2010年8月10日火曜日

リフォームに伴い、三菱電機ZXVタイプへ3台取替えをご依頼いただいていたお宅で、最後の3台目取替えにお伺いしました。

三菱電機 MSZ-ZXV280S-W (200V仕様)

既存機は基板の故障の様で、室外機が動いていませんでした。

ここまで古いと修理するにも部品がありません。

取り替えるために撤去すると・・・

うわっ、また穴の下面よりドレンパイプの方が高い。。。
それも、冷媒配管の右側にあるし(-_-;)

今回は土壁なのでどうしようも無く、「成るように成れ」と背面板を設置します。

穴の下面に背面板の下面を合わせないと「恥をかく」ので、ドレンを無視して穴に合わせます。
既存配管が短いので、少し延長しておきます。

室内機を設置して配管接続。

エアコン側面から見たところですが、冷媒配管はドレンパイプの上部をクロスする様に右側へ。
ドレンホースは、辛うじて勾配が付いて壁内パイプへ差し込みできました。
無理矢理付けた感がありますが、ZXVタイプのドレン位置の高さに助けられました。
他の機種だと無理だったかもです。

真空引き完了後、試運転、取り扱い説明でお引き渡しです。

「恥をかく」こと無く、綺麗に収まりました。

室外機は、建物裏へ並びました。

ZXVタイプが3台並ぶと、気持ちがいいです(*^^)v

今回の工事のご依頼当初、お客様はP社製のお掃除機能付きエアコンをご希望でした。
もちろん、アベ冷熱技研でもP社製エアコンを扱っています。
なので、P社製でお話を進めさせていただきましたが、現地を拝見すると「隠蔽配管再利用」でした。

あまり知られていませんが、P社製お掃除機能付きエアコンにはフィルター掃除をした際のホコリを屋外へ排出するための、排気ホースが必要なんです。
屋外に排気ホースだけ出すのもみっとも無いので、三菱電機製ZXVタイプをお奨めしました。



三菱電機製ZXVタイプは、室内機内部に「ダストボックス」を内蔵していて、フィルター掃除をした際のホコリはそのダストボックス内に回収される仕組みになっているので、余分な排気ホースの必要がありません。
また、独自開発の冷凍機オイルの仕様で、既存配管流用可能なので安心して取替えができます。

「阿部さんとこは、何で三菱電機を奨めるの?」って良く聞かれますが、こう言う所からも三菱電機の良さが判りますよね。
もちろん、特約店でも何でも無いので三菱電機からは何ももらってません(^_^;)
他メーカー品でも喜んでお見積りさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このブログを拝見し、ZXVを取り付けました。実際に使ってみて、阿部さんが薦められる理由が分かりました。音が静かなので、生まれて初めてエアコンをつけっ放しにして寝ています。ちょっと贅沢ですが、おかげでこの夏は猛暑なのに大変よく眠れます。ありがとうございました。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    素人さん、コメントありがとうございます<(_ _)>
    ZXVは冷房時の湿度設定もできるので、寝室にもピッタリですね。
    自分は旧型の機種を使っていますが、寝室が2階で暑いため、寝る前に温度28度で湿度70%に設定して寝ています。
    乾燥しないので、快適に眠れますね。
    でも、新型のミスト機能を試してみたいですねぇ。。。
    お奨めしたお客様には、「これええわぁ」と喜んでいただいているので、自分も使ってみたい(>_<)

    返信削除