2017年1月27日金曜日

エアコン熱交換器 ピンホールガス漏れ動画をUPしました


1月25日に書いた「ガス漏れ?のエアコン 室内機の位置を変えて取替工事」の記事で、撤去したエアコンの熱交換器。

どうしてもやってみたかったので、窒素ガスで2.0Mpaまで加圧して気密試験をやってみました↓


ちなみにこの部分、どんなに目を凝らして見つめても、穴は見えません(^_^;)
水に漬ける前にギュポフレックス(ガス漏れ検知剤)を噴き付けてみましたが、当然ですが全く反応なしでした。

かなり微量なので、暖房運転してガス圧を上げた状態でないと、リークテスターでも反応しないかも知れませんね。
実際現場で、室内機の前面カバー外さずにリークテスターで当たっても反応ありませんでしたから。。。

これ動画にしてどうする?
はぃ、ただの自己満足です<(_ _)>

2017年1月26日木曜日

計測機器・トルクドライバー校正試験のお手伝い

今日は一日、松山電気工事協同組合の事務所で開催された、「計測機器・トルクドライバー校正試験」のお手伝いをしてきました。

電気を安全に使っていただける様、漏電がないか点検を行う絶縁抵抗計(メガー)、きちんとアースが取れているか測定する接地抵抗計、電圧や電流値を測定する回路計(テスター)など。
電気工事を請負う者として、必要不可欠なこの3種類の測定器の校正試験を、組合員向けに「無償(3点1セットのみ)」で行っています。

校正試験は組合員を3つのグループに分けて、3年に一度受けていただいています。
アベ冷熱技研は昨年受けましたよ(^^)v

四国電力の計器認定店は、トルクドライバーの試験も行われます。
電力量計がスマートメーター変わったのに伴い、トルクドライバーも可変式に変わったので、新しい試験機も導入。

これもすべて、お客様に安全に電気を使っていただける様に行われています。

校正試験の隣では、最新の測定機器の展示会も行われました。

ダメじゃないですか。こんなの見たら欲しくなります(^_^;)
ぽぉ~んと買える様に、頑張ります(*^^*)

2017年1月25日水曜日

ガス漏れ?のエアコン 室内機の位置を変えて取替工事

午後から、エアコンの取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV2816-W 汎用機です。


既存機はこんな所に設置されていました。。。

酷いですね。エアコンの事、まったく理解してない施工です(p_-)

無理矢理入れた感満載です。
このスペースの柱と柱の幅、室内機の幅より狭いです。。。

コンセントの位置も何も考えてない。
既存機も霧ヶ峰ですが、ムーブアイ搭載機種です。
奥に入っているので、ムーブアイも何も関係ない状態ですね。
何から何まで、最悪の設置方法です。

実は昨年の夏に、「エアコンの効きが悪い」との事で、ご相談いただいていました。
点検にお伺いするとガス不足でした。
漏れ箇所を探っていきます。


配管は天井裏収納を通って、、、


延々横引き。。。


外部を立ち下がって、、、


室外機へ。


室外機周りのガス漏れが無いか、リークテスターで調べましたが反応なし。
室内側のジョイント部分も異常なし。

配管が途中で繋がれていないかチェックしましたが、どこも繋ぎ箇所は無し。

こうなったら室内機の熱交換器から漏れてる可能性が、、、

パネルが開きません。。。
前面カバーも外したいのに、外せません。。。
お客様も、「高さも高いし、パネルが開かないのでフィルターの掃除も大変だったんです。」と。。。

これ、漏れ箇所探るには室内機を一度外さないといけないし、これまた熱交換器から漏れてると仮定して、熱交換器を取替えて、ガスを規定量充填する修理費用考えると、買い替えた方が・・・
三菱電機は冷媒回路の不具合の場合、5年の保証が付いていますが、なんとまぁこれ2010年製で6年経過しています(T_T)
やっぱり買い替えた方が・・・

という訳で、取替えでご依頼いただき、本日工事にお伺いしてきました。
まずは既存機を取外します。
案の定、外すの大変でした。
高い場所で、室内機を斜めにしたり横にしたりしながら、柱に傷をつけない様、必死で撤去。。。

スッキリです。 大汗かきましたけど(^_^;)

もうあそこには設置しません。
先ほどの場所の下に、配管穴を開けます。


配管穴には、裏側から貫通スリーブを挿入しておきます。


化粧部材を室内機の側面に合わせてカットしておきます。
なぜって?、キレイに仕上げるためですよ(*´ω`*)


位置決めをして、背面板を取付けます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


冷媒配管は費用を抑えるため、既存配管を流用。
収納部で既存配管と接続します。


何とか水勾配を付けて、配管作業完了。


室外機を接続し、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。


元室内機があった場所は、天井裏収納にグリルが置いてあったのでハメ込んでおきました。
もしかして、このグリル付けてエアコン運転するつもりの設計だったんですかね?(゜o゜)

「わぁ、キレイに付きましたね。これならフィルターも掃除しやすいです。ありがとうございます。」と、大変お喜びいただきました<(_ _)>

さて、どうしても漏れ箇所を特定しないと気が済まない性格なもので...(^_^;)

バラしていきます。。。

あら?ドレンパンにオイルっぽいものが見えます。


ありました!漏れ箇所発見です!

