mmx3cなので、容量的に使えません。
これは既存の電源ケーブル2.0mmx3cを上手く利用しました(^^)v

やっと室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


室外機も配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


室外機周りはこんな感じで完成です。

やはりここも室外機の後ろにゴミが溜まりやすいので、ブロックで嵩上げ。
垂れ流しで溜まっていたドレン水は、排水枡側へきちんと流れる様に、塩ビのドレン管へまとめて導きました。

あとはコンセントを取付けて、ブレーカーへ接続。
電圧測定で異常なし。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「わぁ、今頃のはキレイやねぇ(・∀・)前のは音も凄かったけん、これからは夜中でも気兼ねなく使えますね。ありがとうございます。気持ちええわぁ(*^^*)」と、大変お喜びいただきました。
来週、今度は1階の取替えにお伺いさせていただきます<(_ _)>

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2018年1月9日火曜日

工事ご予約受付中止と9日現在の工事状況

年末と年始にもBlog記事でお伝えさせていただきましたが、現在、工事のご予約の受付を中止しております。
当社販売品、当社施工物件の修理対応は、できるだけ迅速に対応させていただきますので、不具合などございましたらご連絡ください。

さて、現在の状況ですが、本日からこの現場に入場しました。

仮設の3階建てプレハブ事務所へ、業務用パッケージエアコンを25台。
今月中に完工しなければなりません。

「なんかこんな写真、前にも見たことあるぞ?」って思ったアナタは、アベ冷熱ストーカー認定です(p_-)
はぃ、以前にもやりましたね。
前回は2階建てでしたけど、今回は3階建て。はぁ...これを25台です...(´Д`)


とか言いながら、銅管曲げ曲げ楽しんでるんですけど(*´艸`*)


初日の今日は何とまぁ酷い暴風で、海のそばにあるこの場所では普通に立ってるのもままならず、さすがに脚立作業はできないので、1階から掛かりました。

完全防寒... ヒートテック着てるんで動いてるとホカホカなんですけど、ぼけーっとしてると一気に体温が下がって行く過酷さです(´・ω・`)

なんか今週の天気予報、雨と雪のマークしか見えませんが、気合い入れて無事故で頑張ります。
この現場の終わりが見えた時点で、また工事受付再開させていただきますので、何卒ご容赦くださいませ<(_ _)>

2017年12月22日金曜日

エアコン1階に取付けで室外機が地上に置けないので2階ベランダへ設置

以前からお世話になっている、FB友さんでもあるお客様のご依頼で、お持ちの借家へエアコン新設工事にお伺いしてきました。

三菱電機製 MSZ-GV2217-W 霧ヶ峰汎用機です。


取付ける借家はリフォーム中で、ちょうどクロスの貼り替えが終わったところです。
設置場所は1階。


室内機は1階ですけど、室外機を地上に置いてしまうと車が入れにくくなるため、2階のベランダへ設置希望です。

はぃ、できますよ。簡単ではありませんが(^_^;)

まずは室内機の位置決めをして、配管穴を開けていきます。


配管穴には貫通スリーブを挿入しておきます。


2階ベランダの床も穴開けして、ここから配管を立ち上げてきます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


冷媒配管はスリムダクトで化粧仕上げ。

添うようにパイプが降りているのは、ドレン管(排水)です。
なぜ真っ直ぐに立ち上げないの?って思いますよね。
真っ直ぐ立ち上げると、それに沿って雨水とかが入ってきます。
曲げ箇所を作る事で、水切りの役目にもなっているんです。
ちゃんと理由があるんですよ。

この様に地上面まで立ち下げておきます。

これをやらないと、ベランダからボタボタと水が垂れてしまうのです。

配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

さくっと書いてますが、ここまで結構手間と時間が掛かってます(^_^;)

こんな感じで室外機周り完成。

なぜ二段置台なのかと言うと、2階の部屋にエアコンを付ける際に、この上に室外機を乗せるためです。

なので、それ様にドレン管も立ち上げておきました。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

実はこの借家、別のFB友さんが年明けに入居されます。
その際には、CATVの移設工事もご依頼いただきました。
今年はホント、FB友さん繋がりのご依頼が多かったですねぇ。
Hさん、Fさん、ご依頼ありがとうございます(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

エアコン故障で霧ヶ峰から霧ヶ峰へ取替工事ついでにベランダ防水塗装

5年前に、他のお部屋のエアコンの分解洗浄をご依頼いただいたお客様からのご依頼で、故障したエアコンの取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機製 MSZ-JXV2817-W ムーブアイ搭載フィルター自動掃除機能付きタイプです。


既存機も三菱霧ヶ峰でした。

2006年製で16年お使いでしたが、今年故障してしまいました。
さすがに部品がないので、取替えのご依頼です。

室外機はベランダ置き。

「ベランダねぇ...もぅ防水が古いんで、ここに室外機置くと、また防水作業する時に外さないといけなくなるんよねぇ...」とお客様。
じゃぁこの機会に先にエアコン外しておいて、防水工事されたらどうですか?
「そうねぇ、そうしようか。阿部さん二度手間になるけど大丈夫?」
全然大丈夫です。機械も手配しないといけないし、どちらにしろ予定が詰まっていてすぐにはお伺いできませんから(^_^;)

という訳で、先に既存機を撤去してしまいます。
はぃ、今回もスリーブが入っていませんね。


気密性確保、小動物侵入防止のため、貫通スリーブを挿入しておきます。


撤去完了です。
防水工事は、お客様のお知り合いの業者さんが施工されます。


10日後の本日、防水工事が完了したので、取付工事にお伺いします。
きれいに仕上がってますね(*^^*)


配管穴に合わせて背面板を取付けますが、コンセントの位置も配管穴の高さも微妙で、位置決めに苦労します。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


室内機の天面とコンセントの位置関係はこんな感じです。
コンセント、もぉちょっと上に付けるか、柱の右側に付けるべき案件ですよねぇ...


配管化粧カバーは既存のものを流用です。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


お客様のご希望で、室外機の足元には振動を抑えるために、防振ゴムを敷いています。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「新しいのは音が静かやねぇ。いつもBlog見てるんよ。この前、量販店に工事してもらったら嫌なことされてね。やっぱり阿部さんに頼まんといかんね。またお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。