2017年10月11日水曜日

水滴が少量落ちてくるので点検&エアコン分解洗浄作業

エアコン分解洗浄が完了したので、再取付けにお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-ZW638S-W(2008年製) フィルター自動掃除機能付きタイプです。


8月の真夏に、「阿部さん、ちょっと水が少し漏れる時となんともない時とあるんですけど、時間ある時に見てもらえません?」とご連絡いただき、点検にお伺いしていました。

左の隅から、タマに水滴が落ちてくるそうです。
こういうのが一番難しいです(^_^;)

原因を探っていきます。
確かに、左側付近に水が溜まっていますね。


ドレンパンが詰まっていると、かなりの量が漏れ出してきますが、今回はドレンパンの詰まりではありません。
裏側のドレンパンにも水を流してみますが、キレイに流れていきます。


吹出口に目をやると、ファンに結構なカビが...

それより、吹出口へ向かって水が流れた跡が付いてますね。
原因はこれですね。

熱交換器が汚れているので、フィンとフィンの間のピッチが狭くなり、本来、熱交換器を流れ落ちるはずのドレン水が、奥へ吸い込まれて水滴が飛ぶ現象です。
少量の水滴が頻繁に飛ぶ様になると、ボディを伝って水漏れの原因になります。

これを治すには洗うしかありませんが、さすがに8月の酷暑中にエアコン外すなんてとても耐えられないなので、秋になったらやりましょうという事で、今回ご依頼いただきました。

お預かりした室内機は、電気系統を取り除いて完全分解。


再度、分解途中にも点検をしておきます。
ドレンパンにヒビ割れなどないか?


熱交換器奥のドレンパンや水の流れる経路に異常はないか?

不良箇所は見当たりませんでしたので、やはり水飛びが原因ですね。

エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


熱交換器には、阿部的にはあまり使いたくないリンスを吹き付けておきます。

これは熱交換器(アルミフィン)の表面に、親水性被膜を形成してくれます。
もともとエアコンのアルミフィンには、水飛びが起こらない様に親水性被膜が塗布されています。
あまりキツイ薬品で洗浄すると、この被膜が剥がれてしまうんです。
アベ冷熱技研が使用する薬品は、この親水性被膜を痛めない薬品を使っていますが、今回は水飛びが原因の水漏れだったので、予防措置として塗布させていただきました。
なぜ阿部があまり使いたくないかと言うと、これ香りが付いてるんですよね。
女性の化粧品の様な感じの香りです。
好きな人は大丈夫なんでしょうけど、嫌な人は嫌ですから、阿部的にはニオイに関しては敏感にいきたいと思っているところであります。

洗浄が完了すると取付けにお伺いします。
室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「あぁ、治ったんですね。良かったぁ。この前、冷蔵庫が壊れて買い替えたところなんで、エアコンも買い替えなんてとてもじゃないと思ってたんです(^_^;) ありがとうございました。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

0 件のコメント:

コメントを投稿