2019年5月13日月曜日

お支払い方法にJ-Coin PayのQRコード決済を追加しました

スマホでのキャッシュレス決済。
乱立しまくりで、戦国時代の様相ですね...(^_^;)
今年の2月にアベ冷熱技研でも、楽天ペイのQRコード決済の導入を決めました。

アベ冷熱技研は楽天ペイ一本で行こうかと思っていたんですけど、数ヶ月前の新聞に、アベ冷熱技研のメインバンクでもある伊予銀行さんがJ-Coin Payへ参入と言う記事を見つけまして、早速その日の朝に担当さんへ問い合わせ。

J-Coin Payの詳細はこちら→ https://j-coin.jp/

「まだ何も資料がないので、手続きできる様になりましたら、一番にお持ちします!」との事で、連休前に資料が届き、早速手続きを行っていました。

なんと、伊予銀行新立支店では、アベ冷熱技研が一番最初だそうです(^_^;)
できあがった登録コードを見ても、なんか伊予銀行全体で2件目みたいなコード番号です...
松山の店舗さんたち、もっと興味を持ちましょうよ!

伊予銀行と取引きのある企業さんや店舗さんなら、手続き無料で、添付資料も必要ありません。

こういう決済システム使うと「手数料」が心配になりますけど、楽天ペイよりかなり安い手数料で、「銀行さんどこで儲けるの?」って感じです。
とりあえず登録しておくのもいいと思いますよ。

ハッキリ言って、銀行が扱うシステムなので、変に宣伝しまくって無料で拡散しているQR決済よりは、かなり安全性が高いと思いますね。

じゃぁ、お客様にとってのメリットは???

阿部なりにこのシステムのデメリットと、今後の改善点をたくさん見付けたので、それは担当さんにお伝えしました。
え?ここには書きませんよ(^_^;)

このシステムは、銀行口座からのチャージタイプです。
事前にスマホにアプリを入れて、あらかじめ銀行口座からアプリにチャージしておくやり方です。
いわゆるEdyの様な使い方です。

ただし、銀行さんのシステムなので、チャージする時は当然として、チャージして使わなかった分を口座に戻すのも手数料が掛かりません。
これはひとつメリットですね。

あと、同じアプリを使っている同士、スマホ間での送金ができます。
もちろんこれも手数料が掛かりません。
遠くで暮らす家族にちょっと送金というのも、わざわざ銀行まで行かなくてもスマホの中で完結します。

こういうところが銀行さんがやってるメリットと言えますね。

という訳で、本日からJ-Coin Payも取扱開始です。

とは言いながらもアベ冷熱技研では、基本的に「工事完了後、現金にてお支払い」の形をお願いしていますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

0 件のコメント:

コメントを投稿