熱交換器の溶接部分ですね。。。
内部の鉄の部分の腐食が激しかったので気になってました。

よくよく思うと、室外機付近の鉄製品、全部腐食が激しかった感じがします。


隣にあった室外機のプラロックを留めているボルトも。

ここは海からはかなり離れているので、塩害地域ではありません。
浄化槽ブロワがありましたからね。
もしかすると腐食性ガスが滞留している可能性があるので、お客様に報告しておきます。
(※腐食性ガスがドレンホースを通って室内機側に登って熱交換器を痛める事例もあります)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2017年1月23日月曜日

地デジアンテナ取付工事(マスプロ製スカイウォーリー)

中古住宅を購入されたお客様のご依頼で、地デジ用UHFアンテナの取付工事にお伺いしてきました。


前のオーナー様はCATVをご利用されていた様で、CATVの設備が残っています。


宅内設備を見てビックリです(^_^;)

リビングに「屋外用」の3分配器が。。。
今回は、リビングに1台だけテレビ設置なので、この辺りの機器はすべて撤去します。

事前調査して決めていた設置場所に、金具を取付けます。


UHFフラットアンテナで松山本局を狙います。


エラーフリーのいい値が出ました。


ケーブルを外壁面に留めていきます。

こちらのお宅、軽量鉄骨造なので、隠蔽配線は一切できません。

CATV保安器の所で、既存宅内配線へ接続。

ここはこの後、しっかりと防水処理しています。

宅内ケーブルを延長してテレビのところまで配線し、レベル測定。

屋外と屋内の温度差で、レンズが曇ってます(^_^;)

分配も無いので当然ですが、エラーフリーの適正レベルです。


後はチャンネル設定を行い、映りを確認いただいてお引き渡しです。

雪のちらつく寒い一日でしたが、「寒い日にありがとうございました。」と、お気遣いいただきました<(_ _)>

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2017年1月22日日曜日

冷凍空気調和機器施工技能検定の検定補佐員を仰せつかりました<(_ _)>

日曜日ですが、朝一番から松山共同高等職業訓練校で開催された、「平成28年度冷凍空気調和機器施工技能検定」の実技検定会場に行ってきました。

受験じゃありません。
ナントこの度、来年度からの「技能検定補佐員」を仰せつかりまして、今日は経験も兼ねてお手伝いに参加した次第です。

阿部は10年前、この会場で一級技能士の実技試験に挑みました。
もちろん合格。技能士会長賞までいただいた、思い出の甲子園でもあります。
まさかこの場で自分が検定補佐員とか、感慨無量であります。

とは言っても、今日はお手伝い。
朝一に会場入りして、憧れの先輩方にいろいろと段取りを教えていただきます。


9時前に受験生が緊張の面持ちで到着。
そう言えば、自分もこの雰囲気に飲まれそうで、必死で深呼吸してたのを思い出します。
9時半作業開始!

最初の段階は、与えられた図面からベニヤ板へ実寸を描き込み。
配管をベンダで曲げ加工、接続部分のフレア加工などを行っていきます。
みなさん、各々のやり方があって、第三者として見ているとなかなか見応えがあります。

早い人は30分程度でガス溶接作業に掛かっていました。

ガス溶接は冷凍機・空調機を扱う職人としては必須の作業です。

一番に気密試験に持って来られた方は一級受験者。
気密試験後の手直しはできないので、ここですべてが決まります。

作品を水槽に沈めて、窒素ガスを流して規定圧力まで昇圧します。
15秒間放置して、漏れがなければ「気密試験は」合格です。
「気密試験は」ですよ。
ここで思いっきり泡吹いて落胆される方も数人いらっしゃいます。。。

今年、実技検定の受験者数は、二級が10名。


一級が10名です。

二級と一級との課題の違いは、平面か立体かの違いです。
一級は角度をつけた立ち上げが2箇所あります。

受験者全員が1時間半の制限時間内に完成。
受験者のみなさんが帰られた後、昼食を挟んで審査を行います。

そうです、気密試験で漏れがなくても、ここから減点方式でチェックが始まります。
図面通りの寸法になっているか、ミリ単位で減点されていきます。


ベンダで曲げた所の配管の変形まで、デジタルノギスを使って正確に。

この後も、溶接部分の美しさや、フレア接続部分をバラして、きれいなフレアが仕上がっているかもチェックされます。
ハッキリ言って、もの凄い厳しい判定基準ですよ。
そりゃその方に一生付いてまわる、国がその技を認める国家資格ですからね。
成績優秀者には、大きなホールで授賞式がありますよ。

という訳で、一日お手伝いと言いながら、とてもいい経験をさせていただきました。
来年からは本格的に補佐員として頑張らせていただきます<(_ _)>

技能士検定に興味を持たれた方はコチラ↓
技能士ってどんな資格? [ 冷凍空気調和機器施工技能士 ] (有)アベ冷熱技研

2017年1月21日土曜日

20年以上の家庭用ボイラー修理不能のため取替工事

砥部町の親戚の家のボイラーが故障しまして、取替工事に行ってきました。

長府製作所製 IB-4565SG 減圧式石油瞬間給湯器


実は阿部はここずっとバタバタしてまして、数日前から会長(前社長=親父)が点検に行って、取替えの段取りをしていました。
なので、既に撤去済み(^_^;)

20年以上の選手です。 名板が消えて見えないので、もしかすると30年?(^_^;)
この頃の長府は長持ちしてましたねぇ。

新しいボイラーを据えて、配管を接続していきます。
この辺の作業は、まだまだ会長がバリバリやります(^^)

ボイラー周辺の配管類は、すべてステンレス管で接続。

阿部は、地道にリモコン取付けを。


リモコン線は塩ビ管に入れて、ボイラーまで導きます。


通水して漏れがない事を確認して、保温材を巻き付けて作業完了。


スイッチを入れて試運転。


バッチリお湯が出始めました(^^)v

ここ数日かなり冷え込んでますから、お湯が使えないのは堪えます。。。
今晩からゆっくり暖かいお湯に漬かれますね(*^^*)

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>