2009年7月10日金曜日

3年前エアコン機器支給にて、下請け工事をさせていただいた某事務所様から、「エアコンの効きが悪い」との事で、元請けさんからご連絡いただき修理にお伺いしてきました。

電話でお話をお聞きしたところ、「室外機のファンが時々回ってないので、棒を突っ込んで回してやると回転が始まる」とのこと。
この時点で、ガス漏れなどの工事ミスではなく、ファンモーターか室外機基板の不良と判断でき、「メーカーへ修理依頼する方が早いですよ」と元請けさんに連絡しましたが、「いや、とりあえず見てくれ」とのことで本日お伺いしました。

お伺いすると案の定、「今日治るんやろ?」と第一声。
治るかどうかは見てみないと解からないことをお伝えし、点検作業に掛かります。
まずは、漏れているハズの無いガス圧測定。

少し高めですが、漏れはありません。
ガス圧が高めなのは、ファンモーターがフル回転していないので放熱が悪いためです。

一度、電源を切って入れなおすと、コンプレッサーは動き出しますが、ファンモーターが回りません。

手でチョンと押してやると低速で回り出しますが、フル回転には至りません。
ここまでの点検で、当社の工事ミスではないので元請けさんに押し付ければ良かったのですが。。。

お客様のためと言うか、設備屋としての意地と言うか、、、
基板のファンモーター電源部の電圧測定を開始。
赤・白・黒 配線間の電圧測定をします。

黒-白=AC207V
赤-白=AC207V
赤-黒=AC 34V???

赤黒間が34Vしか出ていないので室外機の基板と判断し、間違いないかメーカーの技術へも電話で確認し「間違いありません」と回答いただき、お客様へ詳細をご説明したところ。。。

「部品はどこにあるん? じゃあ直送すれば今日治るやろ。」と当然の様に話始めました。
当社で部品を取り寄せても、工事予定を考えると今度修理に来れるのは1週間後(-_-;)
お客様から元請けさんに連絡していただくと・・・

逃げられました・・・(*_*)

それから携帯電話でいろんなところに電話しました。
考えられるところすべてに。
最終的にメーカーのサービスが、明日基板を持って修理に来てくれることになりましたが、「メーカーが来たら修理代高いんやないん?」とお客様。

この1週間睡眠不足で、久しぶりにキレそうになりましたが、気を取り直して「じゃあ断りましょうか?」と一言お伝えして帰らせていただきました。

移動時間含めて約2時間の作業費は、、、無し。
使った携帯電話代も、、、自腹。
「何やってんだ俺は」と自暴自棄に。。。

この元請けさん、以前の会社でお世話になった方だったのですが、もう二度とお会いすることも無いでしょう。


追 記: アベ冷熱技研が直接お客様へ販売させていただいた商品につきましては、当然、修理完了まで責任を持って対応させていただいております。

2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: e9fd398851f8434207f8c950db794a65
    強引な方が居られますね。ごね得と思っているのでしょうが
    会社は慈善事業ではないので撤収に限ります。
    因みに学生時代にエアコンの修理補助のアルバイトをしていました。
    パッケージの修理で新品なのに外機のファンが回らないと
    クレームで行きましたが、通販で購入し素人による施工で
    過電流による基板故障。当然、保証対照外となり有償ですが
    執拗にごねられ・・・撤収しました。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    monoさん、コメントありがとうございます。
    あれからゆっくり考えてみたのですが、お客様の立場からすると、3年程度で基板が故障するのはおかしいと思いますよね。
    今回は元請けさんが逃げてしまったので、当たる人間が目の前の自分しかいなかったので、しょうがないかなと思うことにしました。
    この時期に、翌日修理に来てくれるメーカーさんはすごいと思いますが、また同じ様なことを言われるのかと思うと、お気の毒です。。。(-_-;)

    返信削除